FC2ブログ

Prism of Life

2014.02.18.Tue.23:42
 

入が果たされた瞬間、Mさんは背筋を大きく弓なりに逸らせて、ほとんど天井を見上げるような恰好で淫らな声を上げた。その姿勢は自然と尻を突き出すような恰好になり、より深くOと繋がることになった。僅かに撓っているOの勃起はMさんを抉るように奥へと侵入を果たした。

先程の絶頂の余韻がまだ残っていて、Oが貫きを止めると、Mさんのオマンコはにわかに収縮を初めて吸い付くような蠢きを始めた。動かなくても扱かれるような絶妙な感覚に、思わずOの口の端から声が漏れた。それ以上に、Mさんは淫らな声を幾度も上げ、荒い息を整えようと必至だった。

ああ、ごめんなさい、と思わず突いて出た言葉に、Oは多少の驚きを持ってそのMさんの表情を見つめた。既に目蓋を閉じて、自分の世界に陶酔しているMさんは、意図しているのかどうなのか、顔をカメラの方に向けていた。その横顔を見つめながら、Oはゆっくりと抽送を開始した。

すると、さっきの言葉の答えが、瞬く間にMさんの口から吐露された。もう・・・また・・・と、途切れながらの声に続いて、またしてもMさんはごめんなさい、といって私の名前を呼んだ。そして、Oさんのオチンチンで、イキそうです、とハッキリとした口調で言い、そのまま壁に頬を押し透けるようにして、何かに耐えるような苦悶の表情を浮かべた。





綾瀬麻理 yamidas 畑中優





無修正アダルトビデオ イッテル


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する