FC2ブログ

Be Careful With a Fool

2016.12.31.Sat.00:20
 

勤の話と結婚の話を一通り関係者には伝えて、一段落した頃に、ゆりながMさんにこれからのこととして、ある秘密を打ち明けた。出張から帰って以来、ゆりなはずっとMさんの部屋に入り浸っていて、毎晩のようにMさんを求めてきた。珍しく男を介さないで、二人きりで慰め合う時間をゆりなは欲していた。時間の許す限りMさんもそれに応えたが、ゆりなの若さに着いていくのは相当な労力がいった。

その中でゆりなは、実は、と改まってあるホームページをMさんに見せた。そのサイトはいわゆる画像掲示板と呼ばれる物で、海外で運営されている英語表記のサイトだった。トップページには海外のサイトらしく無修正のモデルのヌードが掲示されていた。Mさんはそういうサイトを見るのは初めてではないが、そう頻繁ではない。当然そんな掲示板にも慣れておらず、ただ、ゆりなが操作するのを傍らから見ているだけだった。

掲示板は細かくカテゴリーに分かれていて、かなりマニアックそうな単語が並んでいた。Mさん自身何のことだか分からないような単語もたくさん並んでいる。日本語なのか、違う国の言葉なのかすらも曖昧だ。その中で、ASIAという単語をゆりなはクリックした。現れたのは画像とキャプションがずらりと並んだいわゆる掲示板で、アダルトではないもので似たような処はMさんも見たことがあった。

ブラウザをスクロールしていくと、程なくあるスレッドに辿り着いた。そこの画像に写っていたのがゆりなだった。彼女が足を大きく開いて、自ら妃裂を指で押し広げている姿が映っている。次のレスにはその広げた部分がアップになっていた。キャプションは英語で直ぐにはMさんには読めなかったが、Yurinaという表記だけは確認できた。そこから更にスクロールしていくと、次々と彼女の卑猥なポーズが現れてきたのだった。




大友花恵 森香澄 永池美月 藤重圭宮 原知子 地曳いく子 南谷真鈴 戸田千 深緑野分 斉藤ヌールハンゆき 高島由稀 清宮美稚子 谷口木葉 小林果布 佐藤杏樹 腰山あいら 小幡桃子 菊地奈美 岡崎心愛 簗田紗良 高瀬詞音







スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

Back Door Friend

2016.12.30.Fri.16:03
 

々はゆりなもMさんがこれから帰る場所にいたのであって、それは彼女自身の意思だったとはいえ、Mさんを追いかけて転居してきたのだ。それが一年と少ししてまた離ればなれになるというのは、皮肉な運命であった。せっかくここまで親密になれたのに、と自らの決断を悔いてはいないが、Mさんの未来に自分が関われなくなったことを残念がっていた。涙をうっすらと浮かべて、それでもゆりなは彼女を祝福した。

Dさんとの結婚も含めて、帰郷する判断にゆりなのことを考えなかったわけではないMさんだったが、一方で彼女がもたらした深夜のクラブでの乱痴気騒ぎが、転勤の後押しをしたことも否めない。ゆりな自身に何の恨みもないが、彼女がもたらした物はMさんの肩には重すぎたのだ。もう十年若ければ、とそう考えなくもないが、それだからこそ、自分は落ち着く場所を無意識に求めていたのだとも思う。

しかし、Dさんと結婚することになっても、結局のところやっていることはそう変わらないだろうという確信はあった。金銭のやりとりはさすがにないだろうが、二人で結婚の話をした時にDさんが語ったセックスに関する未来は、今までと変わらず、よりいっそう猥らに深まっていきそうだった。冗談めかし、Mさんに人妻というブランドが加わるんだ、とDさんは言ったが、それから連想するプレイも、当然彼の中にあるのだろう。

その中にゆりなが関わる可能性は少ないけれど、Mさんの方でも彼女との関係が切れてしまうのは本意ではなかった。高速を飛ばせば数時間で辿り着く場所だから、いつでも会えるわよ、とゆりなを慰めたが、あまり彼女は納得しなかった。転勤願いを出します、と最後には言い出したのをMさんも止めはしなかったが、実際ゆりなが抱えている教室はなかなか代替が効きそうにない。叶ったとしても随分先の話だろうな、というのはお互いに分かっていたことだった。




