FC2ブログ

Just Another Story

2016.04.30.Sat.11:02

元にMさんが居る頃、通っていたスポーツクラブは、元々大学卒業後に就職したクラブと同じ系列の経営だったが、そこを退職して後も同じようにプールには通っていた。その繋がりで、再び復職して居を変えることになったのだが、そこにも毎年新人が採用され、幾人かとはMさんの友人になっていた。元社員という肩書きは、その倶楽部に関わっている限り、どこへ行っても先輩としての威厳を保っていたのだ。

その中でもっとも親しくしたのは、ちょうど転居する一年前に採用された女性のインストラクターだった。彼女はMさんが新しい職場へ誘われているのとほぼ同じ時期に配属されてきて、すぐにスイミング専門の仕事を与えられていた。便宜上ココでは、ゆりな、という仮名で語らせてもらうが、そのゆりなとは歳の差もあって先輩後輩と云うよりは、もっと親しげな家族のように感じられるほど親しいモノだった。

どちらかというと、ゆりなの方が一方的にMさんに近づいてきて、女性同士話も合いスポーツクラブ以外でも出かけるほどにまで、親密さは増していた。特に、ゆりなは幼い頃から水泳の選手として彼女の故郷では名が知られていて、高校を卒業と同時に引退をした経歴があった。泳ぎを見れば、Mさんもゆりなの方も、お互いがどういう立場に置かれていたか、感じあうものはあるほど関わってきた世界なのだ。

Mさんとほとんど同じ境遇が共通項として二人の関係を近づけた。将来を嘱望された経験と、その後の挫折の現実は、彼女たちの性格形成にも大きな影響を落としていた。出会った時からその感触は得ていて、しかもその辺の意識を共有出来る存在は、お互いにとって初めての経験で、それがより深く二人を精神的な依存にまで発展するほど、距離を近づけたのであった。




谷原めぐみ 牧野桜子 池田真紀 宇賀なつみ 過度のSM 宇賀なつみ 彼氏のDV オナニー専用三田寛子画像




Peachy


スポンサーサイト
[PR]

Stillness in Time

2016.04.29.Fri.04:38

同棲状態のようになっていたMさんの部屋だったが、それでもごく希にOの訪問を拒否することもあった。それが、時が経つにつれて徐々に隙間が空くようになっていて、きがつくとやけに頻繁になった。当然だが、それはMさんの都合の結果で、今度はOが置いてけぼりを食らうようになっていた。Oは次第に離れて行きたがっているようなMさんを訝しがっていたが、彼にはどうすることも出来なかった。

最初の内はあのDさんが宛がった男達との逢瀬のために、Oの訪問を断ることが多くなっていった。アナルセックスの衝撃以来、その機会は格段に多くなり、Mさんがそちらの方を優先させたためだ。ただ、そちらの方は、断る理由を正直に言うわけにはいかず、幾分かの疑念をOに与えることになった。それをごまかすために、Oとの関係も続けざるを得ず、その繰り返しで何とか体裁を保っていた。

MさんとOの関係は、お互いを唯一と決めたパートナー同士というわけではないのは明らかなのだが、新天地での生活はいつしかそのことを忘れさせていた。だから、Mさんに対するOの態度はどこか、束縛の様相が強くなり、そのこともMさんに距離を置かせる遠因にはなっていた。元々、Mさんはセックスに於いてはその快楽を縛り付ける何物をも臨まないのが基本スタンスで、Oがその聖域を侵食し始めていたのだ。

一方のDさんの仲間達の方も、あからさまにMさんの部屋に訪れることはなく、その辺が互いのテリトリーの限界線でもあった。その無言の分別がいつしか思いも寄らぬ形で踏み越える格好になることは、Mさん自身にも予想が付かなかった。それは、その張本人が女性であるという特権を、本人の意思とは関係なく、遺憾なく発揮した結果でもあったのだった。




谷原めぐみ 牧野桜子 池田真紀 宇賀なつみ 過度のSM 宇賀なつみ 彼氏のDV オナニー専用三田寛子画像






Half the Man

2016.04.28.Thu.18:49

終的にMさんが帰郷した時、Dさんは彼女に求婚することになる。既に両親は県外に住む兄夫婦の処に転居していて、いわば帰る場所は違っていたが、そのことも幸いして、MさんはDさんと同棲するような格好で彼の家に帰ることになったのだ。その時すでに、二人の間ではお互いの意思が確認されていて、いわば二人がそうなることは当然の結果だと二人も受け止めていた。

そうなるまでにはかなり長い時間が掛かっており、その間に反比例するようにOとの距離は徐々に離れていった。本来Mさんも仕事の都合で地元を離れたのではあるが、それがOを追いかけるように見えたのはまんざら間違いでもなかった。それが結果的にそこにいることでOとの仲をより深くさせ、それが結局は付き合いを解消するような方向に進んでしまったのは皮肉なモノだ。

