FC2ブログ

Read My Body

2017.06.01.Thu.11:53
 

を割られた格好は恥辱の極地だったが、一方で早くそこに触れられたい、そこを犯して欲しいという願望がMさんの中に強く沸き起こっていた。だから口では恥ずかしさに喘いだが、はっきりと拒否はしなかった。それよりも、部長のされるがまま、身体を預けるように力を抜いた。それを悟ったのか、部長は腿の裏側を支える力を緩めて、代わりにそこを撫でさせるように小さく揺らした。

僅かに熱を持った柔らかな感触が、Mさんのへその下に伝わった。濡れているのが分かり、それが部長の舌であることは明らかだった。部長の舌は、Mさんの細くなった草むらを探る。処理した痕がうっすらと浮いているそこに、部長が違和感を抱かないはずはない。水泳をやっていることを部長は知らなかったが、別の憶測を口にした。彼氏の趣味かな、と部長は上目遣いでMさんを見た。

飲み会の席上、彼氏の存在は明らかにされていた。年齢的に結婚していてもおかしくないのに、彼氏も居ない、という方が逆にその場では恥ずかしかった。実際に私という存在があったわけで、Mさんはそれを問われるままに告白していた。だから、恥丘の部分が細く残っているだけで、あとは陰部の奥に至るまで綺麗に剃られているのは、他人の介在以外には考えられない。

イイ趣味をしている、と部長の声は何処か笑っている。実際に嬉しそうに剃り跡を舌先で撫でる。おかげでMくんのオマンコがよく見えるよ、といったその言葉を、Mさんはずっと記憶に刻みつけた。MさんのMは、下の名前だが、くん付けとはいえ名前で呼んでくれたことにまず感動した。重ねて、Mさんがとても口に出来ないその秘部の名称が耳をくすぐった。その台詞の意味と相まって、オマンコという一言に強烈な快感を覚えたのは、その時が初めてで有り、また唯一といっていい体験だった。




石川陽子 平間裕美 戸田真琴 最上架純 桜井綾音 小池里菜 相川潤 西園寺ミヅキ 三上悠亜 坂井里美 榊梨々亜 真白初音 綾辻ほとり 坂本すみれ 加藤ほのか 千早希 佐倉ねね RAN あかね葵 大倉みゆ 石神さとみ 青山沙也加 千夏まりな もりの小鳥 小




石川陽子 平間裕美 戸田真琴 最上架純 桜井綾音 小池里菜 相川潤 西園寺ミヅキ 三上悠亜 坂井里美 榊梨々亜 真白初音 綾辻ほとり 坂本すみれ 加藤ほのか 千早希 佐倉ねね RAN あかね葵 大倉みゆ 石神さとみ 青山沙也加 千夏まりな もりの小鳥 小谷志菜美 ひなみれん 田村紀美子 吉田裕子 石原安野 明里つむぎ 桃乃木かな  雫 西宮ゆめ



スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する