FC2ブログ

Innocent Times

2014.05.18.Sun.23:47
 

間に追われて焦るのは、ここのところのOとの逢瀬では、定番のようになっていた。それがもう常態化しているかのようで、逆にMさんには、その焦りが高まりの火種となってしまっているようなところがあった。つまり、普段のOのデートよりも、よりいっそう深い快楽に落ちる状況が、意図せずに整ってしまったのだった。

もちろん、それはOの方にも同じような性癖が刷り込まれていて、特に私の部屋での数々の背徳セックスには、異常なまでの昇ぶりを伴っていた。それは、勃起の熱だけでなく、放つ精液の量やその飛び具合までに現れていた。いつもMさんの口の中で処理していたが、そのイク様の変化は、彼女自身が一番よく知っていた。

いつの間にか染みついた性癖に抗うことなく、Mさんは一気に燃え上がり始めた。つい、声が漏れそうになって、窓が開け放たれていることに気付いて、口をつぐんだが、荒い息は止めようがなかった。それを切り取るように、シャッター音が響く。それすら、淫靡な響きで周囲に行為そのものを伝えているかのように聞こえる。

だが、一度始まった昇ぶりは、誰も止めることが出来ず、もし出来るとしたら、今ならばOにしかなく、それ求めるというよりは、解放してやる、といった方が好かった。やはりもう一度繋がりたい、という欲望がMさんの中に充満し始めていて、それがつい、挑発するような恰好に現れてしまっていたのだった。





もりすむ morisoon datsuzaru 香川の肉便器 [写真集][IV] 真紀(20070705-202906)のアルバム








スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント

管理者にだけ表示を許可する