FC2ブログ

Sentimental Thing

2016.09.27.Tue.01:22
 

光の下の広場は確かにだだっ広いただの平らな土地だったが、意外に周囲に山肌が迫っていた。人家のある方はいくらか開けているが、なだらかに続く丘のようにせり上がっていて、反対側にはうっそうとした雑木林が連なっていたのだ。その間を埋めるようにいくらか背の高い雑草の生い茂る空間があるせいで、その広場がぽつんと開けているように見えたのだった。

コウジの話によると、元々工場誘致のために造成した土地だったが、その計画が頓挫して放置されているのがこの場所らしい。コウジ達はその周辺の仕事をしているので、場所はよく知っているのだという。他にも似たような場所をいくつか知っているが、露出という意味ではここが一番だと思う、とコウジは云っていた。環境もさることながら、人目に付かないという意味においてはベストらしい。

そのコウジの手を引いて、ゆりなはU字溝の方まで歩いて行った。Mさんともう一人もつれだって着いていくが、その時初めて、二人は会話を交わしていたのに気づいた。セックスをした場所を再訪するという、なんだか奇妙な経験だったが、ゆりなの強引なまでの好奇心はそれを凌駕していた。他の三人はそれにあてられ、自然と言葉数も少なくなっていたのだ。やがて、ゆりなとコウジはU字溝の積み上げられた場所に辿り着く。

ここでセックスしたんだ、と一通りコウジの話を聞いたゆりなは、興味深そうにU字溝の周辺を見回す。コウジは自分の露出癖も彼女に告白しており、ここは開放的な気分に浸るには最適なんだよ、と説明した。まるでそれは不動産説明会のそれに酷似していて、ゆりな以外には滑稽に見えた。だが、その中心にいるゆりなは何処吹く風で、欲望が既に顔を出しているのにMさんは気づいていた。




北村実穂 公文恵里奈 バロン辻村 池田模範堂 無修正DVD 猛獣アダルト動画 ずーっと絶頂 6PSEX 第4章




池田模範堂 無修正DVD 猛獣アダルト動画 ずーっと絶頂 6PSEX 第4章



スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する