FC2ブログ

I Don't Live Today

2016.07.31.Sun.09:28

られることが見せることと同義であることに気がついたのは、Mさんを誘った張本人もそうで、やはり彼だけが意図せずMさんを抱く立場に追いやられたのだが、饒舌男の視線がまさにそのことを物語っていたのだった。最初は取り残された彼へのサービスのつもりが、そうすることで自分も興奮することを実感してしまったのだ。申し訳なさがまだ微かに残っていたけれど、二人きりの時よりも興奮の度合いが加速度的なのだ。

男はMさんの長いスカートを徐々にたぐりあげて、膝小僧が見えたところで、その手を内ももへとスライドさせた。ややMさんからは身体をずらすようにすると彼女の半分が自由になる。それは饒舌男へ視界を広げることになるのだ。そうしてから、内ももへと宛がった手を向こうへと押しやり、そのついでに膝裏を手に持ってやや上に掲げるように動かしたのだ。

Mさんの片足は自然とソファの上に持ち上がり、膝を立てるような格好になった。そうすると太股をスカートが滑り、あっという間にMさんのショーツが見え隠れし始めた。それを手で一気に解放してやる。その光景はやっている本人には見えなかったが、傍観者の饒舌男には薄いピンクのショーツが丸見えになった。レースでうっすらと股間が透けているショーツに饒舌男は思わず呻き声が出た。

露わになったショーツの中心に、太股から這い上がってきた手が触れた。それだけでMさんは過敏に反応した。全身を飛び上がるように跳ねさせ、条件反射のように男に抱き付いた。乳房を吸ったままMさんに頭を抱えられるようになった男は自分の下腹部に隠れている足に密着するように身体を寄せたのだった。すでに膨らんでいた股間を布越しに押しつけ、高まっていることをMさんの心根にねじ込むように伝えていた。




吉田里深 板谷沙織 朝日奈あかり 真紀デブ 下着姿塚本夏希 横地明子 千堂瑪牙




SOD(ソフト・オン・デマンド)ch



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

Purple Haze

2016.07.30.Sat.22:57

した男の手管はそれほど上手いというわけでもなく、かといって呆れるほど下手でもなかった。もうその頃Mさんはタケシの求めるままに毎晩のようにセックスに明け暮れていたし、その隙間には性の手ほどきを施した先輩とも過激なプレイを経験していた。未だ自ら導くことはなかったけれど、男性経験の場数から自然に男の持つ手練手管を、見極める目は充分に持っていた。

そして、誰かの目にさらされてセックスをする、という経験も、先輩の手によって既に経験済みだった。そういう意味では、特に変わったシチュエーションに陥った、と云うわけではなかったのだ。ただ、男達はおそらくMさんに比べて経験は少ないだろうし、もしかすると3Pの経験だってこれが初めてなのかもしれない。最初はそうは思わなかったが、拙速なテクニックと、素直に見学者に甘んじている饒舌男を見てMさんはそう値踏みした。

だからといってMさん自身がリードするわけにはいかなかった。Mさんの本性を男達は知らないはずで、そういうものに向けて淫乱をひけらかす必要はない。せっかく、男一人を相手にするように仕向けた意味が無くなる。少なくとも先輩の前以外で、淫乱に振る舞おうとはMさんは思っていなかったのだ。もっとも一度熱情に犯されて見境をなくすとあっという間にその本性が牙をむき、男達を驚かせることもあるのだが。

とにかくその場では男に身を任せて、その一方で饒舌男の視線を意識していた。いつの間にかMさんには、見られて興奮する癖が根付き始めていて、意図せずその場に収まることが出来たのだ。願ってもないシチュエーションに期待は高まっていた。その興奮を助長するように、饒舌男がジーンズの前の膨らみを撫で始めていた。片手に缶ビールを持ったまま口を付けようとせず、ひたすら視線をMさんに釘付けにしながら興奮に血走っていたのだった。




元祖リベンジポルノ もりすむmorisoon datsuzaru 香川の肉便器 [写真集][IV] 真紀(20070705-202906)のアルバム Winnyつこうて彼女とのハメ撮り画像を流出!「真◯ちゃん」 一高の真紀ちゃん 高知大学水泳部リベンジポルノ 元祖リベポ






May This Be Love

2016.07.29.Fri.11:04

が始まれば後の流はスムーズに運ぶ。特にそれが肉欲に支配されればほとんど無意識のうちに絡まり合っていくものだ。キスをしたのはMさんの方からだが、された方は条件反射のように彼女の胸に手を宛がって、その柔らかさを確かめるようにしっかりとと手のひらで握った。Mさんの白いブラウスは、うっすらとブラジャーのラインを透かしていて、それが男の手で奇妙にひしゃげるのが見えていた。

