FC2ブログ

Rockin' With Reed

2016.08.28.Sun.10:24

欲に塗れた生活は、ゆりなと親密になって以来二人が基本的な単位になった。ゆりなとMさんがいつもペアで、何処に行くにも、何をするにも一緒だった。二人ともセックスの経験は豊富なはずなのに、女二人で連んで事に及ぶという事は多くなかった。異性の間なら、多少猥らな性癖も披露出来るのに、同性間ではそれが耐えられない羞恥に変わるのだから不思議だ。

それでもひとたびその壁が取り去られると、ふたりともがその新たな世界に惹かれていった。最初の内は、レズプレイなどに夢中になっていたが、ゆりなの策略で彼氏をMさんに宛がって以来、やはりその矛先は異性に向けられた。二人して男を漁り始めたのだった。試行錯誤の時間が終わりを告げ、それぞれの中に生まれたテキストを、実践に移す時期がやってきたのだ。

Mさん自身、基本的に受け身である事が信条なので、自分から積極的に相手を探す事はほとんどなかった。相変わらず、Dさんが紹介してくれるか、あるいはOKのように知り合いの延長で身体の関係を結ぶばかりで、その庇護の外へ出る事は皆無だったのだ。安心や信頼は、未だMさんの中で重要な価値観を持っていて、そこを逸脱する勇気は若い頃はよりは幾らか衰えていたのかも知れない。

一方で、年齢を重ねるに従って、いくらかマンネリのようなものも感じていて、そこにタイミング良く現れたのがゆりなだった。彼女はMさんとは正反対で、常に積極的で新たな出会いを求めていた。ゆりなにとってのMさんの存在は、その若さゆえの奔放さを上手くコントロールしてもらえる楔のようなものだった。そうやって二人は互いを補いながら、新たな肉の宴の場を求めてさまよいだしたのだった。




ふうらい姉妹 マンコ・ナメナハーレ 身体をまさぐる裏ビデオ 無修整




TokyoPornTubeアダルトコンテンツマーケット



スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する