FC2ブログ

Throw Me Away

2017.06.30.Fri.17:06
 

めての夜の翌日からは土日の休日で、Mさんは悶々とした時を過ごした。日曜日の午後からは私と会う約束があったが、それ以上に身体の疼きが止まらない、という時間をひどく長く感じていた。土曜日の朝、自分が完全に部長のセックスの虜になっていることを、Mさん自身が認めざるを得なくなっていた。単純な肉欲が、ここまで自分を翻弄するとは思ってもみなかった。

部長に会いたいのはヤマヤマだったが、それはいかにも見え透いていると思って躊躇した。だが、本心では今すぐにでも部長のアパートに駆け込んで、ひざまずいてセックスを請うことぐらいやっても好いとさえ思っていた。それでもかろうじて理性がブレーキをかけ、日常の雑事に紛らわせて何とかやり過ごしていた。しかし、片時もケータイは手放さず、部長からの連絡を心待ちにはしていた。

別れる間際にケータイの番号を交換しておいたが、そもそも、部長が一夜のことと割り切っている可能性もあった。それはMさん自身も覚悟していたことだったはずなのに、あの一夜を過ごした今、そう考えるだけでMさんは身を焼く思いだった。しかし、次の約束をきちんとしたわけではなく、それを否定するほど時間を費やしたわけでも無かった。仕事に行けば、少なくともあと一週間ぐらいは逢える、そのことが唯一の希望だった。

ただ、何とか私とのデートまで部長の思いをやり過ごし、後に私と会ったのだが、Mさんによればあまりに味気ない気分に戸惑ったらしい。まだ付き合って半年と少しの頃だ。仕事の都合で極端に会う機会が少なくなってはいたが、一応お互いをパートナーとして認め合った仲だ。それでも、その時私としたセックスがあまりに貧相で、がっかりしたのだという。それが反動となって更に部長とのセックスへの憧れが、ますます炎を燃え上がらせたのは言うまでもない。何をやっても解消できないその思いに、Mさんは敗北を感じていた。




玉木くるみ 泉ののか 小花まなみ 黒木澪 真田美樹 浜崎なお 白瀬心乙 西宮ゆめ 玉木なるみ 速水ライリ 瀬田ちさと 柊さき 河野アキ 落合まりえ 竹嶌美珠 佐々木萌美 赤星風見花 早見雪枝 女教師京子 江里




露出日記 yamidas 有名グラドル相本あ◯こ時代極秘映像 赤照日記 ええ格好しい日記 girlsdelta yukie ハッピーシンセサイザー 胸チラ yuri #4 パンツが濡れたオナニーインタビュー gcolle openload


スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する