大友花恵 森香澄 永池美月 藤重圭宮 原知子 地曳いく子 南谷真鈴 戸田千 深緑野分 斉藤ヌールハンゆき 高島由稀 清宮美稚子 谷口木葉 小林果布 佐藤杏樹 腰山あいら 小幡桃子 菊地奈美 岡崎心愛 簗田紗良 高瀬詞音




大友花恵 森香澄 永池美月 藤重圭宮 原知子 地曳いく子 南谷真鈴 戸田千 深緑野分 斉藤ヌールハンゆき 高島由稀 清宮美稚子 谷口木葉 小林果布 佐藤杏樹 腰山あいら 小幡桃子 菊地奈美 岡崎心愛 簗田紗良 高瀬詞音



I'm Yours and I'm Here

2016.12.29.Thu.13:48
 

意に出た涙にMさん自身で驚いたのだが、Dさんが受け止めてくれるという事実に、それは素直に嬉しいという感情だったのだろう、と受け入れた。積極的に結婚を肯定する理由はないけれど、無碍に断るほどDさんとの関係は希薄ではなかった。もし今、自分の周囲の人間の中で、結婚という形式がしっくりくるのはやはりDさんである、とMさんはその時自覚したのだった。

Dさん自身、もう子供が欲しいという願望はない、と断言した。一方で、では快楽を追求することは、夫婦という形では制約が課せられる心配はあった。今の関係がもたらす自由を、Mさん自身は手放す気はなかったのだ。その点に関しては、Dさんは今まで通り、と断言し、夫婦だから許されることもたくさんあるはずだ、と付け加えた。具体的に、DさんはいわばMさんに男を宛がうという形を、手放す気はなかった。

セックスの相性というより、性癖にまで踏み込んで、二人はパートナーとしては最適だった、という結論になる。逆にだからこそ、形式でそれを証明するのも悪くない、とMさんは考えた。しかし、その時に即答は避けた。一抹の不安のような物が、彼女の胸に去来したからで、それはDさんも予想していた。実際にMさんが帰ってくるのにはまだ数ヶ月の余裕があった。

何れの結果を生むにしても、Mさんは帰郷をその場で決め、その際にはDさんの自宅へ戻るという約束をした。翌日出張から帰って直ぐに、転勤を受け入れる旨を責任者に告げて、Mさんはまた引っ越しの準備に追われることになった。引き継ぎをして、部屋を整理して、人間関係に一区切りを着けて、また新たな気持ちで春を迎えるのだ。そのMさんの今後を、誰よりも先にゆりなに告げた。ゆりなはその決定にひどく残念な表情を見せたが、プロポーズされたという話を持ち出すと、一転Mさんを祝福したのだった。




大友花恵 森香澄 永池美月 藤重圭宮 原知子 地曳いく子 南谷真鈴 戸田千 深緑野分 斉藤ヌールハンゆき 高島由稀 清宮美稚子 谷口木葉 小林果布 佐藤杏樹 腰山あいら 小幡桃子 菊地奈美 岡崎心愛 簗田紗良 高瀬詞音




日テレのインタビューを受けた美女がAV女優だった事が発覚! 大友花恵 森香澄 永池美月 藤重圭宮 原知子 地曳いく子 南谷真鈴 戸田千 深緑野分 斉藤ヌールハンゆき 高島由稀 清宮美稚子 谷口木葉 小林果布 佐藤杏樹 腰山あいら 小幡桃子 菊地奈美 岡崎心愛 簗田紗良 高瀬詞音



I'll Drown in My Own Tears

2016.12.28.Wed.11:52
 

婚という物をMさんが意識することは二十代の頃、タケシと付き合っている間にはよく考えた。このまま納まるところに納まって、という当たり前の中に埋没していくような感覚だったのだが、それは結局潰えた。願望というものがあるならば、しばらくは持ち続けることが出来ていたが、いつしか薄れてきていたのは確かだった。それは普通の女性からすると、かなり早い段階で強く望むことを捨てていた気もする。

私との付き合いの間、結婚の話が出てこなかったわけではないが、お互いに積極的ではなかった。私自身、家庭という物の想像が今ひとつピントが合わないところがあったし、Mさん自身にその願望がない、というのが大きな理由だった。しかし、やはり年齢的なものから思い描く未来には当然結婚という帰結は考えることは出来た。今となっては、果たしてMさんが何を求めていたのかは私は結局良く分からないで終わった。

