FC2ブログ

Walking Away

2017.01.29.Sun.10:11
 

回とは打って変わってMさんが事務所に到着したのは、まだ日の落ちきっていない時間だった。前回遠野時用に迎えに来たOと連れ添って歩く休日のオフィス・ビルには人影は少なかったが、全くないわけではなかった。しかし、Oの職場のあるフロアまで行くと、彼以外に誰も居なかった。そういうことは珍しいんだけど、と云いながら、その言葉を証明する役が自分に回ってきたのだと気づいてOは苦笑した。

窓にかかったブラインドを半分は閉めて、Oの持ち場である机の周辺だけを明るく照らすように施されていた。陽はだいぶ傾いていたが、その分暖色の陽光が、事務所の一角を浮かび上がらせていた。Oは決まり切った動作のように自分の机の前に座り、Mさんに隣の椅子を勧めた。何か飲む?Oが腰を浮かしかけたのを押しとどめて、Mさんは手に持ったトートバッグから、コンビニの袋を取り出した。

ビニール袋にはまた、栄養ドリンクが入っていて、Mさんはお疲れ様、と云ってそれをOに手渡した。ロング缶のそれは、栄養ドリンクの中でも強力だと話題になっていたもので、その地方では最近店頭に並ぶようになったばかりだった。物珍しさと、Mさんの心遣いに笑顔を見せながら、Oはプルトップを空けて口を付けた。喉に流し込みながら、果たしてコレは何処が元気になるのだろう、などと彼は考えていた。

暫く、他愛のない会話を交わしていた。時間をつぶすつもりはなかったが、元々逢う予定がなかった時間だけに、いくらか持て余していたのも事実だった。部屋に帰っても一人分で適当に済ませる用意しかしておらず、Oを迎え入れるにはいくらか散らかっていた。半同棲のようなものでも、その辺の気遣いをMさんは怠ることはなかった。結局は、部屋に帰ることになるにしても、直ぐに帰るのはどこかしっくりといかない気分が漂っていたのだった。




美和 岩本愛弓 藤本渚 市場和子 石丸裕美 佐々木千恵子 堂山里美 八木香里 立花律子 奥田麻衣 小池よう子 森さくら 山田由美子 高橋史 里見咲紀 白鳥リン 常岡優恭世 長野由美 吉田由美 安丸千加 三森かおり 岩立友紀子 高木亜里彩 吉川郁子




文枝 リベンジポルノ 丸出し エレクラスタジオ simutrans クリスマス サンタさんM女の自覚 av ブログ レビュー YMO シンセ msqs キラキラ ギター カラーボックス openload 高知 素人 boss gx-700 音切れ エレクラ 倉庫 k-garage テレキャスター レヴュー k garage テレキャスター 音



スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント

管理者にだけ表示を許可する