FC2ブログ

Peggy Sue

2016.12.14.Wed.12:05
 

のスポーツクラブ、とでも言うべき繋がりは、そのほとんどが職場をリタイヤした裕福な会員だった。時間と幾ばくかのお金の余裕を持ち合わせていて、そして皆に共通していたのが若い頃に味わえなかった性の喜びに対するリベンジだった。高度成長期を支えてきた会社人間が、その拠り所を無くすと自然に人生の充足に思いを馳せるらしい。仕事の延長での女遊びでは得られなかった、もっと猥らな欲望をため込んでいたのだ。

もちろん、そういう関係は妻との間にも築けず、どちらかというと普段は人格者然とした姿をしている者が多かった。つまり、ゆりな達とのセックスは、まさに自分たちが最も秘すべき部分をさらけ出す、最高の息抜きになっていたのだ。禁欲的とまではいかないが、時代や立場が許さなかった卑猥に堕ちた自分を、彼らは愉しんでいたのだ。自らの努力のゴールに快楽がある、という結果も、また彼等を満足させたのだ。

だからなのか、ノーマルなセックスだけをゆりなやMさんに求める者は少なかった。場所自体が、薄着で歩き回り興奮を呼び起こす要素は揃っていても、やはりセックスとは無縁の公共の場だ。そこで、猥らな行為に及ぶのは、それだけで普通とは云えなかった。そこで更に、Mさん達にアブノーマルなセックスを要求するのだ。金にものを言わせて支配する、という嗜虐的な立場も、興奮に一役買っている。

ゆりなやMさんは、その要求に実に上手く応えていた。自らの欲望にも合致する部分は多々あったとしても、会員の喜ぶ姿を導こうと、要求に応える様は彼らに感動すら覚えさせた。特にゆりなは、そういう癖があったし、Mさんが加わったことで彼女の乱れる姿を見て興奮するという、一風変わった性癖も満たすことになった。Mさん自身にも被虐の感性が備わっていて、いわば夜のスポーツクラブは、まさに欲望の捌け口として機能していたのだ。




乱田舞 桜井貴美子 中森あきない 喜田純鈴 照強 正代 松野野乃 三橋美穂 小椋久美子 田中雅美 安井優津紀 小西郁里 田中美加 河崎羽珠愛 柴山瑠璃子 立沢孝菜 栗林楓 植松桃加 松井華子 吉田まどか 佐藤友理 渡辺理香 平田友美 前田万里奈 星野凛




tokyo-hot M女の自覚 av ブログ レビュー YMO シンセ msqs キラキラ ギター カラーボックス openload 高知 素人 boss gx-700 音切れ エレクラ 倉庫 k-garage テレキャスター レヴュー k garage テレキャスター 音


スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する