FC2ブログ

I'm gonna get my baby

2016.08.31.Wed.18:02

言のルールでクルマの進行方向は一方通行と決まっていて、駐まっているクルマの後方から、誘うクルマが近づくようになっていた。Mさん達がクルマを駐めた場所は、中程の処で、いくつかのクルマをスルーした末に辿り着く。フィーリングの問題なので条件が悪いとは云えないが、多少待つのに時間が掛かった。時々ルームミラーで後ろのナンパのよう数確認しながら、二人は待った。

それでも週末だからなのか、ひっきりなしに車は通り過ぎていった。クルマをそこに駐めてから交渉事は全てゆりなが引き受けたので、運転してきたMさんとはシートを交代していた。交渉している間にも何度か二台連なって走り去るクルマのテールランプを見送った。アイドリングのまま、掛けっぱなしのCDが低く流れていた。

後ろの事はあまり気にしてなかったが、ちょうど二台連なってMさん達のクルマの横を通り過ぎた直後、後を追うように入ってきたクルマがあった。Mさん達の横に来ると減速して、やがて止まった。向こうは窓ガラスを開け、こちらを覗き込む。見たところ大学生かそこらで、見た目だけはごく普通のありふれた男達二人組だった。どこかぎごちなさそうな笑顔を向けてくるのは、初めて訪れたのかもしれない。

とりあえず止まったクルマにはゆりなは無条件に窓ガラスを開けていた。その二人組も同じように応えた。お腹すいてない?と男達はいきなり聞いてきた。せっかく食事をするんだから女の子と一緒が好いと思って来たんだ、とおそらくは用意してきた台詞を吐いた。ゆりなは笑顔を返すと直ぐにMさんの方を向いてどうする?と訊いた。Mさんは、良いんじゃない?とだけ応えると、直ぐに話は成立した。近くのファミレスで好いかな、という男達のあとを着いていく事にして、Mさん達はその場を離れたのだった。




長澤まさみ 山本雪乃 平田夕七 吉田恵 関戸直美 岩崎香 白井紗恵佳 賀谷真実 高嶋ひなの 菊地美香 荻田朱理 林美梨香 植松智子 堀あずみ 江口真紀 稲尾真季 中山ダイスケ みどっこ 萩森小椰香 山口奈津美 山口夏美




東京熱(Tokyo-Hot) 明日菜ちゃん ノートパソコン 魔法の小箱 奥様は犯罪被害者 股間がカーニバル 逮捕 yamidas 無修正神崎亜子 錐揉み


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

Come Love

2016.08.30.Tue.19:54

勤にもクルマを使っているMさんと違って、ゆりなは免許は持っているが車を持っていなかった。だから、クルマで出かける用事にはいくらか躊躇があった。ただ、そういうところに行きたがると、結構頭を働かせてあの手この手でまずMさんを口説く事になる。Mさん自身、車の運転にはそれほど自信がないのだが、ゆりなと一緒ならそれもいくらか愉しむことは出来た。

車同士で誘い合うナンパストリートの場所を、ネットの掲示板で知ったゆりなが、そこへ行こうとMさんを誘って来たのは夏の終わりの週末の事だった。絶対に間違いなく男が誘える、とゆりなは豪語したが、それには理由があった。ネットで知った直後、興味本位でそこへ下見に行ったらしいのだ。その時は彼氏の車に乗って、物見遊山で出かけていったのだが、ちゃんと自分たちがそこで何をすべきかを確認していたのだった。

下見の限りでは、次々と何カップルが出来ていったとゆりなは言うが、だからといって確実かどうかは関係ないような気がしたが、Mさんはそのゆりなの誘いに乗る事にして、一時間ほど掛けて郊外のその場所へと赴いたのだった。場所は、森林公園の一角で、大きな人工の貯水池の周囲を整備している通りだった。そこだけ直線道路になっていて、ぽつりぽつりと街灯が立っていた。

その街灯の下ががいわば待期場所で、多くの場合女性の乗るクルマがそこに駐まっていた。多いときは二三台が連なる時もあるが、Mさん達が訪れたときは街灯一つに一台で、ちょうど彼女たちが駐まる街灯も確保出来た。そこへゆっくりとしたスピードでクルマが近づいてきて、品定めをするように一時停止をする。待つクルマは窓ガラス越しにお互いを確認し合い、気が向けば窓ガラスを開けて会話する。話がつけばそこからまた移動するのだった。




長澤まさみ 山本雪乃 平田夕七 吉田恵 関戸直美 岩崎香 白井紗恵佳 賀谷真実 高嶋ひなの 菊地美香 荻田朱理 林美梨香 植松智子 堀あずみ 江口真紀 稲尾真季 中山ダイスケ みどっこ 萩森小椰香 山口奈津美 山口夏美




