FC2ブログ

Rock and Roll

2017.09.19.Tue.02:55

持ちいい、とMさんが口走るのは、本当は珍しいことだ。喘ぎは常に漏らすものの、快感を言葉に表現するはあまり得意ではない。Mさん独自の羞恥心が、あからさまにそのことを口にするのに抵抗するのだ。言葉にしてしまうと、その言葉に縛られて、理性を追いやり淫らに染まってしまう。それが良い時もあるが、思わぬ方向へ行ってしまうこともある。受け身が本来のMさんの性癖であることの、最後の砦のようなものだった。

しかし、そのパーティーの間中はハッキリと言葉を発することが多かったそれは、おそらく見られていることをことさら意識していたからだろう。オチンチンで私の中がいっぱいになっている、とか、太くて気持ちいいとか、自分の状況を吐くのはその現れだ。いつもとは違う、彼女にしてはやや演技じみた自分をどこか愉しんでいるような所も見え隠れする。おそらくは、Dさんか主催者のマスターの指南に依るのだろうけれど、決して嫌々やっているようではなかった。

おもてなしする側、という立場を、少なくともこのときは二人共が理解していて、普通の結婚披露パーティーでも、建前では主賓は招待客なのだ、という本来の目的とも変わらない。これからの二人の生活を認めてもらう為のもので、そういう意味では、ベッドの上での淫らな姿を見てもらうのが、Mさん達にとっては本当の披露宴に相違ないのだ。だからこそ、よけいに、Mさんはオチンチン、という言葉をしきりに口にした。

ただ、耳をくすぐるその声が、いつもとは少し上気したMさんを演出していて、私などは少し、嫉妬めいたものを感じてしまった。今更、そういう感情を抱くのは自分でも奇異に感じたが、やはり自分も結婚という事実を受け入れるということなのだろう。一方で、Mさんの方でも自分で口にした言葉が、自分を更に淫らに煽っていったようだ。普段は禁断の言葉を思わずMさんは口にしていたのだった。




澁谷果歩 浜崎真緒 桜乃ゆいな 推川ゆうり 真木今日子 佐野真彩 倉田麻紀 桜空もも 今永さな 水卜さくら 由愛可奈 桜井彩 希崎ジェシカ 河北はるな 深井彩夏 水野朝陽 波木はるか 宇垣ちさと 湊莉久 椎名そら かなで自由 宮崎あや 長澤ルナ ANRI




澁谷果歩 浜崎真緒 桜乃ゆいな 推川ゆうり 真木今日子 佐野真彩 倉田麻紀 桜空もも 今永さな 水卜さくら 由愛可奈 桜井彩 希崎ジェシカ 河北はるな 深井彩夏 水野朝陽 波木はるか 宇垣ちさと 湊莉久 椎名そら かなで自由 宮崎あや 長澤ルナ ANRI 伊東ちなみ JULIA 秋山祥子 佐々木あき 若菜奈央 水野朝陽 立花瑠莉 九重かんな 植野咲子 小室真紀 星川光希 琴水せいら 明里つむぎ 桃乃木かな 雫 西宮ゆめ 夏川あかり 加賀宇沙 紀折原みと 水口由紀 日高逸子 吉本有紀子 山本佳代子


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する