FC2ブログ

It's Too Funky in Here

2016.04.08.Fri.19:34

静さを維持するように、男は妃裂に触れた手を引っ込めて腰から上へと手を滑らせた。身体のラインをなぞるようなその動きは、明らかにカメラを意識している気がMさんにはした。手が脇の辺りまで来ると、そのまま前に回って乳房に触れる。それも下から支えるように持ち上げて、カメラの方に掲げるような仕草だった。直接顔を見ることは出来ないけれど、自分よりもキットカメラの方に関心があるだろうとは想像できた。

一通りMさんの身体を手で撫で回すと、やっと男はMさんの腰を抱えて前に歩み出した。ソファの前に回るように移動すると、男はカメラを手に取り、そのままMさんの身体をかわしてソファに座った。ゆったりとした背もたれに半ば仰向けになるように男は身体を預けた。再びMさんは彼の目の前に、中途半端に放り出されてしまった。さっきよりもずっと淫靡な快楽の種が、燻りの炎をモウモウと発てているにもかかわらずまたしてもだ。

そんな事にはお構いなく、冷静な表情のままで下から仰ぎ見るようにして、男はカメラを構えた。そのままそこに立ち尽くしているMさんをカメラで覗き込みながら、その視界の外で何か合図をする。彼自身の股間を指でさした。素直にMさんは同意したように小さく頷くと、男の足の前にしゃがみ込んだ。床についた膝が仄かに暖かく感じるのが不思議に思えた。この部屋全体が、熱を帯びているような奇妙な感覚がする。

床にはカーペットが敷かれてあってMさんはそこに直に腰を下ろす。カメラはずっとそれ追っていて、Mさんが座り込むとか半身越しにその顔を捉えた。足の間に身体を押し込むようにしたMさんは、手を伸ばして男のジーンズの前をまさぐった。そしてジッパーを下ろすと中から勃起した逸物を引っ張り出した。今まで抑え込まれていた感情が爆発するように、それはMさんの前で雄々しく躍り出てきたのだった。




鬼束ちひろ 北村実穂 ブログ chihiRo 吹石一恵






Get Up Offa That Thing

2016.04.09.Sat.07:59

ーンズからは勃起を極めた逸物だけが露出していて、Mさんが手を離すと弾けるように撓ってカメラの方に先端を向けて寝そべった。Mさんはその根本を手で支えて起こそうとするが、その力の強さに驚きの表情を見せた。だがすぐに、そのものが持っている雄々しさに気づいて、Mさんは嬉しそうに目を細めた。それを含むためには、いつもよりも力を込めなければいけないその偉容にMさんはうっとりする。

自然と顔がほころび、やっとそそり立たせた勃起越しのその笑顔を見て男は小さな笑い声を漏らした。好い表情だね、と云った。そのまま笑ったままで頼むよ、と冗談交じりにそう云って自分で笑う。その声に、やっと感情が滲んでいる気がした。云われるまま、Mさんは笑みを浮かべたままで男の顔を見つめながら、その勃起に顔を近づけた。近づくにつれて男独自の臭気が鼻を突く。

待ち望んだモノをようやく手にしたかのような、安堵感がMさんの表情に溢れていた。その感覚を噛みしめるように、Mさんは棹の部分に指を巻き付け、ゆっくりと何度も手を上下させた。これ以上勃起することはないとわかっていても、慈しまずにはおられないのだ。男の顔と勃起を何度も視線が行き来する。どこかで確認か、もしくは許諾を待っている目つきをしていた。答えはわかっているにもかかわらず、Mさんは許可が欲しかったのだ。

言葉は発せられなかったので、許されたのか、あるいはMさんが我慢しきれなかったのか、やがてMさんの身体が伸び上がり、勃起の上に覆い被さるように近づくと、そのまま先端に唇を触れさせた。するとすぐに、その後頭部を男が押さえ込んだ。二人の間の契約は済んだ。キスをするように先端だけを小さく吸い、そのまま裏筋をなぞるようにして棹を下った。勃起越しにMさんの表情が見えた時にはもう、視線も肌の紅潮もが全てが淫猥な色に染まっていたのだった。