明日菜ちゃん ノートパソコン 魔法の小箱 奥様は犯罪被害者 股間がカーニバル 逮捕 yamidas 無修正神崎亜子 錐揉み


A String o YourHert

2016.08.29.Mon.22:36

極的にセックスの相手を探す事は、やはり若さゆえの暴走というものに囚われたようなゆりなの方が先行したが、それに引っ張られるような格好でMさんもその誘いを断らなかった。ゆりなにはMさんのような、セックスパートナーを捕まえるネットワークというものがなかったせいもあるが、見知らぬ男とのスリルをどこかで愉しんでいた節も彼女にはあった。

ゆりなはその点、情報だけは早く、そして豊富だった。Mさん一人では訪れないようなクラブや、イベントなどの情報をネットを駆使して仕入れては、彼女を引っ張っていくのだ。ゆりなに誘われれば、Mさんも自分のことを大目に見て砂イオに着いていく。ただ、やはり年齢の違いというのは歴然で、多少浮いてしまう事は否めない。それでもセックスに飢えた男達には、重宝されるのではあったが。

時々はナンパストリートと呼ばれるスポットを探索してみる事もあった。繁華街の特定の場所が、一夜の相手を探すもの同士が出逢う場所として、ピックアップされているのだが、そこを二人して歩いてみるのだ。当然、同じ様な噂に吊られてくる者が集っているのだが、あまり柄の良い場所ではなかったし、そこを徘徊するのは圧倒的に飢えた男たちが多かった。

Mさん達の住んでいる地方都市は、やはり徒歩よりはクルマの方が移動手段として優先していて、ナンパストリートと呼ばれるものの中に、クルマを仲介にする場所もいくつかあった。クルマなら、いざというときに逃げる方法としてはまだ安心だ。Mさんも歩いてナンパされるよりは、そちらの方に興味があった。そういう場所は、何処に行っても必ずあるモノで、Mさん自身地元のそういうスポットを興味本位で流してみた事が幾度かあったのだった。




ふうらい姉妹 マンコ・ナメナハーレ 身体をまさぐる裏ビデオ 無修整






Rockin' With Reed

2016.08.28.Sun.10:24

欲に塗れた生活は、ゆりなと親密になって以来二人が基本的な単位になった。ゆりなとMさんがいつもペアで、何処に行くにも、何をするにも一緒だった。二人ともセックスの経験は豊富なはずなのに、女二人で連んで事に及ぶという事は多くなかった。異性の間なら、多少猥らな性癖も披露出来るのに、同性間ではそれが耐えられない羞恥に変わるのだから不思議だ。

それでもひとたびその壁が取り去られると、ふたりともがその新たな世界に惹かれていった。最初の内は、レズプレイなどに夢中になっていたが、ゆりなの策略で彼氏をMさんに宛がって以来、やはりその矛先は異性に向けられた。二人して男を漁り始めたのだった。試行錯誤の時間が終わりを告げ、それぞれの中に生まれたテキストを、実践に移す時期がやってきたのだ。

Mさん自身、基本的に受け身である事が信条なので、自分から積極的に相手を探す事はほとんどなかった。相変わらず、Dさんが紹介してくれるか、あるいはOKのように知り合いの延長で身体の関係を結ぶばかりで、その庇護の外へ出る事は皆無だったのだ。安心や信頼は、未だMさんの中で重要な価値観を持っていて、そこを逸脱する勇気は若い頃はよりは幾らか衰えていたのかも知れない。

一方で、年齢を重ねるに従って、いくらかマンネリのようなものも感じていて、そこにタイミング良く現れたのがゆりなだった。彼女はMさんとは正反対で、常に積極的で新たな出会いを求めていた。ゆりなにとってのMさんの存在は、その若さゆえの奔放さを上手くコントロールしてもらえる楔のようなものだった。そうやって二人は互いを補いながら、新たな肉の宴の場を求めてさまよいだしたのだった。




ふうらい姉妹 マンコ・ナメナハーレ 身体をまさぐる裏ビデオ 無修整




TokyoPornTubeアダルトコンテンツマーケット



I Love You Baby

2016.08.27.Sat.20:42

密になった方が良い、という直感がMさんと知り合った瞬間にゆりなの中を駆け巡ったそうだ。言葉では上手く説明できない感覚的なもので、具体的に何かのきっかけが在るのワケではなかった。その頃Mさんはリタイヤして会員としてゆりなと知り合ったのだが、そういう間柄を越えて関係を築きたいと強烈にゆりなは望んだのだった。それは一目惚れ、という感覚に近いらしい。

ただ、ゆりなは初体験以降、セックスの経験は豊富でも、特定の男性と付き合うという事がなかった。恋愛よりセックスの方が先んじていて、誰か一人に愛情を掛けるのではなく、その仲間内の連帯感に恋い焦がれていたのだった。専門学校に入って、そういう意味での初めてのお付き合いを経験したが、それはどこか味気ないものだった。普通に恋愛できないのでは、と思い込み、落ち込んだそうだ。

