FC2ブログ

Dimples

2016.12.12.Mon.22:01
 

韻を貪る間も、Hはやんわりとピストンを続けた、本来の打ち込みを続けたかったが、絶頂に達したMさんの中は早急な動きで味わうにはもったいないほどの味を持っていた。一度解放した射精感にブレーキを掛けて正解だった。その美味は極上で、また更にHを誘ってくる。そのまま留まるのは逆に、射精を促しそうで出来なかったが、ゆっくりとMさん自身の感触を味わう。

いくらかMさんが解けて、我を取り戻してから、Hはゆっくりとピストンを再開した。だが、ゆっくりとしたまま彼は腰を引いて、ついにはMさんから引き抜いた。支えを失ったようにMさんはその場に崩れ落ちた。引き抜いた勃起を片手で支えながら、その場にしゃがみ込んだMさんの頭を自分の方へと向けた。彼女の顔の前に勃起を晒して見せた。それだけで、我を忘れたMさんも、何が起こるのか簡単に想像がつく。

自分の粘液に塗れた勃起は、天井に灯る蛍光灯に照らされて滑光って見えた。Mさんはぼんやりとしながらも、それをじっくりと観察する。淫猥な姿のそれが断末魔の最後の威光を放っている様に、彼女には見えた。それがもたらす結末に思い至る。引き寄せられるようにMさんはそれを口に含んだ。舌に乗せ、頬を凹ませて吸い込む。ジュルッと、音がして勃起はMさんの顔を貫くように口の中に引き込まれた。

Hの手がMさんの後頭部を押すと、促されるまま彼女は頭を振った。唇で笠の周辺を擦ってやる。それが何往復かした後、Mさんの口の中に独特の臭気と苦みを伴ってドロリとした液体が注ぎ込まれた。吹き出すというよりは、Mさんの口の中に充填されるように、たちまち溜まってくる。唇に勃起の痙攣が伝わり、その度に新たな精が注ぎ込まれた。Mさんはそれをじっくり飲み下しながら、何度も愛おしそうに勃起を舐め、Hの全てを飲み込もうと熱心に頭を振ったのだった。




木下柚花 糸井文菜 前田夢歌 安藤圭子 高村真央 夛田愛梨 河村聖 松葉ひかり 平野美宇 伊藤百華 高橋知子 多田佳純 東原由樹 川口舞里奈 竹内公美子 森井祥子 島かおる子 笹森和枝 福山美里 向井和子 福田和子 中山桃歌 佐藤道子




ブログ レビュー YMO シンセ msqs キラキラ ギター カラーボックス openload 高知 素人 boss gx-700 音切れ エレクラ 倉庫 k-garage テレキャスター レヴュー k garage テレキャスター


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する