FC2ブログ

I Love You Baby

2016.08.27.Sat.20:42

密になった方が良い、という直感がMさんと知り合った瞬間にゆりなの中を駆け巡ったそうだ。言葉では上手く説明できない感覚的なもので、具体的に何かのきっかけが在るのワケではなかった。その頃Mさんはリタイヤして会員としてゆりなと知り合ったのだが、そういう間柄を越えて関係を築きたいと強烈にゆりなは望んだのだった。それは一目惚れ、という感覚に近いらしい。

ただ、ゆりなは初体験以降、セックスの経験は豊富でも、特定の男性と付き合うという事がなかった。恋愛よりセックスの方が先んじていて、誰か一人に愛情を掛けるのではなく、その仲間内の連帯感に恋い焦がれていたのだった。専門学校に入って、そういう意味での初めてのお付き合いを経験したが、それはどこか味気ないものだった。普通に恋愛できないのでは、と思い込み、落ち込んだそうだ。

だから、Mさんに感じた一目惚れのような感覚、実際には違うのかもしれないが、ゆりなにとってはそれがまさに恋愛感情の初体験だった。その話を聞いた彼氏は、多少納得のいかない顔をしたが、ゆりなの変わった性格からすればうなずける話ではあった。いずれにしろ、ゆりなの中で愛情は歪んだ形で育まれていて、それに見合うピースは柔らかな女性の中にあった、ということなのだろうか。

話の最後に、Mさんはゆりなにこう尋ねた。ゆりなにとってセックスってどういう意味があるの?と問われて、彼女は暫く考え込んだ。無くてはならないものだけど、特別なモノでもない、と自分に確認するようにゆりなは応えた。恋愛ともちょっとズレているかも、と付け加えたところに、彼女の業の深さをMさんは見た気がした。しかし、Mさんにとっても、そのゆりなの答えは、セックス観を余すところなく表現していたのだった。




ふうらい姉妹 マンコ・ナメナハーレ 身体をまさぐる裏ビデオ 無修整







スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント

管理者にだけ表示を許可する