FC2ブログ

EXP

2016.08.09.Tue.04:05

泳から意識は随分と離れてはいたが、部活動は相変わらず続けており、そのためにMさんの股間は一応の処理がなされていた。水着からはみ出さない程度に陰毛が剃られていたのだが、それほど大胆ではなく、見た目には普通にオマンコ周辺を毛が覆っていた。その頃はまだ競泳水着もハイレグではなく、それもデザインよりは機能重視だったので、最低限の剃毛で事足りたのだ。

それを掻き分けるようにして妃裂の肉を左右に開くと、ピンク色の内襞が鮮やかに見えていた。僅かな刺激に大げさにその襞は蠢きを繰り返すのを、男は目の当たりにしていた。同様に、見学者になってしまった饒舌男も、持ち前の口はなりを潜めてひたすら息をのんで、その光景を見ていた。Mさんのオマンコが露わになると、もうそれ以上我慢が効かなくなったのか、ひたすら自らの勃起を扱くことを止めなかった。

そして、それはあっけなく終わりを迎えた。ダメだ、とやっと饒舌男が声を出したので、それまで一心不乱にシックスナインの口戯に専念していた集中が途切れた。Mさんが声のした方を見やったとき、もう勃起の先端にティッシュが包まれていた。視界の端に捉えただけで、その勃起が痙攣を繰り返しているのがよく分かった。大きく撓る勃起をティッシュを押しつける手で必死で押さえ込んでいるように見えた。

名残を惜しむように勃起を撫でていた饒舌男の手が止まると、ばつが悪そうに苦笑いした。Mさんの股間から上を見上げるようにして饒舌男を見た男は、多少非難を込めてもうちょっと我慢しろよ、と言った。その言葉はいくらか意味深だったが、Mさんは気づかなかった。それでも、自分の恥ずかしい姿にこらえきれないほどの興奮を感じてもらったことを、Mさんは密かに喜んだ。その頃、そうやって誰かに自分を注目されるのが、快感に変わり始めていたのだった。




美少女電磁波倶楽部 長瀬千加 保里小百合 水野真由美 大山愛茜 青山真理




山本雪乃 桜庭ななみ 藤岡友香 風俗勤務 宮田聡子 佐藤はな


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント

管理者にだけ表示を許可する