FC2ブログ

Thela Hun Ginjeet

2017.04.28.Fri.02:08
 

きずりのセックスは、一度きりの相手ということもあってMさん自身も全てを覚えているわけではなかった。名前すら聞いていない相手も多く、身体だけの繋がりは広く浅く、そして途切れることはなかった。だが、それぐらいのことは、別に私と付き合っている間だけのことではなく、Mさんが普通に行ってきたことだ。例えば合コンでお持ち帰りをされたとか、知り合いとそういう関係になってしまったという方が、印象には残っているが、どちらかというと希有なことなのだ。

だから、漠然とした記憶しか無く、Dさんがその全てを把握することは無理だった。ただ、特に私と付き合っている間は、わりと自由に振る舞えてそういう相手には事欠かなかった、ということは言っていたらしい。拘束されるのは日曜日の午後から夜ぐらいで、土曜日はMさんの当時の仕事は完全に休日で、その時間は好きなことが出来たと言うことだ。その自由な時間を、Mさんは自分の欲望のために充分に利用していたのだ。

金曜日の夜、ふらりと街へ出て、上手く男が見つかればそれに越したことはなく、不調であればDさんを頼れば欲望は満たされた。その頃のことは逆にDさんの方が良く覚えていた。恋人が出来たと聞いたのに、半年もすると盛大に遊ぶようになって、以前よりも奔放にさえ思えたらしい。DさんもそういうMさんが嫌いではない。喜んで相手をし、また男を宛がった。行きずりの相手との淫らなエピソードを語るMさんに、相槌を打った事も何度もあった。

今となっては、とDさんは自分がMさんの結婚相手になるとはこれっぽっちも思いもしなかった頃を振り返る。他人事というわけではないけれど、嬉々として浮気を楽しむMさんと一緒になって、いわば私に対する裏切りを楽しんでいたのだ。そういうMさんを箱の中に閉じ込めておくことは無理に違いない。だから自分がコントロールをするのだ、とMさんは言ったが、そういう意味ではやはり、Dさん以外に最適なパートナーはいないのだろうな、と私はある種の敗北を受け入れたのだった。




多田美里 篠丸のどか 冨田紗代 葉山奈々実 桃園怜奈 彩奈つばさ あいの美羽 秋葉あかね 観月奏 坂井里美 尾崎ののか 千葉ねね 今井真由美 真木ゆかり 緒奈もえ 板野ユイカ 麻生遥 宮本紗希 染谷あゆみ 新井梓 徳永しおり 美咲あや 瀬田奏恵 北川ゆず







スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント

管理者にだけ表示を許可する