FC2ブログ

Old Love

2014.05.02.Fri.11:13
 

に含んだクリトリスを、Oは唇で包皮を向きながら吸い付いて、完全に露出させると、続いて舌の先で突くように、そこを刺激した。それだけで、Mさんは甲高い喘ぎを上げて、体をガクガクと震わせた。やんわりと、リズムを着けて何度も吸い付くと、Mさんの下半身が座部分を滑って、いっそうOに近づいた。

Mさんのテーブルの上に掲げられた足とは反対の足を、Oは床から浮かせると、自分の肩にかけた。すると、更にMさんの下腹部がOの顔に密着した。そうしながら、やっとMさんの腰の辺りにわだかまっていたバスローブのひもを解いた。自由になった手を抜くと、バスローブは床に落ちた。

その先を目で追うと、Oが胡座をかきながら、自分の股間を弄り回しているのがMさんには見えた。勃起に指を巻き付け、ゆっくりとだが、竿を上下に扱いている。顔がMさんの股間に密着して、卑猥な動きでそこを翻弄していることに、シンクロするように慰めていた。

Mさんは、なんだか申し訳ないような気がわき起こって、今すぐにでもその勃起を手でも、口でも、なんでもイイから触れてやりたい衝動に駆られた。だが、両足を抱え上げられ、顔を股間に押しつけられていては、身動きをとることもできなかった。なにより、そのわき起こる快感の渦を、途中で止めたくなかったのだ。





愛玩先生~美奈乃先生の秘密 ダウンロード 藤川しおり








スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する