FC2ブログ

Still They Ride

2017.01.31.Tue.02:07
 

を外したOが戻ってきて再び席に座るところで、やっとMさんは窓から視線を反らせた。横を向くと、こちらを向いているOの顔の半分が夕日に照らされている。Mさんはつい、見つめてしまって慌てて苦笑しながら視線をまた反らした。その頬にOの手が宛がわれ、唇を押しつけてきた。Mさんもそれに応えた。少し長いキスを交わしてから、ようやくOの手がMさんの腰に伸びてきた。

その日Mさんは膝より少し長い丈の紺色のスカートに、上は長袖の白シャツに黒カーディガンを羽織っていた。日曜日のスポーツクラブの仕事は、教室の手伝いに回ることが多い。だから、着替えがスムーズに済むようにラフな格好で出かけるのだ。普段はもう少し、かっちりとしたスーツを着ることもあるが、くだけているようで一応、失礼にならない装いになると、だいたい色で気を遣う。もっとも、クラブに出れば、ユニフォームか水着に着替えてしまうことが多いので、あまり拘る必要はないのだが。

そのカーディガンの裾をまくるようにして、Oの手が腰に巻き付き、自分の方へ引き寄せた。キャスターのついた椅子は簡単に距離を縮めた。椅子同士がくっついてもOは更にMさんを引き寄せた。自然とMさんは椅子から滑るように離れてしまう。立ち上がろうとするMさんを、Oは足を開いてその間に座らせた。静まりかえった事務所に、お互いの衣服の擦れ合う音が小さく響いていた。

彼の意図を察したMさんはその場にしゃがみ込んで、開いた股間へと潜り込んだ。そこから顔を上げて、まだ明るいのに、といくらか不安げな顔をして見せた。このまま暗くなるのを待つか、部屋に戻るかした方が良いと、Mさんは思っていた。事務所の駐車場に着いた時、意外に明るい事に、前回のめくるめく時間を再現するのは無理だろう、と諦めていたのだ。もちろん、いくらか期待はしていたのだが、やはり明るい時間の仕事場は、あまりにも背徳が過ぎる気がしていた。




長澤まさみ 山本雪乃 高橋佳子 分山貴美子 島崎遥香 深沢潮 石浦宇良 柴田智子 羽田美智子 松井雪子 梯久美子 鶴田紗恵 深美せりな 竹内明日香 吉田真花 喜田若菜 寺本わかば しらいのりこ 鈴木博美 斉藤恵美子 角田智世 白色優奈 橋本綾 石田純子






スポンサーサイト
[PR]

Cherry Red Wine

2017.01.30.Mon.18:58
 

事の話をほとんど交わしたことのない二人だったが、さすがに事務所の中ではそれが中心になる。詳しい内容を持ち出しても共通項がないだけに、まったく意味はなかったが、休日出勤を強いられた理由だけはMさんも聞く耳を持っていた。ある程度の愚痴になるのを覚悟で、しばらくはOがまくし立てるのをMさんは黙って聞いていた。半分ほども意味は分からなかったが、ただ、Mさんは曖昧に頷いていた。

陽の光が入ってくるだけ、オフィスビルの前には遮るものがなく、街の風景を俯瞰するように見渡せた。市内中心部と言っても、高層ビル群が連なっているわけではなかった。商店やマンションが混在しているような雑多な街で、人はそこに詰め込まれるように住まっていたが、都会を感じさせるようなモノはほとんどなかった。おかげで、Oのいる事務所の窓からは、夕日に沈む街の姿が一望できていた。

見晴らしが良いというわけではないが、普段は見慣れない風景だった。忙しさにかまけてせっかく新しい土地に移ってきたのに、地元を愛でるような観光をしたことがない。仕事場と部屋の行き来が主で、後はその往来の途中に何があるかを把握しているだけだった。しかし、MさんもOも仕事で相手にするのは、地元に住んでいる人間が中心で、話がすれ違ってしまうことも時々あった。

だからというわけではないが、Oの愚痴が一段落すると、Mさんはブラインドを上げた窓から夕日が沈む光景を眺めていた。随分傾いているが、まだ直ぐには落ちそうな気配はない。沈黙が訪れ、Mさんは椅子を回していよいよ窓の外の景色に見入った。その傍らでOが立ち上がって席を離れた。それでも、Mさんはしばし、夕日を眩しそうに見つめながら、身体に溜まっていた澱のような疲労が溶けていく時間を味わっていた。




美和 岩本愛弓 藤本渚 市場和子 石丸裕美 佐々木千恵子 堂山里美 八木香里 立花律子 奥田麻衣 小池よう子 森さくら 山田由美子 高橋史 里見咲紀 白鳥リン 常岡優恭世 長野由美 吉田由美 安丸千加 三森かおり 岩立友紀子 高木亜里彩 吉川郁子




