FC2ブログ

I'm Yours and I'm Here

2016.12.29.Thu.13:48
 

意に出た涙にMさん自身で驚いたのだが、Dさんが受け止めてくれるという事実に、それは素直に嬉しいという感情だったのだろう、と受け入れた。積極的に結婚を肯定する理由はないけれど、無碍に断るほどDさんとの関係は希薄ではなかった。もし今、自分の周囲の人間の中で、結婚という形式がしっくりくるのはやはりDさんである、とMさんはその時自覚したのだった。

Dさん自身、もう子供が欲しいという願望はない、と断言した。一方で、では快楽を追求することは、夫婦という形では制約が課せられる心配はあった。今の関係がもたらす自由を、Mさん自身は手放す気はなかったのだ。その点に関しては、Dさんは今まで通り、と断言し、夫婦だから許されることもたくさんあるはずだ、と付け加えた。具体的に、DさんはいわばMさんに男を宛がうという形を、手放す気はなかった。

セックスの相性というより、性癖にまで踏み込んで、二人はパートナーとしては最適だった、という結論になる。逆にだからこそ、形式でそれを証明するのも悪くない、とMさんは考えた。しかし、その時に即答は避けた。一抹の不安のような物が、彼女の胸に去来したからで、それはDさんも予想していた。実際にMさんが帰ってくるのにはまだ数ヶ月の余裕があった。

何れの結果を生むにしても、Mさんは帰郷をその場で決め、その際にはDさんの自宅へ戻るという約束をした。翌日出張から帰って直ぐに、転勤を受け入れる旨を責任者に告げて、Mさんはまた引っ越しの準備に追われることになった。引き継ぎをして、部屋を整理して、人間関係に一区切りを着けて、また新たな気持ちで春を迎えるのだ。そのMさんの今後を、誰よりも先にゆりなに告げた。ゆりなはその決定にひどく残念な表情を見せたが、プロポーズされたという話を持ち出すと、一転Mさんを祝福したのだった。




大友花恵 森香澄 永池美月 藤重圭宮 原知子 地曳いく子 南谷真鈴 戸田千 深緑野分 斉藤ヌールハンゆき 高島由稀 清宮美稚子 谷口木葉 小林果布 佐藤杏樹 腰山あいら 小幡桃子 菊地奈美 岡崎心愛 簗田紗良 高瀬詞音




日テレのインタビューを受けた美女がAV女優だった事が発覚! 大友花恵 森香澄 永池美月 藤重圭宮 原知子 地曳いく子 南谷真鈴 戸田千 深緑野分 斉藤ヌールハンゆき 高島由稀 清宮美稚子 谷口木葉 小林果布 佐藤杏樹 腰山あいら 小幡桃子 菊地奈美 岡崎心愛 簗田紗良 高瀬詞音



スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する