その真相は、と言えば端的に言ってしまえば、結婚がもたらす責任よりは、セックスさえ出来ていれば、特定の誰かと約束をするということ自体が、不毛なことにMさんには思えていた、ということだ。根本には、子供を持ちたいという願望が極端に薄い、というのがあるのだろう。そういう意味で、私とは共通認識があったのだが、それならばやはり、結婚という形式に拘る必要はなかったのだ。

そういうことを、Dさんは知っているはずで、それでも結婚という形を望むのは、よほどのことだろう、とMさんは思った。正直、嬉しいという感覚よりも、そういう帰結がまるで以前から用意されていたように、当然のことのような感触をMさんは持ったのだ。それは不思議と、身体の関係以外の処で繋がりあっている、少なくともMさんについてのほとんどはDさんに知られている、というような共感のような物に近い感覚が、Mさんにはとても肯定的に沸き起こっていたのだった。




大友花恵 森香澄 永池美月 藤重圭宮 原知子 地曳いく子 南谷真鈴 戸田千 深緑野分 斉藤ヌールハンゆき 高島由稀 清宮美稚子 谷口木葉 小林果布 佐藤杏樹 腰山あいら 小幡桃子 菊地奈美 岡崎心愛 簗田紗良 高瀬詞音




借金妻2 夫には言えない私の秘密。 大友花恵 森香澄 永池美月 藤重圭宮 原知子 地曳いく子 南谷真鈴 戸田千 深緑野分 斉藤ヌールハンゆき 高島由稀 清宮美稚子 谷口木葉 小林果布 佐藤杏樹 腰山あいら 小幡桃子 菊地奈美 岡崎心愛 簗田紗良 高瀬詞音



Mean Mistreater

2016.12.27.Tue.12:15
 

れた表情のDさんをみるのはMさんは初めてで、しかし彼は真剣だった。ワインをあおって緊張を反らしながら、Dさんは自分のプロポーズについて説明を始めた。こちらに帰ってくるのなら、良い機会だから、という無粋な話を最初に持ち出したのは、まさにDさんの照れ隠しに違いなかったが、そこまで思いを押し詰めた何かは、やはり二人の間に物理的な距離が出来たことだった。

そして、Oに許したアナルセックスのシーンを目の当たりにして、自分の思いに気がついた、というのだ。正直にDさんはそれを嫉妬だと表現した。Mさんの部屋に仕込まれたウェブカメラを通じて、自分の手の届かないところで、他の男に最後の聖域を許した姿に、Dさんは激しく嫉妬したのだという。それが許されていたのは今まで自分だったはずなのに、という焦りが、彼を突き上げたのだ。

この家を作ったのも、その時の嫉妬心が生んだ結果でもある、とDさんは説明する。嫉妬が直ぐに、Mさんと一緒に居続けたい、という感覚に変わるのにはいくらかプロセスがあったが、ちょうど家を建てようという計画が持ち上がっていた時期でもあり、一人で住むようには設計しなかったと告白した。何とかして、Mさんを自分の元に連れ戻したい、とあれこれ考えを巡らしていたのだ。

そこにちょうどMさん自身の転勤の話が出てきた。Dさんはそのタイミングの良さに偶然とは思えない運命的な物を感じたのだった。結婚というような、体裁には拘らずに、関係は今のままで充分なのだが、今後これ以上の距離が出来ることはどうしても避けたい、というのが、Mさんにプロポーズした偽らざるDさんの気持ちだった。普通の夫婦、というような姿にはならないだろうけれど、と言い終えてDさんはやっと緊張の解けた笑顔になったが、Mさんも一緒にホッとしたような表情を浮かべた。




大友花恵 森香澄 永池美月 藤重圭宮 原知子 地曳いく子 南谷真鈴 戸田千 深緑野分 斉藤ヌールハンゆき 高島由稀 清宮美稚子 谷口木葉 小林果布 佐藤杏樹 腰山あいら 小幡桃子 菊地奈美 岡崎心愛 簗田紗良 高瀬詞音







All Your Love

2016.12.26.Mon.22:24
 

郷という形になると、当然住む場所を確保しなくてはならない。そのことも想定した上で、Mさんはほぼ地元に帰ってくることに決めていた。今いる職場に未練がないわけではなかったが、やはり気心の知れた場所の魅力は捨てがたい。既に数年経っているが街の姿は変わりなく、安心感というようなモノにMさんはちょうど飢えていたことに、その帰郷で気づかされたのだ。

