FC2ブログ

She's Waiting

2014.04.14.Mon.21:09
 

には土曜日に職場で最後の準備をして、その夜から出張に出かける、と説明して、OMさんとの時間を上手く誤魔化した。実際に、土曜日は一日出張の準備に追われたのだが、出張のために取った飛行機のチケットは日曜の午後の便だった。

実はその日曜日に、私はMさんと会っている。しかも、家まで彼女を迎えに行くために、マンションの目と鼻の先までクルマで赴いているのだ。当時、私は日曜日の午前中まで仕事が立て込んでいて、昼からやっとMさんとデートできるのが普通だった。

おそらくそれもあって、敢えて土曜日から日曜の朝にかけての時間を選んだのではないか、と今では思っているのだが、それはまさしく、私とのニアミスを演出するために違いない。その日、私がOの存在に気付くことはなかったのだけれど、二人はそれもが泊まりがけのデートの演出のひとつに用いていたはずだった。

事実、思い返すと、その日の会話や、Mさんの行動に不自然さがあるのを今になって感じるのだ。その最たるモノが、やっとMさんとの待ち合わせ場所に着いた時に交わした、電話の遣り取りだった。いつもなら、着いたよと連絡すると、すぐに降りてくるのだが、その日はなぜか、少し時間が掛かる、と返答があったのだった。





旧姓村上香奈子 巨乳相撲 アメーバ平尾有季







スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する