文枝 リベンジポルノ 丸出し エレクラスタジオ simutrans クリスマス サンタさんM女の自覚 av ブログ レビュー YMO シンセ msqs キラキラ ギター カラーボックス openload 高知 素人 boss gx-700 音切れ エレクラ 倉庫 k-garage テレキャスター レヴュー k garage テレキャスター 音



Walking Away

2017.01.29.Sun.10:11
 

回とは打って変わってMさんが事務所に到着したのは、まだ日の落ちきっていない時間だった。前回遠野時用に迎えに来たOと連れ添って歩く休日のオフィス・ビルには人影は少なかったが、全くないわけではなかった。しかし、Oの職場のあるフロアまで行くと、彼以外に誰も居なかった。そういうことは珍しいんだけど、と云いながら、その言葉を証明する役が自分に回ってきたのだと気づいてOは苦笑した。

窓にかかったブラインドを半分は閉めて、Oの持ち場である机の周辺だけを明るく照らすように施されていた。陽はだいぶ傾いていたが、その分暖色の陽光が、事務所の一角を浮かび上がらせていた。Oは決まり切った動作のように自分の机の前に座り、Mさんに隣の椅子を勧めた。何か飲む?Oが腰を浮かしかけたのを押しとどめて、Mさんは手に持ったトートバッグから、コンビニの袋を取り出した。

ビニール袋にはまた、栄養ドリンクが入っていて、Mさんはお疲れ様、と云ってそれをOに手渡した。ロング缶のそれは、栄養ドリンクの中でも強力だと話題になっていたもので、その地方では最近店頭に並ぶようになったばかりだった。物珍しさと、Mさんの心遣いに笑顔を見せながら、Oはプルトップを空けて口を付けた。喉に流し込みながら、果たしてコレは何処が元気になるのだろう、などと彼は考えていた。

暫く、他愛のない会話を交わしていた。時間をつぶすつもりはなかったが、元々逢う予定がなかった時間だけに、いくらか持て余していたのも事実だった。部屋に帰っても一人分で適当に済ませる用意しかしておらず、Oを迎え入れるにはいくらか散らかっていた。半同棲のようなものでも、その辺の気遣いをMさんは怠ることはなかった。結局は、部屋に帰ることになるにしても、直ぐに帰るのはどこかしっくりといかない気分が漂っていたのだった。




美和 岩本愛弓 藤本渚 市場和子 石丸裕美 佐々木千恵子 堂山里美 八木香里 立花律子 奥田麻衣 小池よう子 森さくら 山田由美子 高橋史 里見咲紀 白鳥リン 常岡優恭世 長野由美 吉田由美 安丸千加 三森かおり 岩立友紀子 高木亜里彩 吉川郁子




文枝 リベンジポルノ 丸出し エレクラスタジオ simutrans クリスマス サンタさんM女の自覚 av ブログ レビュー YMO シンセ msqs キラキラ ギター カラーボックス openload 高知 素人 boss gx-700 音切れ エレクラ 倉庫 k-garage テレキャスター レヴュー k garage テレキャスター 音



Angel of Mercy

2017.01.28.Sat.12:10
 

痴を言うOを見る機会はMさんはあまりない。そういう繋がりではないことが根底にあって、現地妻としてほぼ一緒に住んでいても、家庭臭が漂うのをMさんが嫌っていたのだ。しかし、時間が経つにつれてその縛りも緩み始め、それがマンネリに拍車をかけていたという側面もある。だから、日曜の夕刻が近づく時間に、Oのそういう態度にMさんは辟易した。誰かの代わりを、つい意識してしまう。

だがもちろん、Oが望んでいたのはそれだけではない。というよりも、不意に訪れたチャンスと彼は捉えていた。日曜日にオフィスに近づくモノはほとんど居ない。もう夕方でこれ以降の訪問者も想定できない。つまり、先日の再現をするのに絶好の時間が、こんなにも早く訪れた、と彼は内心喜んでいたのだ。愚痴を云うのはいわば言い訳のようなもので、やはりそれもOの本意では無かった。

それでも仕事の話題にいらぬ愚痴を披露してしまったのには幾らか後悔した。それもあって、続く話題にはちゃんと口調を変えてOMさんを誘った。いつもは電車で帰宅するOは、Mさんに迎えに来てくれないか、という風にして事務所に来るように仕向けたのだ。当然Mさんも、その意図を察したが、彼女自身まったく準備をしていなかった。先日のように、下着を着けず、いつでも繋がれるようなワンピースを身につけてもいなかった。

