FC2ブログ

Boogie In The Dark

2016.08.19.Fri.21:48

つ事に関しては、若い大学生の二人は申し分なかったが、その若さ故に射精も早かった。それに加えて自己中心的な部分が挿入を果たしたのを境にあからさまになり、とにかく挿れては射精し、交代してまた射精する、という事を繰り返した。身体がおかしくなるんじゃないか、というぐらい飽きずにそれを繰り返し、外が白み始めるまでMさんに絡みついてきた。

一方のMさんは、ひたすら男達を受け入れるばかりで、結局一度も絶頂に追いやられる事なく、その交わりを終えた。二人がやっとMさんを介抱してシャワーを浴びたとき、身体がすっかり疲労に囚われた中で、せめてオナニーして自分を慰める以外に方法はなかった。それでも好奇心はある程度満たされたし、様々な勃起に触れる経験を積んだだけで満足する事にした。確実に快楽をもたらしてくれるものを、しっかりとつなぎ止めているのは、そういう時には心強いものだった。

そうやって関係に嵌まる形で3Pを経験させられた事を、ゆりなとその彼氏がセックスをしているのを見ていて思いだしたのだった。ゆりなに、3Pはその時初めてですか、と訊かれて思わず言葉を濁したが、今の自分も半ばゆりな達の計画の渦中にまんまと嵌まっているのだと確信した。あの時と同様、強い欲望のまではMさんはいつも寄り添う結果になってしまうのだ。

ゆりなは、話を聞いているウチに興奮してきた、といって彼氏にクンニを強要し、Mさんの話の最後の方はオマンコを舐められながら聞いていた。その様子を見ながら話を終えたMさんは、若さゆえ、という自分の大学時代とゆりなを重ね合わせていた。同じくらいに肉欲の虜になっていたが、ゆりなは更にもっとディープに欲望に忠実な気がした。あなたはどうなの?と当然のように聞き返したMさんに、ゆりなはウフフ、と意味深な笑いを返して、聞きたいですか?Mさんを見つめてきた。




もうお嫁に行けないリベンジポルノ もう外を歩けないリベンジポルノ 誰が見ているか分からないリベンジポルノ びっちゃびちゃお姉さん




山本雪乃 清水富美加 塩ノ谷早弥香 吉田真花 花乃まりあ 仙道さおり 原元美紀 小室淑恵 管加奈 細田博子 大城和恵 川内優子


スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する