鬼束ちひろ 北村実穂 ブログ chihiRo 吹石一恵




藤原みわ 北村実穂 裏ビデオ 長澤まさみ ガンダム二台目 藤原みわ ラブバイアス 奥様巨乳 国の巨乳画像 MAMAアフリカ アメブロ blog 巨乳 おっぱい相撲 巨乳 相撲 藤原みわ 画像 関根郁恵 成瀬紀子 森田遥 岡田愛梨 浦野菜未 三宅百佳 吉原奈生子 新藤恵美 やなぎみわ 綾瀬ティアラ 綾瀬蘭 黒木麻衣 花野真衣 SHIHO 心有花 青葉雫 山崎真衣子 叶あん 松雪杏奈 大村結喜 保坂友利子 中島聡子 美空陽子 藤堂明美 愛沢蓮 瀬奈ジュン 滝川理央 沖本沙耶 近藤美佐 朝倉ことみ 酒井杏奈 里中めぐみ KOTONE 優木モナ 折笠弥生 大滝美帆 阿部瑞希 RiCA RICA 彩音リカ 町村小夜子 綾峰しおり 小嶋実花 根本理沙 野原あおい 宮下つばさ 宮下真央 あいみ沙希 上原真美 吉川真紀 SAKI 武内麻友 浅見純 沢村麻耶 つかもと友希 牧本千幸 草凪純 加納瑞穂 浅海成亜 桃瀬くらら 野坂なつみ 北岡錦 藤小雪 金子ゆかり 岡本美和 篠宮のり子 石川英美 中島はるみ 今野成美 森山ゆき 今村あやこ 田中露央沙 具志堅陽子 セーラ 吉本聖薇 塩沢千夏 早坂ゆみ 大滝由希 小池めぐみ 島田いづみ 松本かずえ 藤井夕子 畠山涼子 伊藤由莉 金井彰子 鰐淵秋子 広瀬彩香 小林理佳子 岡本マヤ 元祖リベンジポルノ もりすむmorisoon datsuzaru 香川の肉便器 [写真集][IV] 真紀(20070705-202906)のアルバム Winnyつこうて彼女とのハメ撮り画像を流出!「真◯ちゃん」 一高の真紀ちゃん 高知大学水泳部リベンジポルノ 元祖リベポ


The Boss

2016.04.10.Sun.11:26

起は上手い具合に棹から先の部分だけを露出させていて、袋の部分はジーンズに隠れていた。だが、そこもふっくらと盛り上がって締まっていることをMさんは肌で感じていた。ジーンズ越しに撫でてやると、玉のように膨らんだそこの弾力が心地よかった。顔はどこか興味なさげな表情を装ってもいるが、充分に興奮していることを知ってMさんは安堵した。

それならばと、今度はMさんの方がその興奮を煽ってみた。敢えてカメラのレンズの方を向いて、その向こうの男の視線を見据えながら、Mさんはじっくりと時間を掛けて勃起の先端を唇で愛撫した。丁寧に亀頭の隅々まで唇を滑らせて、その隙間から僅かに舌先を覗かせて、微妙なタッチで愛撫する。敢えて舐め回している先端を強調するように距離を取り、下で撫で回している最中も視線をカメラから離さなかった。

そうしながらも亀頭裏の筋張った部分や笠の周辺に来ると、そこに吸い付いたり、舌で弾いたりしてピンポイントに責め立てた。男はやはり無表情を装っていたけれど、無意識の内に敏感に勃起は反応した。根本を支えた手に硬直が増すのが感じられ、時には勢いを付けて撓り、思わずまた音を立てて腹を打ちそうになるのを、Mさんは留めるのに必死だった。

それでも撫でさするだけではいつか馴れてくる。それに飽きが来ないうちに、Mさんは亀頭の先端辺りを集中的に舐め始めた。大きく出した舌がベロベロと二つに割れた口の辺りを丁寧に舐め撫でる。やがてMさんは身を乗り出して舌を押しつけたまま上から覆い被さるような格好になった。そして一気に音を立ててそこに吸い付くと、あっという間に赤黒くなった亀頭はMさんの口中に消えていった。