だから、Mさんに感じた一目惚れのような感覚、実際には違うのかもしれないが、ゆりなにとってはそれがまさに恋愛感情の初体験だった。その話を聞いた彼氏は、多少納得のいかない顔をしたが、ゆりなの変わった性格からすればうなずける話ではあった。いずれにしろ、ゆりなの中で愛情は歪んだ形で育まれていて、それに見合うピースは柔らかな女性の中にあった、ということなのだろうか。

話の最後に、Mさんはゆりなにこう尋ねた。ゆりなにとってセックスってどういう意味があるの?と問われて、彼女は暫く考え込んだ。無くてはならないものだけど、特別なモノでもない、と自分に確認するようにゆりなは応えた。恋愛ともちょっとズレているかも、と付け加えたところに、彼女の業の深さをMさんは見た気がした。しかし、Mさんにとっても、そのゆりなの答えは、セックス観を余すところなく表現していたのだった。




ふうらい姉妹 マンコ・ナメナハーレ 身体をまさぐる裏ビデオ 無修整







Down In Virginia

2016.08.26.Fri.20:03

っかり大人になったゆりなは急に体つきも艶めかしくなり、水泳で鍛えたおかげでスタイルは抜群に良かった。いくらか胸が小さいのがゆりな自身は気に入らなかったが、それでも彼女を慕ってくれる男達が確実に周囲にいて、それだけで満足だった。水泳以外の男の子に、告白されることも時々あった。それなりに目立つ存在になっていたのだった。

その頃になると、男達の欲望を一手に引き受けるだけでなく、ゆりなの方からも好奇心を満たす試みを持ちかけるようになっていた。自分の中に淫乱といって良い性癖があり、そのことをいつの間にか受け入れていたのだ。水泳の記録は突出するほど延びてはいなかったが、肉体的な満足が、彼女のポジティブさを育てて高校生活を充実させていたのだった。

気がつけば制服を着ている歳の間に、一通りのセックスを経験していた。ゆりなはMさんや彼氏の前で、その数々を挙げていった。アナルセックスも、普通にやってましたよ、と言って笑うゆりなに、Mさんは驚きを含んだ苦笑を返す以外に方法はなかった。ただ、ゆりなの告白によってやっと、彼女の欲深い性癖といくらか強引な我が儘さを、Mさんは納得出来たのだった。

でも、相手が女性というのはMさんが初めてですよ、とゆりなは付け加えた。高校を卒業して進学のためにMさんの地元に越してからは、なかなか欲望を満たす機会に恵まれなかったという。通った専門学校ではおとなしいものだった、というが真偽の程はわからない。それがやっと社会人になって解放されると、新たな好奇心が湧いてきて、そこにMさんという存在が目に入ったのだと彼女は云った。




ふうらい姉妹 マンコ・ナメナハーレ 身体をまさぐる裏ビデオ 無修整






The Sun Is Shining

2016.08.25.Thu.19:53

然の秘密のようにいつの間にかゆりなを中心とした肉欲のグループが出来上がっていた。それは不思議な事に、お互いがお互いを知る事なく、いくつかに分かれていて、いずれにもゆりなが加わっていた。年齢毎に緩やかにグループ分けが為されていたが、皆がゆりなを求めていた事に変わりはない。お互いを全く知らないことはなくても、ゆりなを相手にする時は、一人でいることが少なく、自然と同い年が集まった結果だ。

初体験以降暫くの間、ゆりなの相手は複数で、今から考えればそれはかなり特殊な事だと云える。しかし、当事者にしてみれば、昔から連んでいる仲間で、一緒に遊んでいた延長に過ぎなかった。だから、セックスばかりの繋がりでもなかったのが、ちょっと変わった連帯感を持っていたのだ。だから、皆仲が良く結束力が強いと、何も知らない大人達には評判だった。

そして、ゆりながそのグループで最年長になる頃には、そのコミュニティーにも変化が訪れた。先輩達の多くは進学で地元を離れていったし、新たに後輩が幾人か参加した。気がつくとゆりなと初体験を済ませた連中ばかりで連んでいて、いくつかに分かれていたグループもまとまって一つになっていた。地域の繋がりが薄くなり始めていた時期で、放課後の寄せ集めのような集まり自体が、無くなってきたのだ。

強引に関係を迫って欲望を果たした男達が、その頃になると自分たちのために身体を開いてくれるゆりなを、特別視するようになり、いつしか彼女に一目置くようになる。まるでお姫様のように扱い、ある時にはゆりなを守るように結束し、またある時にはゆりなに云われるがままの行動を取った。いわば逆ハーレムのような世界が出来上がり、ゆりなはその中心に堂々と君臨していたのだ。




ふうらい姉妹 マンコ・ナメナハーレ 身体をまさぐる裏ビデオ 無修整




熟女倶楽部 無修正動画 期間限定