FC2ブログ

Hummingbird

2017.10.26.Thu.19:54
 

事巨大な逸物を受け入れることが出来たとしても、すぐには激しい抽走を繰り出す、というわけにはいかなかった。Mさんの妃裂はその中肉の特殊さを象徴するように、すぼまった薔薇のように可憐なままだ。年齢を重ね、経験を積んだ故の柔軟さはあっても、ピンク色の蠢く肉を覗かせる入り口は狭く、全体に小ぶりな印象を与える。そこに、突き刺さった肉の竿は、よけいに巨大さを誇示してしまう。

多少グロテスクな光景にも見える繋がった部分だが、しかし、めいっぱい口を開けてそれを飲み込むMさんのけなげさが、よけいにエロティックさを醸し出していた。その肉の竿に所々、白く濁った蜜が絡みついているのは、潤滑油代わりの催淫クリームだけではないようだ。しかも、そのねっとりとした液体がパックされた下腹部全体が、照明を反射して輝き、その部分を強調しているようにも見せていた。

気持ちいい、とMさんは口に出してやっと笑顔になる。そして自ら乳房を揉みながら悶えて見せた。もうすでにその目は、妖艶に快楽を謳歌している様をあからさまにしていた。大きくない?と下からガイドが尋ねると、大きいね、と応えて笑った。でも気持ちいい、とMさんが繰り返すと、ガイドも、僕もだよ、Mさんの締め付けは最高だよ、と英語で言った。そうやって言葉で確かめ合いながら、徐々にではあるが、互いの性欲器官を擦り合わせることに集中し始めた。

直ぐにイッちゃうかも、と云ったのはガイドの方で、そのうちにMさんとのギャップを忘れたように、激しく彼女を突き上げ始めた。Dさんの方が気遣って大丈夫か尋ねると、Mさんは無言で頷いた。その表情は、眉間に皺を寄せてはいたが、苦痛ではなく極まってくる歓喜に耐えるモノだった。やがてMさんも、前後に腰を動かしながら妃裂をガイドの下腹部にこすりつける。しっかりと根本まで繋がったわけではないので、彼女は前のめりになって抱き合い、尻だけが飛び出したように掲げられ、いっそう突き上げられている部分を露わにしていた。




月丘ひかる 笹山千尋 貴田裕美 文月悠光 鈴木沙彩 倉本リオナ 寺村美穂 ひばり乃愛 桜井あゆ 稲村香澄 水野朝陽 藤原有里 さいとうまりこ




特典付き商品 月丘ひかる 笹山千尋 貴田裕美 文月悠光 鈴木沙彩 倉本リオナ 寺村美穂 ひばり乃愛 桜井あゆ 稲村香澄 水野朝陽 藤原有里 さいとうまりこ


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する