FC2ブログ

Honey, Where You Going

2016.08.24.Wed.00:19

女を奪った男がいないとき、やはり水泳の練習後に集まった部屋で、ゆりなは初めて自分の初体験が、既に仲間内に知れ渡っている事を知った。気がつくと数人のグループの中に女はゆりなだけで、それは珍しいことではなかったのだが、なにがしかの意図が働いている予感はしていた。ただ、周囲には同い年の男の子達ばかりで、いくらか気が緩んでいたのも事実だった。

無理矢理とまでは云わないまでも、半ば強引に関係を迫られ、ゆりなはそれを許してしまった。しかも、いきなり複数の男達を相手にする事になったのだ。それは、Mさんが仕組まれた3Pに追い込まれたのよりもずっと稚拙で力任せだったが、なし崩しに経験をしてしまった事実は似ていた。ゆりな自身にも好奇心があり、巻き込まれるような格好で、その欲望を満たしていたのも同じだった。

技術は拙い代わりに、知識だけは豊富なのは、そこにいる男達もゆりなも同じだった。半ば実験のように、男達の手はゆりなを裸にして、様々な格好をとらせた。射精する事が目的ではなく、まるでプロレスの技を試すような具合にも見えなくもなかった。その部屋の住人は、机の引き出しの奥から隠していたエロ本を持ち出して、そのグラビアと同じ格好をさせたりした。

男達は皆童貞だったが、そうやって遊びの延長のようにしてゆりなを相手に経験を済ませた。もちろん、最初の一度で興味が尽きる事はなく、それからことある毎に青い乱交パーティーが繰り広げられた。男達は入れ替わっていたがその中心には、いつもゆりながいた。一度大きな壁を乗り越えると、ゆりなも男達も欲望の赴くまま、身体を寄せ合って思いを遂げていたのだった。




ふうらい姉妹 マンコ・ナメナハーレ 身体をまさぐる裏ビデオ 無修整






スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する