FC2ブログ

Holy Flame

2017.07.27.Thu.08:58
 

されるままMさんはそのまま立ち上がらせられた。ちょうど部長に尻を向けて立つ事になる。その尻を部長は両側から掴んで目の前まで引き寄せた。雫が垂れるそこは、生き物のように収縮し羞恥を一身に引き受けたように蠢いていた。明るい場所で、その部分をじっくり見つめられることはMさんには苦手な部類に入る。しかし、Mさんの中には、それを凌駕する淫蕩な義務のようなものも芽生えていた。

それは、前回一方的に部長に翻弄されたことが最も大きな原因だ。それは他の誰にも真似できず、何者にも換えられない身体の充足をMさんにもたらした。奥深いところまで手が届き震えさせる快感というものを、Mさんはほとんど忘れかけていた。それを思い出させてくれたのは、無くした宝物を見つけたようなそんな感動に満ちていた。次に会った時、もう一度身体の満足を満喫したいという思いと同時に、同じものを部長に返したい、と強く思っていたのだ。

それには、自分の中に蟠る羞恥や、タブーを犯すことを自ずと強いてしまう。それは受け身のMさんにはかなりの勇気だったが、それを奮い起こそうと思うくらい、前回のセックスは甘美なものに包まれていたのだ。自らを快感へ向けて開放させる、また新たな鍵を手に入れて、Mさんはかなり興奮し、夢中になっていたのだ。その結果、Mさんは部長の顔を覆うように、その部分を押しつけるように突き出した。

躊躇無く部長の唇が妃裂の肉ビラに触れたのを感じて、Mさんは上半身を前に倒していっそうそこを露わにする。妃裂は部長の唇で優しく左右に割られていく。湯船の湯とは違う液体で濡れる口がだんだんとせわしく蠢き始める。更に奥に触れて欲しいが、部長は焦らす。突き動かされるように、Mさんは浴槽の縁を片足で跨ぎ、足を開いた格好で更に妃裂の奥を露わにした。それでも部長は肉ビラを弾くように舐め回すだけで、Mさんの欲求不満ばかりが膨らんでいったのだった。




小林広美 竹内京子 飯山和加子 岩田輝子 中山幸子 石原加受子 田中志歩 高橋しょう子 西宮このみ 麻里梨夏 北川ゆず 跡美しゅり 矢澤美々 初川みなみ  白雪心々奈  つぼみ 神咲詩織 有原あゆみ 桜空もも 天海つばさ 渚ひかり きみかわ結衣 夏目彩春




エスワン ch 小林広美 竹内京子 飯山和加子 岩田輝子 中山幸子 石原加受子 田中志歩 高橋しょう子 西宮このみ 麻里梨夏 北川ゆず 跡美しゅり 矢澤美々 初川みなみ  白雪心々奈  つぼみ 神咲詩織 有原あゆみ 桜空もも 天海つばさ 渚ひかり きみかわ結衣 夏目彩春 妃月るい 相沢みなみ 君色花音 西宮ゆめ 溝口紀子 柳めぐみ 菊井彰子 石原安野 真珠まりこ


スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する