FC2ブログ

The Dream of the Dolphin

2014.02.11.Tue.23:54
 

テルでの逢瀬も時には時間に追われることがある。Mさんの方が両親の機嫌を気にすることもあるが、時には仕事の途中で抜け出してOがやってくることもあって、Mさんの身体を堪能した後に、そのまま残業の残りをこなすと云うこともあった。だが、普通はだいたい二度はMさんに挑んでくるのが常であった。

お互いに、一晩に何度も射精を重ねられるような年齢ではないことは十分承知で、Mさん自身も一度で物足りないというわけではない。だが一方で、一度放った後に再び射精までに至る、あのじっくりとした濃密な時間も、嫌いではなかった。だいたいが、そちらの方でMさんはイカされることが多かった。

そんな時間が、今この日曜の昼間に残っているのかどうか、既に全裸になるまでにずいぶんと時間を使ってしまったような気もして、Mさんは多少の後悔を覚えた。一発で終わらない、という宣言を訊いた以上、Mさんもそれに協力しようと、Oのオチンチンを握りしめた。

だったら、すぐに入れた方がいいんじゃないの?と戯けた口調でMさんは云ったが、イヤ、その前に、とOは身体を前に折ると、Mさんに体重をかけ、その反動で反らされて上を向く豊満な乳房の先端に口を付けた。そこから、滑るように舌先を使いながら、徐々に下腹部へと頭を下ろしていった。





巨乳相撲 寝起きに梅干し 花咲真冬








スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント

管理者にだけ表示を許可する