それでも、Oに誘われれば断る理由はなかった。ちょうど仕事場の駐車場からクルマを出すタイミングだった。狙い澄ましたようなそのメールは、ちゃんとOの意図が働いているに違いなかった。了解する旨の返事をして、Mさんはクルマを郊外の自分の部屋ではなく、市街中心部へと向けた。日曜の午後に中心部へと向かう道は、結構な混雑だった。その間にも、Mさんは先日の光景がオーバーラップする。その想像に胸を熱くしながら、徐々に濡れ始めているのを自覚していた。




美和 岩本愛弓 藤本渚 市場和子 石丸裕美 佐々木千恵子 堂山里美 八木香里 立花律子 奥田麻衣 小池よう子 森さくら 山田由美子 高橋史 里見咲紀 白鳥リン 常岡優恭世 長野由美 吉田由美 安丸千加 三森かおり 岩立友紀子 高木亜里彩 吉川郁子




1919gogo.com 美和 岩本愛弓 藤本渚 市場和子 石丸裕美 佐々木千恵子 堂山里美 八木香里 立花律子 奥田麻衣 小池よう子 森さくら 山田由美子 高橋史 里見咲紀 白鳥リン 常岡優恭世 長野由美 吉田由美 安丸千加 三森かおり 岩立友紀子 高木亜里彩 吉川郁子


Second Guessing

2017.01.27.Fri.08:34
 

日の土曜日からOの元には妻が子供を連れて訪れていた。その前の数日、一時的にOは自分の部屋に通って、その場所に留まり続けていることを演出しなければならなかった。当然、Mさんは孤独を強いられる結果になったのだが、ちょうど良い息抜きの時間と割り切っていた。時期的に、そろそろDさんがアナルセックスを見せつけられて本気で、Mさんに嫉妬を覚える頃で、そちらの方へ意識も移っていた頃だった。

それでも、日常そこにあるはずのものがない寂しさは、漠然とではあっても存在していて、中途半端に孤独を感じながらMさんは週末を過ごしていたのだ。それを紛らわすために日曜出勤を設定したのだけれど、そこに届いたのが予期せぬOからのメールだった。子供達を連れてくる、という予定も突然に決まったことだったが、そういう意味ではスケジュールというものがすっかり、行き当たりばったりになってしまっていたのだ。

Oのメールは、彼の職場から送られてきていた。暫くお互いに距離が出来ることを予感したような、濃厚なセックスを繰り広げたあのオフィスに、その時間Oが居るのは不自然だった。折り返しMさんがコールすると、最初は不満げな口調でその顛末を語った。簡単に言えば、仕事上のトラブルを上司に押しつけられた、ということなのだが、直接の担当であるOは断り切れなかったらしい。

ゴルフのコンペの途中で抜けられない、という上司に辟易しながらも、子供達が会いに来ているというのは言い訳にならなかった。何とか昼食まで引っ張って、妻達が帰宅する車で事務所まで送ってもらった、ということを、Oはまくし立てた。結局、トラブルはそう深刻なものでもなく、事務所から電話連絡して、ネットを介した操作で事なきを得たのだが、やはり中途半端に不満だけが残り、その愚痴をMさんに聞いてもらおう、という魂胆だった。




美和 岩本愛弓 藤本渚 市場和子 石丸裕美 佐々木千恵子 堂山里美 八木香里 立花律子 奥田麻衣 小池よう子 森さくら 山田由美子 高橋史 里見咲紀 白鳥リン 常岡優恭世 長野由美 吉田由美 安丸千加 三森かおり 岩立友紀子 高木亜里彩 吉川郁子




文枝 リベンジポルノ 丸出し エレクラスタジオ simutrans クリスマス サンタさんM女の自覚 av ブログ レビュー YMO シンセ msqs キラキラ ギター カラーボックス openload 高知 素人 boss gx-700 音切れ エレクラ 倉庫 k-garage テレキャスター レヴュー k garage テレキャスター 音



Breakin' Me

2017.01.26.Thu.04:57
 

き放った欲精が尽きた頃に、ようやくOMさんを抱えたままソファへと腰を下ろした。余韻はまだ続いており、二人は唇を求め合うことでそのことを確認し合った。自分を取り戻したのはやはりOの方が先で、仕事を終わらせておいて良かった、と冗談めかしてMさんの耳元に囁いた。ズボン汚しちゃったわね、とMさんはそれに応えた。自分から溢れた精液混じりの蜜が、そのまま流れ出しているのを自覚していたのだ。

