FC2ブログ

Hungry

2014.05.19.Mon.01:50
 

一刻と待ち合わせの時間が迫る中、OMさんは互いに向き合って自慰を見せ合うような恰好で、意外にも濃密な時間を費やした。Oが指の動きで卑猥に歪むMさんのオマンコの様子を凝視しているのは当然で、一方のMさんも、自分の行為に陶酔しながらも、チラチラとOの様子を窺っていた。

すっかり元気を取り戻していたOのオチンチンを、彼は自らの手で激しく扱き起てていた。フィニッシュを迎える直前のような素振りに、Mさんは軽く驚きを持ってその様子を見ていた。まさかそのまま、イってしまいはしないだろう、とは思っていたが、それはそれで好都合かもしれないとも思った。

だが、それ以上に、そこまでの興奮を演出して、また独りよがりで終わられるのは憤慨だった。どうせなら、繋がって快楽を共有したい、と切に願っていた。その願望は、自然と、腰を突き出すようにして、ベランダに向けて身体を開く素振りが如実に現していた。

当然、その挑発は、Oの股間を直撃して、勃起の再開となった訳だが、未だそれ以上の行動に移る気配はなかった。それがなにかの思惑があって焦らしているのか、ただ、未だ興奮が足りないのか、Mさんには判断が付かなかったが、時間が経つにつれて、願望ばかりが脹らんでいく結果になった。





北村実穂さんはもう香川にはいません 泣き叫んだってもう戻って来ません 寝起きに梅干し








スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント

管理者にだけ表示を許可する