FC2ブログ

Back Door Friend

2016.12.30.Fri.16:03
 

々はゆりなもMさんがこれから帰る場所にいたのであって、それは彼女自身の意思だったとはいえ、Mさんを追いかけて転居してきたのだ。それが一年と少ししてまた離ればなれになるというのは、皮肉な運命であった。せっかくここまで親密になれたのに、と自らの決断を悔いてはいないが、Mさんの未来に自分が関われなくなったことを残念がっていた。涙をうっすらと浮かべて、それでもゆりなは彼女を祝福した。

Dさんとの結婚も含めて、帰郷する判断にゆりなのことを考えなかったわけではないMさんだったが、一方で彼女がもたらした深夜のクラブでの乱痴気騒ぎが、転勤の後押しをしたことも否めない。ゆりな自身に何の恨みもないが、彼女がもたらした物はMさんの肩には重すぎたのだ。もう十年若ければ、とそう考えなくもないが、それだからこそ、自分は落ち着く場所を無意識に求めていたのだとも思う。

しかし、Dさんと結婚することになっても、結局のところやっていることはそう変わらないだろうという確信はあった。金銭のやりとりはさすがにないだろうが、二人で結婚の話をした時にDさんが語ったセックスに関する未来は、今までと変わらず、よりいっそう猥らに深まっていきそうだった。冗談めかし、Mさんに人妻というブランドが加わるんだ、とDさんは言ったが、それから連想するプレイも、当然彼の中にあるのだろう。

その中にゆりなが関わる可能性は少ないけれど、Mさんの方でも彼女との関係が切れてしまうのは本意ではなかった。高速を飛ばせば数時間で辿り着く場所だから、いつでも会えるわよ、とゆりなを慰めたが、あまり彼女は納得しなかった。転勤願いを出します、と最後には言い出したのをMさんも止めはしなかったが、実際ゆりなが抱えている教室はなかなか代替が効きそうにない。叶ったとしても随分先の話だろうな、というのはお互いに分かっていたことだった。




大友花恵 森香澄 永池美月 藤重圭宮 原知子 地曳いく子 南谷真鈴 戸田千 深緑野分 斉藤ヌールハンゆき 高島由稀 清宮美稚子 谷口木葉 小林果布 佐藤杏樹 腰山あいら 小幡桃子 菊地奈美 岡崎心愛 簗田紗良 高瀬詞音




大友花恵 森香澄 永池美月 藤重圭宮 原知子 地曳いく子 南谷真鈴 戸田千 深緑野分 斉藤ヌールハンゆき 高島由稀 清宮美稚子 谷口木葉 小林果布 佐藤杏樹 腰山あいら 小幡桃子 菊地奈美 岡崎心愛 簗田紗良 高瀬詞音



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント

管理者にだけ表示を許可する