FC2ブログ

Give It Up or Turnit a Loose

2016.03.31.Thu.23:45

手の生地のコートは暖房の効いた店内にいると暑いぐらいだが、さすがにその合わせが開放されると肌に直接その温い空気が触れた。Mさんは手でコートを再びとじ合わせようとしたが、男の手がそれを阻んだ。気をつけのような格好で腕をホールドされたMさんの全面は、だらりと開いたコートの隙間から、全く何も下着を着けていない肌を晒していた。

Mさんの身体を拘束しながら、器用に手を伸ばして男は直に乳房に触れた。片方を鷲掴みにすると、弾かれたように乳首がピンと勃起するのがMさん自身にも感じられた。身体はいつしか猥らに反応していた。その乳首を指の間に挟みながら、男は大胆に乳房をもみほぐしながら、どれがイイ?と再び訊いた。男の視線は何事もないように、まるでスーパーで缶詰を選ぶみたいな恍けた視線で棚を見渡していた。

その向こうで、またあの小太りの男が通り過ぎた。明らかにMさんに好奇心を抱いた目をちらりと向けてきた。明らかに、Mさんの様相の変化に気づいていた。その目にMさんの猥らな姿が飛び込んだのだろう、たちまち立ち止まると、棚の向こうに隠れるようにしながら、その影からこちらをじっと見始めた。その目はもう、何かを吹っ切ったように店員と同じように躊躇がなかった。

いよいよグッズを選ばなければ逃れられそうにない状況が切迫し始めた。Mさんは慌てて棚の方へと視線を走らせ、目に飛び込んだグロテスクな形状のバイブレーターを指さしたのだった。その陳列の向こうに、別の男の顔が見えた。その男はじっとこちらを見ていたが、それが微妙に揺れている。視線を落とすと、ズボンの前が膨らんでモゾモゾと動いているのがMさんには見えたのだった。




モデリーン スネアの倍音 泣き寝入り セトゲー 宮崎あおい REMO




素人動画


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

Cold Sweat

2016.03.30.Wed.01:36

れられるはずなど毛頭ないのだが、それでもMさんは男の方に身を寄せて視線から逃れようとした。レジの店員からはずっと見つめられているし、さっきの小太りの男はチラチラと時々顔を出す。他の客も何人か居て、やはりMさんの方を見て視線を反らすが、好奇心のまなざしは次第に濃厚になっていた。棚の向こうからも、ひっそりと覗かれているのではないか、という疑心暗鬼だけでMさんは混乱を極めた。

ローターの方が好きだったかな、と男はMさんの腰を抱きながら棚を移動した。数歩横へずれただけだが、より好奇の目が注がれたような錯覚にMさんは襲われて身を固くした。グッズなど選ぶ心境ではなかったが、選ばなければここら逃れられないのではないか、と云う強迫観念に駆られ始めた。だが、そんな心持ちで何かを選ぶことは、かなりの困難をMさんに強いた。

それでも慌ててMさんは棚に目を走らせる。それを男はめざとく認めて、これ最新式だよ、と一つの小箱を指さす。その一方で腰に回していた手が脇の方までずり上がってきた。Mさんの腕を持ち上げるような格好で伸びてきた手はそのままMさんの胸元へと回り込んだ。探るように指先が、開いた胸の谷間の肌に触れる。初めて直接肌に触れたその手は、自棄に冷たくMさんは鳥肌を立てた。

その指は、そこで留まらずやや下方にずれるとコートのボタンに触れた。その途端、ボタンはするりと外された。内側の起毛が肌から離れる感触がして、思わずMさんはその手を掴んだ。ボタンを外す手を掴もうとしたけれど、結局腕を掴むような格好になる。もうすでに遅く、コートのボタンはあっという間に下の方まで外されてしまったのだった。店内は暖房が効いているはずなのに、冷たい風が吹き込んできたような感触をMさんは覚えた。




モデリーン スネアの倍音 泣き寝入り セトゲー 宮崎あおい REMO







I Got You

2016.03.29.Tue.12:01

り上げた裾をいったん手を離して下ろした男は、それまで棚を見上げていた姿勢をMさんの方に正した。代わりに、好きなのを選びなよ、とMさんを引き寄せながら云った。腰の辺りを抱きながら、様々な種類のバイブレーターが並んでいる棚の方へMさんを正対させる。どこに視線を逸らしても、その卑猥な形の玩具の類いが目に飛び込んでくる。Mさんはそのれを眺めるしか手がなかった。

