FC2ブログ

Goin' Home Blues

2016.12.04.Sun.06:01
 

日の昼休みは、インストラクターはそれぞれ時間をずらして休憩することにしていた。Mさんはその一番遅い時間を選んだおかげで午後三時近くになってやっと身体を空けることが出来た。それまで低学年スイミングの補助をやっていて、水着を着ていたMさんは、ポロシャツに半パンという姿に着替えてそそくさとロッカールームを後にした。職員専用の階段から地下駐車場に出る。

普段ならそのまま外へ出て近くでランチの店を見つけるか、近くのコンビニへ向かうかするのだったが、その日は人目を気にしてキョロキョロと辺りを見回しながら、いつもとは違う方向へ足早に向かった。手にはリネン室の鍵が握られ、その目的の場所は地下の奥まった所にあった。入り口は更に目立たない暗がりにあって、Mさんはそこに取り着くと慌てて鍵を開けた。解錠の音がやけに反響して、Mさんは肩を竦めた。

中はちょうど業者が引き取った後なのかガランとしていた。剥き出しのパイプが天井を這い、その天井も随分と背が低い。それほど広くないスペースで、明かりを点けても無機質な何もない場所だった。それでも、隣のボイラー室の音が低く響いて、熱が伝わってくるのか随分と室温が高い。冬の入り口にさしかかる季節だったが半袖でも多少汗ばむ。クラブ全体が、一年を通して一定の温度に保たれているが、それをいくらか逸脱している。

Hとの待ち合わせの時間は、昨日の内に打ち合わせていた。スケジュールに関しては不確実な要素が多かったのだが、当日になってみるとほぼ正確な時間で動けていた。先にMさんが部屋に入って待つようには設定していたが、いざそこに一人になると心細く、自分の決断に不安を覚えた。やけに空虚な雰囲気の部屋の内装が、よけいに自分の猥らさだけを浮かび上がらせているようで、居心地の悪さはずいぶんなものだった。




原田紗希 向原幸歩 十河優花 有馬沙彩 鈴木理恵子 真鍋洋子 川畑里佳 野本喜美子 千葉麻美 三原舞依 宮原知子 北村節子 浜亜由美 村上紗梨 三好理子 岩山侑樹 米津利奈 関野茜 杉山日菜 橋本京子 西村周子 本郷理華 伊藤京子 斉藤寿巳枝 香川里絵




YMO シンセ msqs キラキラ ギター カラーボックス openload 高知 素人 boss gx-700 音切れ エレクラ 倉庫 k-garage テレキャスター レヴュー k garage テレキャスター



スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する