衣服越しに乳房を揉み始めた男は、ひとしきりその形をなぞると、ブラウスのボタンを外し始めた。半分ほどボタンを外したところで胸元が露わになる。そこから手を差し込んでブラジャーをたくし上げると、直接乳房に触れた。拙速な触れ合いにMさんはいくらか戸惑うが、彼女自身も既に興奮に囚われていた。拙速さに抗議しようにも、Mさん自身が淡い喘ぎ声をもう漏らしていたのだ。

乳房を揉む手がそれほど自由にならないことを悟った男は、改めてブラウスのボタンを外しに掛かり、腰の辺りまで届くと裾野部分をスカートから引きずり出し、残り全部を外した。そこから覆い被さるように身体を寄せながら、一気にブラウスをはだけさせて、直接胸の谷間に顔を寄せた。ブラジャーを押し上げながら零れ出てきた乳房に口付けした。荒い息が肌をくすぐり、Mさんの熱も上がる。

ソファの背に押しつけられるようになったMさんは、男の肩越しに向こうが見えた。饒舌男が視界に入った。その目がらんらんと輝いてこちらを凝視しているのが見えた。ちょうど半身で饒舌男の方に身体を開いていたMさんは、挑発するように足を開いたが、スカートの丈が長すぎてそれほど喜ばしい光景を饒舌男に見せつけることは叶わなかった。




吉田里深 板谷沙織 朝日奈あかり 真紀デブ 下着姿塚本夏希 横地明子 千堂瑪牙




無修正 素人 GAL リアル映像 期間限定


Fire

2016.07.28.Thu.15:36

いを掛けた方も目的はセックスすることに他ならず、それをMさんに据えたのは、目的が叶えられそうな雰囲気を持っていたからだ。どの部分にそのことを感じ取ったのかはわからないが、単純に容姿だけでMさんを誘う者はそう多くはなかった。やはりそこに、セックスの匂いを感じ取って男達は惹かれていたのだ。好色な妄想をどこかで刺激する雰囲気を持っていることを、Mさん自身は自覚はしていない。

饒舌男が彼女に振られたのは事実で、それを慰めるために仕組んだのは事実だが、結局詰まるところセックスが目的だった。二人とも3Pという好奇心もあって、それを叶えるために入念に計画を練ったのだった。それがMさんの条件で、一気に曖昧になってしまう。誘った男はセックスが出来るが、そのためには友人を捨てなければいけない。饒舌男に勝ち目はないが、そのまま譲るのも釈然としなかった。

Mさんが思い描いていた当初のもくろみを通すように仕向けただけだが、それをすんなりと受け入れられないのは誘ってきた方の責任だ。別に飢えているわけでもないので、そのまま帰ってもMさんはどこも痛まない。オマケに見ているだけならかまわない、と譲歩までしているのだ。計ったわけではないけれど、その時は完全に、Mさんの方が優位に立ってまさしくセックスを左右しようとしていたのだ。

最終的に、饒舌男がわかったよ、とMさんの条件を受け入れた。ただし、見ながらオナニーするぐらいは良いだろう?Mさんに云い、彼女も半分笑みを浮かべて良いわと応えた。誘った男は自分がセックス出来る喜びと、友人を置き去りにしてしまう申し訳なさで複雑な表情をしていた。男達に逆転の一撃を成功させたMさんは勝ち誇ったように、その誘ってきた男に自分から熱いキスを見舞ったのだった。




吉田里深 板谷沙織 朝日奈あかり 真紀デブ 下着姿塚本夏希 横地明子 千堂瑪牙






Love or Confusion

2016.07.27.Wed.08:15

を離せずに居るMさんの傍らに、饒舌男が座ってきた。さっきまで斜向かいに座っていたのが、キスする二人を追いやるように身体を寄せてくるのだ。そこでやっとMさんは本格的に抵抗をして、その場から立ち上がろうともがいた。二人の男の手に押しとどめられれば動きようがなかったが、何とか唇を離すことは出来た。しかし、酔いが回ったMさんもさすがに足元が覚束ない。

もう帰るから、と云ってみたが、その言葉の呂律自体が怪しかった。酔いを自覚したのはその時だった。そうなると状況に押し流されるのがMさんの常だが、それはどうも釈然としなかった。いくらかMさんにも、その状況の理由が見えかけてはいたのだが、そこにすんなりと嵌まってしまうのはプライドが許さなかったのだ。罠に填められなければどうだったかわからない、というのがMさんだと云うことを、さすがに男たちは知らなかったのだ。

それでも、結局帰らないMさんを引き留めるように、二人の男は熱心に口説き始めた。つまりは、振られた男を慰めるために、という理由を通そうとしたが、Mさんにしてみればそれは理不尽きわまりない。彼女自身もセックスが目的だったし、その頃の好奇心は二人の男を相手にするのも充分にあり得たのだが、罠に填められたような格好が解せなかったのだ。