その時視線の端に、Mさんは新たな影を認めて再び身を固くした。ちょうど今まで彼女の背中の方向に隠れていたのが、レジの前に立つ店員の姿だった。待ち合わせた男よりはずっとMさんと歳が近く見えるその店員は、じっと彼女の方を見続けていた。それも、憚ることなく絡みつくような眼差しをMさんに向けて投げつけていた。おそらくは、さっき男にされた行為も目撃されているに違いない。

とっさに背中を向けるようにしてMさんは男の方に身を寄せた。だが、その向こうにも新たな影がよぎる。小太りの背の低い男が一瞬、棚の方を向いてその列に入りかけて、Mさんと目が合うと慌てたようにその向こうに消えてしまった。ふと気づくと、Mさんのコートの上の方はまだ大胆に開かれたままだった。胸の谷間がかなりの深さで露わになっているのを、慌てて前を合わせて覆い隠す。

待ち合わせにアダルトショップを選ぶのは、羞恥を煽るDさんの演出だとしても、そこに長居するつもりはなかったMさんだったが、それとは全く逆に男は呑気な表情で、やはり棚を見上げていた。まるで周囲の視線など目に入らないように、どれでもイイよ、などとMさんに声を掛けて笑うのだった。その平然とした表情と、さっきMさんに手を触れた時の表情は、まったく異なっていた。そのギャップが、Mさんをどこか追い立ててもいたのだった。




モデリーン スネアの倍音 泣き寝入り セトゲー 宮崎あおい REMO







Anyway the Wind Blows

2016.03.28.Mon.22:12

をのむ雰囲気が伝わり、またしても男は無言になった。視線は開いたコートの合わせ目から覗く乳房の谷間に釘付けになっていた。そして何も言葉を継がないまま、男はMさんの方に手を伸ばしてきた。男のモコモコとした上着の袖から細くしなやかな手が現れる。Mさんに負けないほど白く見えるその手はコートの裾の部分を捉えると、一気に上へと捲り上げた。

下までぴっちりとボタンが掛けられているが、男が大胆に持ち上げたせいで、股間の辺りまで露わになった。当然のようにそこに下着の類いはなく、太股の間にひっそりと息づく妃裂の影が見えた。オオッ、と男が息をのむのがMさんの耳をくすぐった。男の初めて、感情の吐露だった。そこにだけ興味が集中して、それ以外は興味がないという典型的な現代の若者だった。

男は手を離すと、イイよ、と云い、Mさんは胸元を晒していたコートを閉じた。やっと緊張がほぐれたのか、男はMさんの方を見て、そのことを伝えるように笑顔になった。そうしてもう一度、上から下までじっくりと眺めて、そして、Mさんの顔に視線を止めた。明らかに最初に逢った時とは違う目の輝きが見えた。それはもう、興奮に淫靡な炎を宿していた。そして、いくらか凶気に似た鋭いモノも混じる。その視線に射すくめられて、もういきなりの羞恥との狭間でMさんの秘裂はじっとりと濡れ始めていた。

彼女は今日は眼鏡を掛けていた。普段はコンタクトだが、今日は敢えて眼鏡を選んできた。約束、と云うほどではないが、それもDさんのリクエストだった。何度もDさんの前では眼鏡顔を見せてきたが、結構彼の好みがそれらしく、敢えてそういうところに拘るのも、Mさんを渇望している現れかもしれない、とMさんは思っていたのだった。




素人HD新婚無修正セックス動画 無修正淫乱熟女の秘密のオニイ







Last Will and Testament

2016.03.27.Sun.03:45

いて近づいてきたMさんを見て、その男はやぁ、と何とものんきな声音で声を掛けてきた。ダウンジャケットにジーンズ姿のその男は、見たところMさんよりは随分と若い。ジーンズも腰履きでいくらかダブついている。服装の端々が、どこか暴力的に彼女には感じられ、威圧感のようなオーラが出ている気がした。Mさんの周囲にはあまり居ないタイプで、そういう若者特有の無機質な愛想のない表情をしていた。

それが緊張のためだというのが分かったのは、最初の一言以来会話が繋がらないことで、俯きながらもチラチラと男を観察しているMさんに気づいて、何とか言葉を紡ぎ出そうとどぎまぎしていた。小心を荒っぽい外観で押し隠しているような、ちぐはぐさがよけに仏ではない感触をMさんに植え付ける。ふと見ると、小脇に小さなポーチのようなものを挟んでいて、そこからあからさまにビデオカメラのレンズが覗いていた。

