FC2ブログ

Take Out Some Insurance

2016.09.08.Thu.18:19
 

らされている事をコウジは承知しているのか、しきりにMさんを促すような仕草を髪や頬に仕掛けてきたが、彼女は艶めかしい声を上げるばかりで、勃起を乳房で弄ぶ事の方が楽しい、とアピールした。ちゃんと女性を感じさせる事に重きを置いている常識を持ち合わせているコウジは、だからそれ以上強引には進もうとはしなかった。それでも勃起は、待ちきれないように我慢汁をダラダラと零し続けた。

だが、暫くすると、何か呻きのようなものを一際目立って漏らすと、クルマにもたれかかっていた身体を垂直に伸ばして、Mさんの方へ腰を突き出してきた。焦らしも限界だな、とMさんが思った瞬間、コウジはばっと勢いを付けて着ていたポロシャツを脱ぎ捨てた。コウジは全裸を月明かりに照らしてしまったのだ。青白い月明かりに照らされた男の肉体は、陰影がクッキリと付いて見え、一瞬Mさんはその彫像のような姿に魅とれた。

Mさんより先に男の方が全裸になる事は、それが屋外である時はほとんど経験がなかった。最終的にお互いが全裸で絡み合うにしても、先ずはMさんを先に裸にしてその羞恥を堪能する。Oなどは、Mさんだけを全裸にして自分はオチンチンしか晒さず、危険な鑑賞をじっくりと愉しむことが多かった。。Mさん自身も、その羞恥とスリルを嫌ってはいなかった。

だが、コウジはまず自分が全裸になった。というより、それが一番の望みであったような気さえした。Mさんは乳房で勃起を挟んだまま、半ばあっけにとられてコウジを見やった。そこそこに鍛えられた筋肉の様が、際立って見えていた。立ち姿だけでMさんの目を楽しませる男には、久しぶりに出会った気がした。仕事場ではそうなろうと努力するモノは多くても、実際に叶っているのはごく僅かだ。しかもその全裸となると、Mさんは長くお預けを食らっていたのだ。




Kガレージ テレキャス 本番デリヘル呼んだら真紀というブスが来た 仕方がないので相手したら締まりが好くて満足した おっぱいは大きかった 眼がイッちゃってる淫乱マゾ奴隷女 撮り下ろし裏ビデオ マキトオオグロ 鬱病の薬抜いたら性欲が止まらなくなった真紀 PS







スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する