FC2ブログ

When the Levee Breaks

2017.09.22.Fri.00:50

と肉がぶつかり合う音が盛大にし始めると、Dさんは再び仰向けに寝転んで足を投げ出した。リズミカルになる肉の音に、卑猥な粘っこい音が混じる。それがMさんから溢れた淫蜜と、血管の浮き出た勃起とが擦れて絡み合う音だというのは明らかだ。さっきまでのうねり腰のせいか、それは攪拌されて白く泡立っているように見えた。映像でその部分がアップで映し出されると、それはより鮮明に浮かび上がってきた。

一心不乱にMさんは腰を上下に振り、意識はどこか別の次元に飛んでしまったように、卑猥な言葉を口の形だけパクパクとしながら、唱え続けていた。それがクライマックスへ至るラストスパートになると、誰もが予感していた。実際に、Dさんの下腹部もその瞬間が近いことを示すように、時折緊張し、肉が引き攣るのが分かる。締まりの良いMさんのそこが、勃起を苛んでいることにそう長くは耐えられないのだ。

馴れた者でも本格的にMさんが快感に囚われ、全身を性器のように敏感にさせると、その最も中心となる妃裂周辺は、特に中肉が騒ぎ立ててそうは長持ちはしない。続け様にその責めを受けると、爆発を制御するのはそう容易ではないのだ。たとえそれがDさんでも例外ではないらしい。一度その肉圧に敗北すると、あとは自ら爆発へと駆け上るしか手はなくなるのは、男たち共通の儚い機能だった。

Mさんにもそれが伝わるのか、やっと我に返ったように後ろを振り向いた。二人は目と目を合わせて、頷いた。一度体勢を立て直したMさんは、さっきよりも数倍早く、腰を上下させ始めた。それが本当の最期の瞬間への疾走だということは閲覧者の誰もが感じていた。その目の前で、Mさんが背筋をのけぞらして、顎を天井に向けるように上向けて、淡く口を開けたそこから、長く尾を引く艶めかしい悶え声を漏らしたのだった。




澁谷果歩 浜崎真緒 桜乃ゆいな 推川ゆうり 真木今日子 佐野真彩 倉田麻紀 桜空もも 今永さな 水卜さくら 由愛可奈 桜井彩 希崎ジェシカ 河北はるな 深井彩夏 水野朝陽 波木はるか 宇垣ちさと 湊莉久 椎名そら かなで自由 宮崎あや 長澤ルナ ANRI




自由は責任を意味する。だからこそたいていの人間は自由を恐れる。 ネットにはネコの写真と孤独が溢れてる 巨乳だけど剛毛マリンのエッチな冒険 胸チラ サクラドロップス girlsdelta 奉仕する豚  ご褒美浣腸」 引き落としエラー 写真集 emiri #4 中指で感じる私のオナニー 解放性時刻 yamidas 観客調教 tokyo hot s013 東京熱 女狩り


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する