Dさんが見せた嫉妬が大きな流れを作ったと云えばそうだが、実はそれよりももっと大事な出逢いがMさんに待っていたのだ。彼女自身も思いも寄らなかったことだが、そのことが少なくともOとの間を疎遠にしたのは間違いのない事実だった。つまりところ、運命の手管はすべてMさんが握っていたのだが、その奇妙な出逢いもMさんの性が引き寄せたモノ、というのもまた真実の一側面だった。

Mさんがスカウトされるような形で転居することになったスポーツクラブも、オープンを過ぎて暫くすると経営も安定してきて、彼女自身にも余裕が生まれた。それがしばらくはOとの逢瀬に向かっていたのだが、ちゃんと仕事の面にも反映されてはいた。それが、趣味として続けていた水泳のインストラクターとして復帰する場所に、そこを求めたのだった。元々その職でかつては就職していた場所だけに、Mさんの意思が固まれば復帰に障害は少なかったのだ。




谷原めぐみ 牧野桜子 池田真紀 宇賀なつみ 過度のSM 宇賀なつみ 彼氏のDV オナニー専用三田寛子画像




18歳ユリアと夢の生ハメ撮り!


Journey to Arnhemland

2016.04.27.Wed.11:21

持ちよかったよ、と店長が言うと、これでDさんも満足かな、と男がつなげて二人は笑いあった。取り残されたように陵辱されたままの全裸のMさんは、余韻の中でその汚された口元やオマンコを、延々と男達のカメラに収められた。苦悶の表情が貼り付いたままのMさんとは対照的に、男たちは好色な笑い顔でMさんを見つめ続けている。その日の性の宴はそこで留まることなく、場所を店長の自宅に移して朝まで続くのだった。

それをきっかけにするように、頻繁にDさんはMさんの元に活きの良い勃起棒を送り込むようになった。MさんとOとの関係は未だ続いていて、それを邪魔するようなそぶりは表面上見せなかったが、いくらかその逢瀬の時間を割くように出逢いは持ちかけられた。明らかにDさんはその時期、Oに対して嫉妬していたのだ。Oの邪魔する意図はあからさまにしなくても、それ以上にMさんを翻弄することでその欲望を満たしていた。

ただ、Mさんの方もそれに乗ずる形で、いくらかOとの距離を置こうとしていた。彼との間の倦怠感は、Dさんの思惑通り、彼の宛がう男たちによって、その隙間を埋めることに性交していたのだ。さすがにDさんとの約束で、とか、あるいは他の男と会うために、といってOを断ることはなかったが、彼の方でもいくらか疑念は抱いていたかもしれない。それでも、二人の間にマンネリは当然訪れていて、特にMさんがそれに安住出来るはずはなかった。

肉欲に関して、Mさんは貪欲で、新たな刺激を求め続けていた。マンネリも、ないよりはマシだが、それが普通になるとどこかで飽きることに耐えられなくなるのだ。それほどまでにいわば我が儘を通すことは、セックス以外では見せないMさんだったが、逆に言えば、普段が禁欲的に見えるからこそ、肉欲の方にそのつけが回ってくるのかもしれない、と思わずにはいられないのだ。




谷原めぐみ 牧野桜子 池田真紀 宇賀なつみ 過度のSM 宇賀なつみ 彼氏のDV オナニー専用三田寛子画像






Scam

2016.04.26.Tue.04:51

に勃起を押し込みながら、半分前屈みになって男はMさんの乳房を揉んでいた。一方の店長は、激しいピストンを中断することなく、ひたすらMさんを追い上げながら、繋がっている部分をまさぐった。既にMさんの手がそこに宛がわれていたのに、手のひらを重ねて、やや強引に其の部分を弄り回した。触れてみると店長の手はゴツゴツとして、その節くれ立った指の感触が、Mさんに強烈な刺激を加えていた。

荒い息づかいと、Mさんの艶めかしい喘ぎが重なって、狭い部屋の中は騒がしくなっていった。Mさん自身、自分の中に押し込まれた二つの勃起が同じように膨らみを極めて、限界が近いことを感じていた。口とオマンコの中で勃起が跳ね回る度に、今か今かとその瞬間を待ちわび得ていたのだ。それがもたらす充足感は、格別のものがある。同時に、自分を押しとどめることも出来ないところまで達していた。

ほんの僅か早くMさんが全身をこわばらせて快楽の全てを受け入れた途端、店長の勃起を云いようのない蠢きに導かれるような吸引が襲った。なんだコレは、といささかアニメ調の口調で店長は半ば叫んだ。それが彼の我慢を解き放つきっかけになり、Mさんの際奥へ向け先端から再び大量の精を吹き上げさせた。それとほぼ同時に、Mさんの口の中にも、負けないくらいの量と濃さを保った男の精液が溢れた。

