FC2ブログ

Murrow Turning Over in His Grave

2014.08.15.Fri.02:32
 

本まで納める、ということが叶わないウチに、どうやらMさんの最深部までオトコの勃起は到達したらしい。男が動きを止めると同時に、急にMさんの腰つきが艶めかしく動き始めたのだ。それは繋がった部分を中心に捻るように回転する動きで、彼女自身で形を確かめるような、そんな仕草にも見えた。

同時に卑猥な色に染まった吐息が激しく漏れだし、我に返ったように、傍らの男達の勃起を再び扱きだした。その様子を俯瞰で観ると、まるでセックスの名を借りたダンスのようにも見えた。そのリズムに合わせるように、男はやっと往復運動を繰り出し始めた。

最初のうちは、ゆっくりと腰を引いて、一気に突き出す、ということを繰り返して、その度に違う色で喘ぐMさんの反応を愉しんでいた。そして、やおら勃起を引き抜くと、その偉容が収まっていたことをアピールするように、だらしなく開いた合わせ目の前に晒した。

それを繰り返しているうちに、勃起は見る見るとMさんの体液にまみれて、やけに明るい室内灯にぬらぬらと光を反射するようになった。それがべっとりと滑る頃には、男が腰を引くと、まるで吸い付くようにMさんも腰を付きして、その勃起を追いかけ、やがては抜こうとするのを阻止するように絡みついてきたのだった。





パイパン 久本真菜 オメコ写真無修正写真







スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する