FC2ブログ

Lowdown Midnight Boogie

2016.12.06.Tue.02:12
 

にあるボイラーが稼働しているせいか、低い振動音のようなものが響いていて、部屋の中はまったくの静寂というわけではなかった。時折外を通る車の音やタイヤの鳴る音も聞こえ、ぼんやりとした喧噪もどこからか漂ってくる。それでも、Mさんの胸元からHの荒い鼻息がやたらと耳についた。戸惑いが先行していても、Mさんはその荒々しい感覚が嫌いではなかった。

荒々しいようでいて、的確にMさんの敏感なポイントは外さずに突いてくる。その辺の手慣れた感じをMさんは充分に感じることが出来ないまま、ただひたすら受け身に回っていた。一方のHは嬉々としてMさんの身体をまさぐり、やがてその身体を低く落とし始めた。乳房のラインをなぞるように舌先を動かしながら、そのまま前のめりになりながら腰を下げていく。露わになった上半身の肌を舐め回しながら、やがてHMさんの前にしゃがみ込んだ。

クラブのインストラクターに支給されている半パンツはわりと身体にフィットする形状をしていて、Mさんなどは福与かなヒップが強調されてしまっていた。その半パンツの腰の辺りに手を当てた途端、MさんはHのその手によってくるりと後ろに向かされた。自ずとMさんは壁の方を向く格好になり、後ろからのしかかられるように押されると条件反射的にコンクリートに手を着いた。

Hは手を前に回してへその下辺りにあるボタンを外す。その手で前開きのファスナーを下ろすと、両手で抱え込むようにしながら身体を寄せた。背骨と骨盤が繋がる辺りにHの唇の感触がして、Mさんはビクンと飛び上がるほどに反応した。その唇が、尻の谷間へと降りていくのと同時に、Mさんのハーフパンツは引き下ろされていった。途中練習でもしたかのように上手にショーツも引っかけ、瞬く間に膝の辺りへと下ろされてしまったのだった。




木下柚花 糸井文菜 前田夢歌 安藤圭子 高村真央 夛田愛梨 河村聖 松葉ひかり 平野美宇 伊藤百華 高橋知子 多田佳純 東原由樹 川口舞里奈 竹内公美子 森井祥子 島かおる子 笹森和枝 福山美里 向井和子 福田和子 中山桃歌 佐藤道子




ブログ レビュー YMO シンセ msqs キラキラ ギター カラーボックス openload 高知 素人 boss gx-700 音切れ エレクラ 倉庫 k-garage テレキャスター レヴュー k garage テレキャスター



スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント

管理者にだけ表示を許可する