FC2ブログ

Angel of Mercy

2017.01.28.Sat.12:10
 

痴を言うOを見る機会はMさんはあまりない。そういう繋がりではないことが根底にあって、現地妻としてほぼ一緒に住んでいても、家庭臭が漂うのをMさんが嫌っていたのだ。しかし、時間が経つにつれてその縛りも緩み始め、それがマンネリに拍車をかけていたという側面もある。だから、日曜の夕刻が近づく時間に、Oのそういう態度にMさんは辟易した。誰かの代わりを、つい意識してしまう。

だがもちろん、Oが望んでいたのはそれだけではない。というよりも、不意に訪れたチャンスと彼は捉えていた。日曜日にオフィスに近づくモノはほとんど居ない。もう夕方でこれ以降の訪問者も想定できない。つまり、先日の再現をするのに絶好の時間が、こんなにも早く訪れた、と彼は内心喜んでいたのだ。愚痴を云うのはいわば言い訳のようなもので、やはりそれもOの本意では無かった。

それでも仕事の話題にいらぬ愚痴を披露してしまったのには幾らか後悔した。それもあって、続く話題にはちゃんと口調を変えてOMさんを誘った。いつもは電車で帰宅するOは、Mさんに迎えに来てくれないか、という風にして事務所に来るように仕向けたのだ。当然Mさんも、その意図を察したが、彼女自身まったく準備をしていなかった。先日のように、下着を着けず、いつでも繋がれるようなワンピースを身につけてもいなかった。

それでも、Oに誘われれば断る理由はなかった。ちょうど仕事場の駐車場からクルマを出すタイミングだった。狙い澄ましたようなそのメールは、ちゃんとOの意図が働いているに違いなかった。了解する旨の返事をして、Mさんはクルマを郊外の自分の部屋ではなく、市街中心部へと向けた。日曜の午後に中心部へと向かう道は、結構な混雑だった。その間にも、Mさんは先日の光景がオーバーラップする。その想像に胸を熱くしながら、徐々に濡れ始めているのを自覚していた。




美和 岩本愛弓 藤本渚 市場和子 石丸裕美 佐々木千恵子 堂山里美 八木香里 立花律子 奥田麻衣 小池よう子 森さくら 山田由美子 高橋史 里見咲紀 白鳥リン 常岡優恭世 長野由美 吉田由美 安丸千加 三森かおり 岩立友紀子 高木亜里彩 吉川郁子




1919gogo.com 美和 岩本愛弓 藤本渚 市場和子 石丸裕美 佐々木千恵子 堂山里美 八木香里 立花律子 奥田麻衣 小池よう子 森さくら 山田由美子 高橋史 里見咲紀 白鳥リン 常岡優恭世 長野由美 吉田由美 安丸千加 三森かおり 岩立友紀子 高木亜里彩 吉川郁子


スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する