直ぐには動けないよ、と何か諦めたような口ぶりでOは言ったが、そう長居をしていられる場所ではないことを、思い出していた。セックスをしていること自体、どこか背徳感に塗れていて、それはかつて私の部屋で当時の恋人である私の目を盗んでセックスしていた時とは、比べものにならなかった。だがそれだけに、二人に訪れた快感の深さはひとしおで、また忘れることが出来ない体験になったのだ。

性の貪欲さで繋がったような二人が、そのまま終わるはずはない。そうやって、新たな快感の火種を見つけた二人が、簡単に一度の体験で済むはずがなかったのだ。ましてや二人の間にはマンネリの風が吹き抜けていた頃だ。よりいっそう、宝物のありかに執着するのは仕方がないことでもあった。より深い刺激を得られると判った日から、そこはもう二人のプレイスポットに成り代わっていた。

しかも、その時は直ぐにやってきた。それから十日ほどした後の日曜日、仕事を終えたMさんの元に、Oからメールが入っていた。Mさんはその頃、月に一度は日曜日の出勤があり、ちょうどその日がそうだった。その日は、Oの元に家族が訪れることになっていて、逢えないその日にMさんも日曜出勤を宛がっていたのだ。だから、夕刻とは言え、Oからのメールが届いたことに、いくらか驚き、また何かしらを期待させる予感に胸を高鳴らせたのだった。




美和 岩本愛弓 藤本渚 市場和子 石丸裕美 佐々木千恵子 堂山里美 八木香里 立花律子 奥田麻衣 小池よう子 森さくら 山田由美子 高橋史 里見咲紀 白鳥リン 常岡優恭世 長野由美 吉田由美 安丸千加 三森かおり 岩立友紀子 高木亜里彩 吉川郁子




文枝 リベンジポルノ 丸出し エレクラスタジオ simutrans クリスマス サンタさんM女の自覚 av ブログ レビュー YMO シンセ msqs キラキラ ギター カラーボックス openload 高知 素人 boss gx-700 音切れ エレクラ 倉庫 k-garage テレキャスター レヴュー k garage テレキャスター 音


Before You Hit the Ground

2017.01.25.Wed.05:25
 

を着いてMさんが手の入る隙間を作ると、Oの手は布地越しにしっかりと乳房を掴んだ。それを引き寄せるように、更に腰の動きが激しくなった。Mさんが身を任せると、自然に上半身が起きてきた。やがてはテーブルに手を着いて顔を上げる。まっすぐ突き入れてきていたものが、下から抉るような動きに変わる。Mさんはまさに突き上げられてつま先立ちになっていた。その足も、興奮に小刻みに震えていた。

不安定な身体をOと繋がっている部分で支えるように身を任せると、それはMさんにも滅多にない経験だったが、あっという間に彼女自身が一気に絶頂へと駆け上がり始めた。快感が凝縮して背筋を貫く、その一瞬だけで、身体の全ての細胞が震えだしそうなほどの淫楽の頂点が見えてきたのだ。下腹部の中が下へ下へと動くのが分かり、自分でも不思議なくらい勃起を喰い絞めているのを自覚した。

Mさんの喘ぎに重なるように、Oの呻きが聞こえた。何かに取り憑かれたような、獣のような突き上げが更に深くMさんを抉ってきた。そして、それが何かの一点に触れるような感触が、二人共に訪れた。それは肉の感触や、何か物理的なものではなく、もっと感覚の結節点のような気がしたが、はっきりとは二人には分からなかった。だが、その実感は共有され、同時に二人共が頂点を極めていた。

Mさんの中が収縮して全身に快感を満たした隙間をこじ開けるように、Oの放った熱い精液が吹き上がった。お互いの体液が混ざり合って、Mさんの中で凝縮しOの勃起に絡みつく。二人は一緒になって硬直し、続いて蕩けるような弛緩に襲われた。だが直ぐに勃起が痙攣をし、新たな精液を放つ。それに煽られてMさんも全身を震わせて快感を漲らせた。その同時体験ともいうべき快感の渦は、消えないのではないかと思うぐらいに長く、二人を捉えて放さなかった。




美和 岩本愛弓 藤本渚 市場和子 石丸裕美 佐々木千恵子 堂山里美 八木香里 立花律子 奥田麻衣 小池よう子 森さくら 山田由美子 高橋史 里見咲紀 白鳥リン 常岡優恭世 長野由美 吉田由美 安丸千加 三森かおり 岩立友紀子 高木亜里彩 吉川郁子




文枝 リベンジポルノ 丸出し エレクラスタジオ simutrans クリスマス サンタさんM女の自覚 av ブログ レビュー YMO シンセ msqs キラキラ ギター カラーボックス openload 高知 素人 boss gx-700 音切れ エレクラ 倉庫 k-garage テレキャスター レヴュー k garage テレキャスター 音