FC2ブログ

Elephant Talk

2017.04.24.Mon.11:08
 

婚式を前にして、私の元へDさんが尋ねてきた。忙しい準備の合間を縫って、Dさんはわざわざ私の為に時間を割いて、会合の時間を持ったのだ。理由は漠然とだが予想はついていたが、顔を合わせてはっきりとDさんに告げられた。それは予想通り、簡単に言えば、Mさんのかつての恋人が私だと、Dさんに分かったということだ。最初にそう告げられた時、私は正直、緊張に身体を強ばらせてしまった。

Mさんの奔放で淫蕩な生活の数々を、Dさんが管理するサイトで知ることになった。そして、Dさんに直接会ってMさんの乱行の数々を彼の口から聞いていた。どういう理由かは分からないが、Mさんは恋人が出来たという話はしていても、私の名前も所在も何も明かさなかった。だから、私は全くの第三者としてDさんにMさんのことを尋ねることに成功したのだ。おかげで、このブログが成立している。

それが遂に、私の名前をMさんは告白したらしい。それでDさんは私に会いに来たのだが、別に咎めるつもりはないと、最初に告げられた。お互いに、自分以外のいわゆる「お相手」について告白し合ったらしいのだが、その時に私の名前が出た、というのだ。その瞬間に、いわゆる私の意図、のようなものがDさんには理解できたらしいのだけど、そのことはMさんには云わなかった。私と会う段取りを付けたことも、彼女には告げていないらしい。

Dさんを騙してMさんの情報を根掘り葉掘りと聞き出してはいたのだが、逆にDさんからすると、私に黙ってMさんの浮気に手を貸していたことになる。Dさん自身が、私の存在を知らなかったとは言え、恋人の居るMさんをそそのかしたのだから、それなりの罪はある。Dさん自身が、私との交際期間中にMさんを抱いたことだって何度もあるのだ。そのことに思い至ると、一方的に私を責めるわけにはいかない、とDさんは正直に私に告げたのだった。




多田美里 篠丸のどか 冨田紗代 葉山奈々実 桃園怜奈 彩奈つばさ あいの美羽 秋葉あかね 観月奏 坂井里美 尾崎ののか 千葉ねね 今井真由美 真木ゆかり 緒奈もえ 板野ユイカ 麻生遥 宮本紗希 染谷あゆみ 新井梓 徳永しおり 美咲あや 瀬田奏恵 北川ゆず






スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する