FC2ブログ

Blaze of Glory

2016.09.29.Thu.04:58
 

に座っていたゆりなは、条件反射のようにコウジの勃起に手を伸ばした。それはMさんの方からは、ゆりなが引っ張り出したようにも見えた。君もやってみたら?とコウジに促され、ゆりなは恥じらいを滲ませた笑顔を浮かべた。それを強く望んでいたにもかかわらず、やはり現実を目の当たりにすると躊躇が顔を出すのだった。怖くないよ、遠くからならよく分からないから大丈夫、とコウジは優しく促す。

下なら判らないよ、とコウジはゆりなの穿いているスカートを指さした。ゆりなは膝丈のスカートを穿いていて、その上にはTシャツに薄い水色のパーカーを羽織っていた。コウジはその薄手で柔らかい生地のスカートの裾をつまんで、僅かに引き上げた。膝小僧を露出させる所まで持ち上げると、その手を股の内側に滑らせた。そして自分の方へ引き寄せるようにして足を開かせる。

スカートがずり上がってもう間もなくゆりなの股間が見え始める間際まで来た。そこで初めてゆりなは自分から、膝を立てて見せた。いきなり下腹部を晒すのには戸惑ったが、多少はしたない格好ではあったが、遠くから見ても何をしているのか判らないというコウジの言葉は信用ができた。だから、ゆりなはその興奮に塗れてうずき始めている中心を露わにして見せたのだ。

最初からゆりなはそこに何も着けていなかった。それに気づいてコウジはへぇ凄いね、と声を上げた。その声に気づいて、煙草を吸っていたMさん達も視線をそこに集中させた。ゆりなのそこは恥丘の一部を残して綺麗に剃られていた。Mさんと同じスタイルだったが、そのおかげで、妃裂そのものがくっきりと見えていた。コウジが完全にスカートを捲り上げると、未だぴったりと肉を合わせたままのオマンコの姿が、陽光の中にさらされてしまった。




北村実穂 公文恵里奈 バロン辻村 池田模範堂 無修正DVD 猛獣アダルト動画 ずーっと絶頂 6PSEX 第4章




アダルト無修正動画 北村実穂 公文恵里奈 バロン辻村



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント

管理者にだけ表示を許可する