鬼束ちひろ 北村実穂 ブログ chihiRo 吹石一恵







Soul Power

2016.04.11.Mon.21:15

本を押さえていた手を離すと、かろうじてMさんの顎で直立は維持出来ていたが、少し動くとたちまち腹ばいにされそうになった。それを厭わず力に任せて、Mさんは更にずり上がるように男の下腹部に覆い被さった。さっきよりも男に近づき、Mさんは自由になった手を男の身体に伸ばした。そのまま腰に手を回してしがみつく。もう視線をカメラに向けるのは不可能になってしまった。その代わりに熱心に勃起に吸い付く。

反ったまま寝そべった勃起から口を離さず、ひたすら口の中の牡の性器を舐め回した。充分に自分の一を確保したMさんは、続けて意外に上質な生地をまとった長袖のシャツの裾を、ジーンズから引っ張り出すように押し上げてその中に手を差し込む。胸の辺りにほんの僅かな突起があるそこに触れる。さっきのお返しとばかりに下からそこに手を宛がい、撫で回した。

男の胸板はしっかりと厚みがあってその筋肉にMさんはうっとりとしたため息を漏らした。筋肉フェチと言ってもイイMさんは、なにより男の胸板がそれを象徴するにに心酔していた。悦びは自然と、彼女の行為に熱を加える。t法前のように、勃起を含んだまま舌で転がす動きに熱が入る。そうしながら大きく吸引すると、男はせり上がるように腰を浮かせて喉まで押し込んできた。それに応えながら、Mさんはジーンズに巻かれたベルトを外す。

男はトランクスを穿いていなかった。ベルトを外してジーンズを引き下ろすと、たちまち下半身が露わになったのだ。そこだけ自己主張するかのように、勃起とそれに連なる袋だけが異様に目立って見えた。Mさんはいったん勃起から口を離してその様子をしげしげと鑑賞し、今度はその太股の間に顔を埋めていった。汗と体臭と、牡の性の匂いが入り交じった匂いにクラクラしながら、Mさんは更にそこへとすがりついていった。




鬼束ちひろ 北村実穂 ブログ chihiRo 吹石一恵




AV女優 堀口真希 フルHD 無修正動画 コスプレ



Garden Gate

2016.04.12.Tue.02:58

ーンズを足首から抜き去ると、男は片足をソファの肘掛けに引っかけた。下腹部が完全にMさんに対して無防備になり、好きにしてよ、といわんばかりに偉容を晒した。その無防備さは、表情に浮かぶ冷静さと相まってMさんを圧していた。それでも悦楽に囚われたMさんはまず勃起を握り、一度唇に含んで唾液で湿らせると、やや力を込めて上下に扱いた。笠の出張った部分を指で擦りあげる。

手の動きを早めながら、顔は股の間に埋めて袋の部分に口づけた。随分と貯まっているのか、いつでも射精可能なのか、まるまると珠のようになって袋の部分が膨らんでいた。Mさんはそこに僅かに走っているしわをなぞるように、縦横無尽に舌を走らせた。すると、キュッと珠が迫り上がり、同時に男が低い呻きを上げた。それがいったん収まると、Mさんの髪に指を絡ませて引き寄せた。

更にしっかりと舌先が肌に触れ、縦横無尽に袋を走り始めると、堰を切ったように男は急にあからさまな声を上げ始めた。何とか手を持ち上げてカメラをMさんの所行に向けるが、その手が震えていた。上目遣いでカメラを確認すると、Mさんの舌先に感応するようにカメラがビクついているのだ。威圧的だった男が、快感に負けて奴隷のように悲鳴を上げている、そう思うとMさんにも悪戯心が芽生えてきそうになる。

余裕を持ち得たMさんは、これを見せられたDさんは酔ってしまうかもしれない、などと思って苦笑したが、一度始めた攻めはもう止まらなかった。彼女は袋に吸い付いて、そのしわを引っ張り出すように伸ばして見せた。そして離し、また吸い付く。舐め回しながら、何度も吸い付き、そのたびに男は勃起を撓らせ、全身を震わせたのだった。時々、その奥のアヌスの辺りへ届く肌に触れてやると、いっそう男は鳴き始めるのだった。