そのMさんの背中をダメ押しするように、大きなサプライズが待っていた。出張の間投宿を許したDさんが、最後の日の夕食の後、Mさんを暖炉のある部屋に呼んだ。ワインを用意して、床に敷かれた絨毯に腰を下ろしていると、Mさんは不思議な既視感に囚われた。それが、あのDさんの別荘の一室とほとんど変わりないレイアウトで作られているのに気づくのに時間は掛からなかった。

思えば、亡くなった先輩との関わり以来、別荘には思い出が多い。彼の毎年の法要はあの別荘で執り行っていて、今でもそれを欠かしたことはない。Mさんも必ず顔を出し、一時先輩の思いにひたり、旧交を温め、そしてそこからまたいくつかの新たな繋がりが生まれていた。そこの中心にある部屋と似せた作りにしたのは、きっとDさんにも思い入れがあるということだろう。

実は前から考えていたことがあるんだ、とワインで乾杯した後にDさんは切り出した。いくらか彼の顔が緊張しているのに気づいて、Mさんは仄かな予感を抱いた。そして、その予感通り、DさんはMさんにプロポーズをしてきた。一緒にここで住まないか、という台詞で、DさんはMさんに思いを伝えた。直ぐにはMさんは返答できなかったが、なぜか、その言葉の予感とともに、それが一番収まりの良い結果のような感覚が沸き起こって、不思議と意外な感じがしなかったのだった。




桜庭ななみ 緒川たまき 小出沙弥果 森西恵理奈 池田佳代 明石理香 石原りんご 寒川沙羅 西尾晏佳里 西村美樹 坂本知恵里 佐藤久恵 飯田美彩 竹田阿子 温水ゆかり 高木美里 工藤清美 宮脇眞子 山上富美子 星川こあ 井上夏生 兵頭遥 森本早郁




M女の自覚 av ブログ レビュー YMO シンセ msqs キラキラ ギター カラーボックス openload 高知 素人 boss gx-700 音切れ エレクラ 倉庫 k-garage テレキャスター レヴュー k garage テレキャスター 音


Parchman Farm

2016.12.25.Sun.01:58
 

く地元で両親と住んだマンションは、もう引き払って他人の物になっていたが、Dさんの家はそこから小高い山を間に挟む形で直ぐ近くにあった。その小山というのが、地元では有名な観光地の一つで、あのOと初めてドライブに出かけ、それ以降の関係を構築する端緒となったあの展望台がある場所だった。Mさんのかつての地元は、どこにでもそんなセクシャルな思い出が潜んでいた。

市街の中心部に元々Dさんは住んでいたが、Mさんが留守にしている間に一軒家を建てて移り住んできた。Mさんの住んでいたマンションというのは偶然で、Dさんの親類が所有していた土地を譲ってもらったのが、偶々そこだったというだけだった。その偶然もDさんには何か運命的なモノを感じたのだった。しかし、その運命にMさんが気づくのはまだ少し先になる。

山を背にして登るように家屋が張り付いたような場所の中腹にDさんの自宅は建てられていた。東に面して開けていて朝日が自宅全体を照らす見晴らしの良い場所だった。少し降りていくと小山を周遊する道路があり、その向こうは入り江に面した漁港と個人の船舶を係留しておくマリーナがある。元々は漁師町で、そこから海へと向かう玄関口になっていた。

そのロケーションに触れた時、Mさんは大学時代に初めて訪れたDさんの別荘を思い出した。海の近くに居を構えたがるのは、Dさんの趣味なのだろう。ただ、養殖のいけすが並ぶ入り江は静かで、別荘の荒っぽい波の雰囲気とは随分趣が違う。周囲も落ち着いた環境で、住むには良い場所だった。その一角にかなりの広い敷地を誇ってDさんの自宅は建てられていた。まだ人の気配が染み渡っていない建屋の雰囲気が、Mさんには新たな門出とシンクロしているような気がしていた。




桜庭ななみ 緒川たまき 小出沙弥果 森西恵理奈 池田佳代 明石理香 石原りんご 寒川沙羅 西尾晏佳里 西村美樹 坂本知恵里 佐藤久恵 飯田美彩 竹田阿子 温水ゆかり 高木美里 工藤清美 宮脇眞子 山上富美子 星川こあ 井上夏生 兵頭遥 森本早郁




M女の自覚 av ブログ レビュー YMO シンセ msqs キラキラ ギター カラーボックス openload 高知 素人 boss gx-700 音切れ エレクラ 倉庫 k-garage テレキャスター レヴュー k garage テレキャスター 音