二人が相手はイヤ、とMさんははっきりと告げた。ここまで来てセックスするのは仕方がない、と白旗を揚げたが、どちらか、というよりも誘われた方となら別にかまわない、という条件をMさんは出した。その条件は立場を見る間に逆転させた。Mさんが挑むような目つきで饒舌男に、みているだけで我慢するならOKよ、と無言で伝えると、今度は二人の男の方が困惑した表情でMさんを見つめたのだった。




吉田里深 板谷沙織 朝日奈あかり 真紀デブ 下着姿塚本夏希 横地明子 千堂瑪牙




東京熱(Tokyo-Hot)


Manic Depression

2016.07.26.Tue.01:04

時でも古びたたたずまいの一軒家だから、部屋数が少ない上に一部屋の面積も狭かった。自然と三人が肩を寄せ合うような距離になってしまう。一応Mさんのお目当てだった誘ってきた男の隣に座ったが、斜向かいにもう一人がいて、気がつくとがっちりとガードされているようだった。甲斐甲斐しく男たちが些事をこなし、Mさんは一度そこに坐るともう動くことはできなかった。

そこへ来て卑猥な話は、具体的にセックスのあからさまな行為についての話題に移っていった。彼女に振られたばかりというその男は、饒舌で話もうまい。知らず知らずのうちに聞き役のMさんも猥談の中に引き込まれていたのだ。自然と身体の一部がぼんやりと欲情に濡れてくるのは仕方がないことだった。一度諦めた欲情が、思い切れないように燻っているを、Mさん自身も自覚せざるを得ない。

元々Mさん自身も目的の内にセックスがあったのだから、それが三人の宴席でなければ当然のことだったのだ。その辺の身体の事情と、意識の事情がアルコールのせいで曖昧になってきていた。もう酔いは完全に理性を侵食し始めていて、淫靡さを突けば途端に猥らになる。そのことをその時のMさんはどうにも抑えようがなかった。そしてそれは、饒舌な男がトイレに立った時に現実になった。

席に残された誘ってきた男に不意に肩を抱かれて、唇を求められたのだが、それを遮る術をMさんは持たなかった。ハッとして胸を押したが、その抗議も強くはない。しかも、男はあっという間に本格的に舌を絡めてくる。強引だが、意外に蕩けるような甘美なキスだった。一時の戯れに押しやろうとしても、Mさんは身動きが取れなかった。そこへ、饒舌男が戻ってきた。当然二人の行状をみて、卑猥な冗談を放ってその場に加わろうとした。




吉田里深 板谷沙織 朝日奈あかり 真紀デブ 下着姿塚本夏希 横地明子 千堂瑪牙







melt into cloud

2016.07.25.Mon.03:45

らず知らずのうちに着実に外堀が埋められて、女一人に男二人の酒宴は、誘ってきた男の部屋に落ち着いた。もうそこが最終地点である自覚は三人の中にあった。男が借りていた部屋は、一軒家で親戚の家だという。子供の手が離れた老夫婦の持ち家で、長く海外に滞在していて空き部屋になっているのを借りたのだそうだ。借りているといっても、もう部屋の中は男の趣味に彩られ、持ち主の面影はどこにもなかった。

リビングルームに案内されてMさんがソファに腰掛けると、そのうちに同伴者が買い物袋を下げて帰ってきた。それをテーブルに広げて、グラスを用意すればもう居酒屋の続きが始まった。もちろん、同伴者が一人まくし立てるのも、引き続いていたのだ。ただ、そこに来て初めて、その男が酔いに任せ手錠背になっていないことにMさんは気づいた。そもそも、二人共が酔っている体裁はみせていたが、目の奥にまだ冷静な者を宿していた。

その一方で部屋に落ち着いて、周りの喧噪が静かになったのもあって、Mさんは急に酔いが回ってきた気がした。不覚にもいつもよりも酔っていることを自覚して、テーブルの上に用意されたモノにはあまり手を付けなかった。缶ビールを口に付ける程度で、アルコールは控えていた。部屋の中の雰囲気もどこか飲み会というにはおかしな空気が流れていた。だから、同伴者の会話が盛り上がっていても、Mさんはただ愛想笑いをするだけで集中できなかった。

彼女に振られたばかり、という話を聞いていたからか、その同伴者の話題はほとんどが愚痴に終始していた。結局、なぜ振られたんだ、という文句がその大半を占めていたのだ。ただ、部屋に入ると、周りを気にしなくなったせいか、随分と突っ込んだ話がそこここに出てき始めていた。そのことにMさんが気づいた時、話題は半分以上猥談のようになっていた。そしてその話に、ちゃっかりMさんを誘った男も乗っかって、随分とその場の雰囲気が変貌してきていたのだった。




据え置き型オナホ 真紀モデル アスリートの強張り 宇賀なつみを静かに見守る会会長 パコパコ中出し水泳部部長 近江明帆 中川理恵 利根川麻紀 欲望的性欲無修正動画 無修正鬼畜プレイ妻無料画像 泡泡club




TokyoPornTubeアダルトコンテンツマーケット