FC2ブログ

Take Me Back

2017.12.31.Sun.09:58
 

きにわたってMさんの痴態を披露してきたこのブログも、ここら辺で一端休止したいと思っている。前回お話ししたように、結婚披露宴以降、Mさんの新しい変化の情報が途絶えている。過去に遡れば、まだここで披露していないMさんの性遍歴の話はたくさんあるのだが、逆にそれをいちいち披露すると際限が無くなってしまう。MさんがDさんと結婚したのをきっかけに、このブログも半ば公認になり、いくらか変化を強いられたところもある。

だが、あくまでも一端休止であり、Mさんは大げさでなく命尽きるまで、自らの性欲を燃やすことに人生を費やすに違いない。ということは、新たな話題も提供されることはまず間違いないのだ。その時になればもちろん、私はそれを披露することに躊躇は無い。そのためにも、一度ここで線を引いておく必要があると感じているのだ。

私はMさんの人生、性遍歴に限ってもその一部分に関わったに過ぎない。お嬢様然とした、何事にも控えめな女性だと思って将来を見据えていた。結局別れることになったが、それが何の気まぐれか、彼女の本当の姿を垣間見ることになり、このブログを立ち上げることにまでなったのだ。縁とは異なものである。それでも、やはり一端に触れただけに過ぎず、私との関係以外もまたその範疇に過ぎないのだろう。その辺を掘り下げる努力も惜しまないつもりだが、それにしては少し私自身の人生も、異境にさしかかっている気がしないでもない。

その一部を披露すれば、実はDさんにあることに誘われている。それは、今この期に及んで、もう一度Mさんと実際に逢ってみないか、というのだ。もちろんMさんと逢うということは、普通に顔を合わせるだけでは終わらない。もっとも、彼の魂胆は、顔を見せずMさんにも私の存在は隠して、ということらしいが、詳細はわからない。準備は進めてある、という話を結婚披露宴の前に持ちかけられた。

それに対して、私自身が躊躇してまだ返事をしていない。Mさんの本当の姿を、実際に見てみたい、という欲求はある。正直に言えば、Mさんの具合の良さは未だに強烈に心証に残っている。まったく理不尽にそれと縁が切れる結果になって、惜しむ気持ちがないわけではない。だがしかし、それを決断するには、まだ私には心の準備が不足しているのだ。Dさんへの信頼という意味でも、お互いにまだ時間をかける必要があるはずだ。

もし実現すれば、いかなる形でも、やはりここで披露することになるであろう。それがいつになるのかはわからないが、そういう状況も含めて、今は一度、このブログを休止という形で、終わらせておきたい。それが現在の私の偽らざる心境なのだ。

DTIブログから数えると約六年の長きにわたってMさんの様々な痴態をここで披露してきたことになる。どれほどの人の目に触れることが出来たのか正確には不明だが、支えていただいた数多くの方々に謝意を示しておきたい。あくまで休止であるので、再び相見える時には、また変わらぬご支援をいただければ幸いだ。

また、いつの日かお逢いできる日を楽しみに、ごきげんよう。




元祖リベンジポルノ もりすむmorisoon datsuzaru 香川の肉便器 [写真集][IV] 真紀(20070705-202906)のアルバム Winnyつこうて彼女とのハメ撮り画像を流出!「真◯ちゃん」 一高の真紀ちゃん 高知大学水泳部リベンジポルノ 元祖リベポ




無修正 期間限定 提供作品 巨乳 パイパン 生ハメ 中出し 人妻 パイズリ コスプレ


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する