FC2ブログ

How Long Must I Wait for You

2016.10.31.Mon.23:01
 

着姿のMさんに逢いたい、という希望を出したのはHの方からで、理由は単純だった。普段、HMさんはプールで顔を合わせることが多かった。それ以外の場所では、そもそもMさんが担当していないので接触がなかったのだ。それに加えて、Mさんの水着姿に常に欲情をかき立てられているからだった。Hは普段目にするMさんをそのまま陵辱したい、という欲望を剥き出しにしていた。

ゆりなはよく知っているが、性欲を剥き出しにすると性格が変わる典型がHだった。普段は温厚そうな人物が、目の前に裸の女性を置くと目の色を変えて貪りたがるのは、少なくともゆりなの周囲ではHがもっともギャップが大きかった。何度か身体でその性欲を受け止めたが、Mさんの話題を出すとその傾向は顕著だった。太く硬く漲りが増す感触を、ゆりなはよく覚えていた。

ロッカールームの前でゆりなは、Hが着替えるのを待っていた。彼もゆりなも、水着ではなくクラブで常用しているトレーニングウエアだった。二人は連れ立ってプールサイドへと歩いた。プールでは一人波を立てて泳ぐMさんの姿があった。二人はそれを暫くデッキプールサイドに並べてある椅子に座って眺めていた。ゆりなは職業柄、Mさんのフォームに気を取られていたが、ふと気づいてHを覗き込むと、明らかに興奮をしていた。

ゆりなはそっと手を伸ばしてHの股間に手を宛がった。驚いたような表情で一度ゆりなを見たHだったが、納得したように再び水面へと視線を戻した。ゆりなの手には、薄い布越しに熱く硬くなったHの欲棒の感触が伝わって生きていた。それを軽く握って、前後に撫でてやると、たちまちその欲棒はビクビクと反応して返してきた。普段のクラブでこんなに勃起していては恥ずかしいだけなのに、今はその自制すらHは失っていたのだった。




どこでも警備員 皆川玲奈 本多春奈 肛門パック 香西沙織




完全無修正動画 清水千草 みなみ佳菜 有馬沙希 斉藤千草 高野佳奈子 米谷沙織 米谷沙織 皆戸中陽子


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する