木村文乃 宇賀なつみ 日下花菜 牟礼祐美 戸次香織 鈴木菜央 池本美香主任研究員 カー・ペッティング 素人図鑑7






Woman

2016.04.13.Wed.07:02

じ入って勃起を撓らせてはいるが、意外に男はなかなか射精しそうにはなかった。それだけタフなのだろうが、責める側のMさんは多少舐め回すのにも飽きてきた。それ以上に自らの妃裂辺りが熱く疼いて貯まらなくなっていたのだ。余裕を取り戻したMさんは、ようやく対等に快楽のキャッチボールに専念し始めていたのだ。そこに、さっきの指の感触がまだ残っていて、名残のように熱を帯びているのだ。

それをMさんはしゃがみ込んで立てた踵に股間を押しつけて、刺激を加えることで何とか紛らわせていたが、熱に煽られて溢れる蜜は止めようもなく溢れていた。少し動くと肉がよじれてクチャ、という卑猥な音がしそうだった。そのままでは床を汚してしまい、カーペットに染みを作ってしまうことも気にした。もっとも、それほど綺麗に手入れされたカーペットでもないのだが。

そろそろ入れて好い?Mさんの方から切り出した。カメラに向かって云うと、男に言っているのか、Dさんに尋ねているのか分からなくなる。だが、男はもうちょっと待ってよ、というとカメラの横から顔を出してニヤリと笑った。そして、Mさんの髪に絡んだ手をほどくと、指を立ててやや下を向けた。そして、そのおっぱいで挟んでくれないかな、と続けられて、Mさんは納得した。

ただ、Mさんはいわゆるパイズリ、というモノが得意ではない。実は、それはMさんには快感をもたらすのだが、挟んだ勃起に同じモノを与えられているのか疑問なのだ。そう思うと、なかなか集中できないままで終わる。それでも、一応勃起の上から覆い被さるようにして胸の谷間に宛がい、両側から乳房を押さえて挟んだ。そのまま上半身を前後させて勃起を扱く。顎を引き舌を差し出して勃起の裏筋を舐めてやると、途端に男はまたうめき声を漏らした。




木村文乃 宇賀なつみ 日下花菜 牟礼祐美 戸次香織 鈴木菜央 池本美香主任研究員 カー・ペッティング 素人図鑑7




東京熱(Tokyo-Hot)


Tend My Garden

2016.04.14.Thu.09:06

腹部で前後に身体を揺するMさんの姿は、確実に男を刺激したが、一方でDさんと繋がったカメラにはその様子ははっきりとは捉えられなかった。構えるカメラの位置がMさんを影にしてしまうのだ。男との逢瀬が今日の目的だが、それは遠く離れたDさんとの繋がりが基本にある。それが今カメラを挟んでいるからには、彼女の行為が写り込まないのは好ましくないはずだ。

それを男は手を伸ばして上の方からMさんを写し込むようにして何とかカバーした。だが、あまり扇情的なシーンとは言いがたかったし、Mさん自身がただ奉仕するだけで、あまり感じ入ることが出来ない。男の肌に乳首が触れて、動く度にこすれて刺激は走るが、今ではもうそれだけでは満足出来ないほど高まっていたのだ。二人の間に、どことなく緩慢な意識に気が散ってしまいそうになる。

その時、部屋のドアをノックする音が聞こえた。最初聞き間違いかと思ったMさんだったが、続けざまになるノックの音に思わず動きを止めてしまった。隣でもなく、確実にこの部屋の扉をノックしている。だが、内側から鍵を掛けてあるはずで、覗かれることはないはずだ。それを確認するように男の顔を見上げた。その強ばった表情を見て、男はまた冷徹なニヤケ顔を浮かべた。

Mさんの思惑とは裏腹に、好いよ、とまた呑気な声で応えた。それでも男は動こうとしないのが、未だMさんには安心できた。しかし間もなく、部屋の扉のロックを解除する音が鳴り響いた。そしてドアが開かれる。男のカメラは訪問者に向けられた。するとそこにもカメラを構えた男が立っていた。その男はカメラを向けたまま入ってくると、そのまま後ろ手で鍵を再び掛けたのだった。




木村文乃 宇賀なつみ 日下花菜 牟礼祐美 戸次香織 鈴木菜央 池本美香主任研究員 カー・ペッティング 素人図鑑7