どくどくと勃起が痙攣に突き動かされて精を放つ度に、Mさんは全身をビクビクとはねさせて、男達の手の支えがなければ倒れ込みそうなほどだった。エクスタシーの波は何度も何度も彼女を襲って、そのたびに男達の勃起に波及していく。快楽の渦の中に取り込まれた三人が、そのほとぼりを冷ますまでの時間はお互いにやたらと長く感じられたのだった。




谷原めぐみ 牧野桜子 池田真紀 宇賀なつみ 過度のSM 宇賀なつみ 彼氏のDV オナニー専用三田寛子画像






Machine Gun Kelly

2016.04.25.Mon.23:53

い付いてくるよ、と感慨深げに店長の声がして、男は笑いながら頷いた。すぐイッちゃいそうでしょ?と冗談口を叩くと、店長は否定出来ずに苦笑した。Dさんが中に出してもイイって云ってましたよ、と店長に云いながら、自分の勃起を咥えたままのMさんを見やった。その背後から、本当かよと云う店長の素っ頓狂な声が聞こえてきて、思わず苦笑する。

口を精一杯開いてもぐもぐと勃起を舐めしゃぶるMさんは、やはり返事はしなかった。どうせなら一緒に行きましょうか?と再び店長に云うと、それも良いな、と彼は応えた。数瞬後、堰を切ったように店長は激しく腰を前後し始めた。其のスピードはMさんが此れまでに経験したことのない素早さで、それにもかかわらずストロークは精一杯、勃起の根元から先端までを行き来した。

口で感じていたモノの数倍、店長の勃起はたくましさがあった。それに見合うほどにいきなり激しくなった突き上げに、思わずMさんは声と一緒に男の勃起をはき出しそうになったのを、頭を押さえられて留められた。どこか強引だけれども、Mさんはそういう仕打ちが嫌いではない。それを好いことに二人共が、カメラを構えて、俯くようにして自分と繋がっているMさんを写し込んでいた。男もMさんの口へと勃起の抽送を開始する。

やがて二人が前後するタイミングが重なってMさんの身体自体が大きく揺さぶられ始めた。いつの間にかMさん自身、快感に飲み込まれてエクスタシーを貪るように秘裂に手を宛がって弄り回していた。羞恥に傾いた快楽の波に、直接的な刺激を加えて一気に高まろうとしていた。それがやがて一つになって頂点へと達しようと躍起になる。三人がひとつになって波打つような錯覚に、次第にMさんの意識は溶けていった。




元祖リベンジポルノ もりすむmorisoon datsuzaru 香川の肉便器 [写真集][IV] 真紀(20070705-202906)のアルバム Winnyつこうて彼女とのハメ撮り画像を流出!「真◯ちゃん」 一高の真紀ちゃん 高知大学水泳部リベンジポルノ







Let Me Ride

2016.04.24.Sun.21:01

ストンに興が乗ってくると、Mさんも諦めたのか、晒されている部分を隠そうとはしなくなった。それに気づいた男が店長トイレ代わりに、拡げた足へと彼女の手を持って行くと、自然とMさん自身の手がそれを固定した。すかさず店長は自由になった手にカメラを持って、勃起を受け入れるMさんの妃裂にレンズを向けた。少し腰を引いて、レンズ越しにその部分を食い入るように見つめる。

そうしている内に、店長の勃起が再び力を取り戻し始めた。自分でそれを握って硬さを確かめると、俺にも其のオマンコの具合の良さを味わわせてくれよ、と切なげに訴えた。もう大丈夫なんですか、と男は苦笑しながら云ったが、実際彼の方でも、そろそろ違うステージを予想していたので、素直に従った。彼自身、挿入の快感よりも、そろそろ欲望を解き放ちたいと思っていたのだ。

Mさんを再び背中から抱いて上半身を起こすと、男は立ち上がった。そして腰を引いて一度Mさんから離れると、彼女をくるりと反転させた。正対するMさんを抱きしめて唇を吸っていると、彼女の後ろから店長が躙り寄ってきて、何の衒いもなく勃起を差し込み始めた。立ったまま、その行き先を探るように店長は全身を上下査収に揺さぶって、ひたすら願う場所を探る。

腰を引くようにしてMさんがそれを受け入れようとすると、自然と前屈みになる。先ほどとは全く正反対の体位で、今度は男の勃起を口に含んだ。まだ店長の残り香が張り付き、臭気が鼻奥に残っている内に、再び違う勃起がそこを蹂躙した。其の違いを味わう暇もなく、男はぎりぎりまで膨らんだ亀頭を喉へと押し込んできた。ほぼ同時に、店長の尖端がMさんの秘裂を抉り始めていた。




正真正銘リベンジポルノ 本物リベンジポルノ 高知大学水泳部リベンジポルノ インターカレッジ水泳リベンジポルノ 丸橋知晶 素人図鑑07 セクシービデオ出演