FC2ブログ

Honest I Do

2016.08.22.Mon.23:27

休みなどの長い休みになると、強い選手は遠征や記録会で忙しいものだが、ゆりな達はいつもの練習が終わると予定もなく、その仲間達と連んでいる事が多かった。十代になる頃には、それが当たり前になっていて、そのメンバーの内の一人の部屋に、スクールの後に集まる事が普通になっていた。いわばその部屋が、彼女たちのたまり場になっていたのだった。

マンガを読んだり、ゲームをしたり、水泳を離れればごく一般的な学生と変わらなかったが、その仲間に年齢のばらつきがある、というのが時々おかしな方向に実を結ぶ事があった。お互いティーンズという思春期真っ直中、そして男女の別なく、水泳をやっているというだけの繋がりで一緒にいるのだから、自ずと何事か起こりそうな要因は元から孕んでいたのだ。

時にそれは、思春期特有の性的好奇心が突出する事もある。年頃の好奇心が、その欲望の行き先を身近なところに求めるのは、致し方がない事だったのかもしれない。特に男はその辺のコントロールをまだ上手くこなせていない時期だし、その中にいるゆりな自身も、興味がないわけではなかった。というよりも、いくらか強い好奇心を持っていたのだった。

加えて、ゆりなはその仲間の中の男子高校生の一人に憧れを抱いていた。その男に誘われれば、拒否するいわれはない。それが恋愛感情というものよりは、興味の方がいささか強く、性欲の行き場だけを求めていたとしても、当時のゆりなにそれがわかるはずもない。当のゆりなにしても、果たしてその憧れが、性欲抜きだったかどうかは怪しいところで、そのことと恋愛感情の区別も、まだはっきりとはしていなかったのだ。




もうお嫁に行けないリベンジポルノ もう外を歩けないリベンジポルノ 誰が見ているか分からないリベンジポルノ びっちゃびちゃお姉さん




アダルト無修正動画 もうお嫁に行けないリベンジポルノ もう外を歩けないリベンジポルノ 誰が見ているか分からないリベンジポルノ びっちゃびちゃお姉さん



スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント

管理者にだけ表示を許可する