FC2ブログ

Celebration Day

2017.09.13.Wed.02:55
 

から見てもDさんの勃起は威容を誇っていて、異性のみならず同性からも羨望の眼差しで見られることもあるほどだ。本来なら、Mさん自身がその威容を独り占めすることも、Mさん自身が選択した結婚という結果に対する憤りと同じ程度の不満が起こってもおかしくないはずだ。それを説き伏せたのか、何かを施したのか、それは分からないが、もしかすると結婚披露パーティーのネット中継を見ている者は、男ばかりではないかもしれない。

それほどのモノを、Mさんは実に巧みに刺激し、隆々とそそり立たせるだけでなく、快感を与えて剰え我慢汁を迸らせるのだから、なかなかのものだ。フェラチオをするその表情にまったく、誇らしげな素振りは見えないが、少なくとも男達がその恩恵にあずかりたいと熱望するのは、仕方が無いことかもしれない。それを今、享受しているDさんも、同様に快感を貪りながら、同時にMさんを責めてもいた。

勃起の先端と、最も深奥のアヌスを行き来する途中、Mさんはふと立ち止まった眉間に皺を寄せる。それは一見すると苦痛に耐えるような、そんな表情にも見えるが、それが解けた時の何とも言えぬ陶酔した薄笑みに、まったく逆の感触が貫いていることが分かる。そして次第にその間隔が密になり、Mさんが勃起を握りしめたまま、どこか別の次元へ旅立ってしまったような、忘我の境地に陥ることが多くなってきた。

何かの拍子に、思わずMさんは声を上げて、上半身をのけぞらせた。勃起の根本を支えたまま、Mさんの上体が立ち上がる。豊満な乳房が小刻みに揺れ、艶めかしくMさんの身体がくねる。だめぇぇぇぇ、と感じ入った声を甘えたように語尾を伸ばして吐くと、再び勃起の上に突っ伏した。しかし、もうそれを口に含むことはなかった。自らの手で支えた勃起に頬ずりするように顔を寄せたまま、目を閉じて、湧き上がってくる快感に身を任せてしまったのだった。




水野夏海 バーナード・ショー 多和田葉子 市川愛 畠山美由紀 浜田真理子 中澤薫 藤谷佳奈枝 岡田有加 五嶋友紀 小暮はな 出口裕加 温水ゆかり 寺田千穂 田口節子 金田幸子 福田朱里 森香穂 白川奈保 三木真歩 赤坂真理 十河友紀惠 若菜奈央 麻里梨夏




自由は責任を意味する。だからこそたいていの人間は自由を恐れる。 ネットにはネコの写真と孤独が溢れてる 巨乳だけど剛毛マリンのエッチな冒険 胸チラ サクラドロップス girlsdelta 奉仕する豚  ご褒美浣腸 引き落としエラー 写真集 emiri #4 中指で感じる私のオナニー 解放性時刻 yamidas 観客調教 tokyo hot s013 東京熱 女狩り


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する