FC2ブログ

Keep on Dreaming

2016.10.19.Wed.02:58
 

色の明かりはそれほど明るくないのだが、カメラの露出のせいか、全体を詳細に浮かび上がらせていた。加えて天井からの一方向の照射が、余計に陰影を付けている。Iの手がゆりなのポロシャツを引き上げて、素肌が見えるとライトはそこに眩しく反射して真っ白に見えた。撫で回す手がその反射を時々遮り、きらめくように揺れてゆりな自身が身悶えていることを如実に示していた。

ポロシャツを胸まであげられると、あっさりとゆりなの乳房が姿を現した。彼女は下着を着けていなかった。もうそこで裸にされることを予期していたような振る舞いに、そこで行われる行為に慣れているとMさんは感じた。男女の逢瀬にそれは普通のことだが、場所がふさわしくないとMさんは感じた。セックスそのものを咎めるわけにはいかないし、自分も例外ではないのだが、そこは本来二人にとっての職場なのだ。

ゆりなはポロシャツを脱がされるのに合わせて万歳をするように両手を挙げた。Iは当然のようにスルスルと持ち上げていき手首を抜くと、そのままその手を取った。ちょうどそこにはハンドルが持ち上げられて留まっていた。トレーニングのために普段は引っ張り下ろすハンドルだが、安全のために使用していない時は一番上端に太いピンで固定されている。

その時そのハンドルには、丸い輪っかを二つ繋げた物がぶら下がっていた。もちろんそれは、普通の状態ではない。その一方の輪の中にゆりなの手を通してキュッとバンドを締めるようにして固定した。反対側の手も同様に固定すると、ゆりなはハンドルにぶら下がるような格好で手を固定された。Iは何度かその手首の部分を持って揺さぶったが、しっかりと固定されていて簡単には動くようには見えなかった。




kガレージテレキャス テレキャスター k grage 利権ファースト ワタシがはんこを押しました、すいません ハメ撮り・パブリック・ビューイング




清水千草 みなみ佳菜 有馬沙希 斉藤千草 高野佳奈子 米谷沙織 米谷沙織 皆戸中陽子


スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する