FC2ブログ

The Best I Can Do

2016.10.01.Sat.14:02
 

を晒すことに慣れてくると、ゆりなは触って、と望んだ。コウジは乳房を下から掲げるように手を当て、やや持ち上げてそこが晒されていることを強調するようにやんわりと揉み始めた。傍らの男も手を伸ばして、オマンコへと指を這わせる。おまえも晒せよ、とコウジに云われて、男もファスナーを下ろして勃起を取り出した。あの夜はゆりなが弄んだ勃起が、また同じようにそこにそそり立っていた。

それを見てMさんは、ナンパされた翌日、再会した直後のゆりなの満足した表情を思い浮かべた。確かに、それで翻弄されて味わう快感の深さが容易に想像出来るほど、立派な威容を誇っていた。コウジとは比べものにならず、屋外というアドバンスがなければ、Mさんは嫉妬したかも知れない。もちろん、男も自信を持って晒している。さすがにその大きさやあからさまな形は、遠くからでも判別されるのではないだろうか、とMさんは心配になった。

すると、男はMさんを手招きした。少し距離を置いて眺めていたが、そのままではすまないのは当然だった。Mさんは促されるままに近づいたが、男は自分の目の前に立つように手を引いた。このままだとさすがに見つかるとやばいから、と云って隠してくれ、とMさんを見上げながらニヤリとした。そして更に手を引いてMさんを目の前にしゃがみ込ませた。

男の意図はあからさまで、ただMさんにもそれを拒否する理由もなかった。自然と手が伸びて勃起の根本を握りしめ、裏筋の辺りにキスをすると、そのまま舌を出して周囲をペロペロと舐め始めた。男は急かすようにMさんの後頭部を支えるように持つと、自分に引き寄せた。口を付けたまま、せり上がるように先端まで辿り着くと、男の手に力がこもる。するとMさんは吸い付くように先端を口に含み、そのままズルズルと飲み込んでいったのだった。




北村実穂 公文恵里奈 バロン辻村 池田模範堂 無修正DVD 猛獣アダルト動画 ずーっと絶頂 6PSEX 第4章




池田模範堂 無修正DVD 猛獣アダルト動画 ずーっと絶頂 6PSEX 第4章



スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する