もう映像が撮られているのか、どうなのかはMさんには分からなかったが、レンズはしっかりと彼女の方を向いていた。男はキョロキョロと所在なくアダルトグッズの棚を眺めたり、その卑猥な形をMさんの表情を見比べたりしていたが、やっと決心が付いたように、約束、と言葉を発した。その声は掠れたようにMさんには聞こえたけれど、彼女自身も普通の心持ちではなく、その感触は曖昧だった。

Mさんは待ち合わせの場所と一緒に、Dさんからあることを申し渡されていた。ちゃんとそれを実行している?という意味で男は、約束という表現で促した。ハッとしたようにMさんは顔を上げると、また俯いて、静かに着けていたコートの上の方をはだけて見せた。その下には何も着けていないのが、隙間からはっきりと見えた。白い肌が浮かぶようによけいに男の目に焼き着けられた。




素人HD新婚無修正セックス動画 無修正淫乱熟女の秘密のオニイ






Don't Cry Sister

2016.03.26.Sat.03:45

ンタルDVDショップのような見栄えの店内は、意外に敷地があって奥行きが結構あった。郊外型のDVDショップとは比べようもないが、コンビニ程度の広さは充分にあった。入り口はガラス戸になっていて、そこに面してずらりとAVDVDが並べられていた。外からは詳細はわからないけれど、おぼろげな輪郭だけでそこが普通のレンタルショップではないことは明かだった。

DVDの棚が何列か並んだ向こうに壁が一つあり、その両脇に入り口のようなスペースが空いていた。その傍らにレジがあり、エプロンを着けた店員が立っていた。Mさんが店に駆け込んでくると、一瞬彼女の方を見やって、すぐに視線をそらした。少し俯いて、その影でニヤリと笑ったのを、Mさんはハッキリと捉えた。その時点で、誰と誰にDさんの息がかかっているかはまったくわからなかった。

通りの好色な男達からは逃れることが出来たが、赴いた先はアダルトショップで、そこも女性が一人では居るような場所ではない。書店型のDVDショップは、それでもいくらか普通の書店の体裁はあったが、そこは紛れもなく性欲を満たすモノだけで成り立っていた。並んだパッケージの全てに、あられもない女性の裸体が踊っていて、しかもかなりマニアックなプレイを集めたように感じられた。

待ち合わせはバイブの並んだ棚の前、という知らせだけで、Mさんは慌ててその棚を探した。店の奥へと入り込んで、すぐにその棚を見つけた。そこに一人のダウンジャケットの男が立っているのを見つけて、やっとMさんは安心した。その時やっと周囲に目が行き届き、客がその男だけでないことに気づいて、Mさんは顔を真っ赤にして俯いたのだった。




素人HD新婚無修正セックス動画 無修正淫乱熟女の秘密のオニイ




Peachy


Hard to Thrill

2016.03.25.Fri.03:45

の真っ盛りの頃、MさんはDさんに呼び出されるような格好である深夜営業のアダルトショップに赴いた。Oとアダルトショップに出入りしていることは、すでにDさんの耳にも入っていたのだった。しかし、そこにDさんが現れるはずはなく、代わりの男が待っていることはMさんも承知の上で、それが何らかの形でDさんに伝わることもよく分かっていた。

Oと二人で書店型のアダルトDVDショップに赴くのはその頃当たり前になっていて、そろそろ飽きが見え始めていた。店の中に入るのも、いつしか馴れてしまっていた。だが、その時Mさんは一人でそこに赴いた。実際彼女が一人きりでそういう場所に行くのは初めての経験だった。Oが駐車場で待っていて一人で店内に入ることはあったが、全くの単独は初体験だった。

それだけでMさんはいくらかの緊張と昂揚に翻弄されていたが、いざ待ち合わせの場所に着いてみると、そこは思っていたショップではなく、もっと本格的なアダルトショップだった。やや街中からは外れた風俗街の一角で、郊外の書店型とは違い、小さな看板がぽつりと出ているだけだった。見た目だけではそうとはわからないけれど、それがより風俗街の中ではいかがわしさを強調していた。

近くのコインパーキングにクルマを止めて、そこまで歩かなければいけなかったが、そこはもう女性一人が来る通りではなかった。男達が女性を物色しながら行き来する、まさしく風俗の街だった。そこへMさんが一人で歩いていると、当然好奇の目と声の洗礼にあった。足早に一目散でそのアダルトショップに駆け込むしかなく、その時点でもうMさんは羞恥に塗れていたのだった。




素人HD新婚無修正セックス動画 無修正淫乱熟女の秘密のオニイ