FC2ブログ

Blues Clair

2013.11.10.Sun.09:49

 

の日に限らず、私がMさんの元に赴く時には、必ず直前にメールを入れていた。こちらの仕事の状況が不確実なので、これから向かう、ということをいちいち伝えなければいけなかったのだ。もちろん、Oとの約束の日もMさんにこれから帰宅する、というメールを入れてからだった。

そのことが結局、二人の交わりにストップをかけることもあったが、逆にいうと、バレないように事前に注意していたとも言える。私がメールを打つのは当然仕事場からで、そこから30分は充分にかかって帰宅するのだから、メールが届いた時点で身支度を整えれば、私には一切知られることはないのだった。

そのメールは、結局、他の様々な場面で、Mさんに好いように利用されるのだが、考えてみれば、それもMさんに上手い具合にし向けられたのかもしれない、と思う節がある。私はMさんと付き合うまで、ケータイを持っておらず、Mさんに奨められてケータイを持ったのだった。

ケータイの扱いや、いわばどういうタイミングでメールをする、というようなことは、Mさんに教えられたところも多々あって、そこに、何かの思惑が含まれていたとしても考えすぎではないだろう。私の動きを事前に察知するためにも、Mさんは上手い具合に、私のメールを活用していたのだった。





巨乳 星野志穂 強催眠club








スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する