FC2ブログ

It's Too Late

2016.02.23.Tue.23:14

らが生活している場所でも、Mさんが見る風景はほとんど朝か夜だった。昼間は休みの日以外は職場にいて、休みの日でも部屋から出ることは稀だった。もちろんそれはOのせいだ。そのせいか、彼女自身も夜の風景に何かを見いだしていてはいた。それは最初の夜歩きの時に、近くの公園にOを誘ってそこでキスを交わした程度でその時は終わっていたが、Oにとってはそれは、次へのステップへの合図にもなったのだ。

二人が出歩くのは、だいたいが一度交わった後が多かったので、日付が変わる頃が多かった。それまで起きて居られるのは翌日が休日で、しかもお互いに訪問者が居ない時に限られた。逆に言えばそんなときだからこそ、いつもとは違うことを試したくなるのだ。未だほんのりと身体に欲望の残滓が纏わり付いている上体で、まったく無関係に現実を貼り付かせている街に出ることは、それだけでなんとなく背徳に塗れる。

何度目かの夜の散歩は、コンビニへと向かった。行きはまっすぐ向かって、帰りは少し回り道をして帰った。そのルートはOが促すままにMさんは着いていったのだが、半分は夜道を探索する目的だった。Mさん自身も何かを予感して、胸を高鳴らせながらOの腕に腕を絡ませて着いていったのだ。深夜の通りは周囲の住宅にも、もちろん路上にも人の気配は皆無だった。一瞬、世界には二人だけしか存在していないような錯覚を覚える。

大通りの方からは、トラックの轟音が聞こえたりバイクの疾走する音が消えていくが、それも遠くの喧噪だった。その騒音が過ぎると、細い道は驚くほど静かだった。周囲に家が建ち並び、そこには誰か住んでいるらしいけれど、音はまったくしなかった。二人は身を寄せて、街灯を伝うようにして歩いていた。その街灯と街灯の隙間の、一瞬暗がりになる場所で、不意にOの手が離れMさんの胸元に触れた。それが全ての始まりだった。




藤川みな代 河井美早紀 西村香織







スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

Work to Do

2016.02.22.Mon.19:02

心部から放射状に街が広がっていき、急速に発展した郊外は綺麗に区画整理されていたが、中心部は未だ雑然としていて、Mさんの住むマンションの周囲でも、その名残はあった。道はある程度は整備されていたが、所々抜け道のような路地があったり、角地を利用した小さな公園が申し訳程度に作られていたりする。Mさんのマンションも表通りはまっすぐな道に面していたが、反対側は細く曲がり角の多い路地だった。

雑多に街の構成物が集められたような街の造りは、思わぬ処に住宅地には似つかわしくないあでやかなネオンがあったりするし、大きな看板の書店型アダルトショップなども広い通りにはあった。その隙間を縫うようにコンビニが点在していて、それを囲むように新しいマンションが建ち、昔から住む日本家屋があり、とバラエティに富んでいるのだ。人の住む場所として、決して環境が良いとは言いがたかった。

車中心の生活圏ではあったが、そんな立地のおかげで、歩いて散歩できる場所には事欠かなかった。道の角の傘下口には、申し訳程度の公園なども作られていて、それはMさんが大学時代に住んでいた場所にも似ていた。そこも、学生街として雑多な場所だった。MさんとOが二人して、深夜に歩き回るのにも、その理由は軽く近所を散歩、という程度で充分だった。夜食でも、とコンビニや深夜までやっているスーパーへと足を運ぶのは、簡単なことだった。

夜道に街灯が備わっている通りもあったが、路地までそれが続いていることはあまりなかった。どこか中途半端で、それが雑然とした印象を醸し出しているのだが、点在する闇は、二人にはちょうど良い舞台になった。初めてコンビニへと買い物に行った帰り道、Oはしっかりとその最適な舞台に目を付けていた。闇と光が交合に現れるそのシチュエーションに、Oの想像はしっかりとMさんを当てはめていたのだった。




藤川みな代 河井美早紀 西村香織







Keep on Walkin'

2016.02.21.Sun.09:47

間の許す限り、駐車場で二人はお互いに触れ合った。発射を終えた後に繋がることはなかったが、なかなか萎えない勃起をMさんは口で慰め、Oは指で彼女の妃裂を掻き回しながら、最後には絶頂へと導いた。また夜に逢えるのに、とMさんは独りごちたが、お互いを貪り合うのにそれは愚問だった。家では家のセックスが有り、今この駐車場の片隅にも、ここでしか出来ないセックスがあるのだ。

駐車場での逢瀬はそれでもまだ、人目を避けるような交わりではあったのだが、次第に馴れてくると、普通に街中を二人で歩いている時でも、何か新たな刺激がないかと考えるようになっていた。常識を逸脱することほど、快感を倍加させるスパイスはない。それが今までとは比べものにならないほど、二人には許されているのだ。その状況を、味わい尽くそうと二人は躍起になっていた。

ほとんどMさんの部屋に入り浸っていたOは、時々二人で近くのコンビニや、深夜までやっているスーパーへと赴いた。一応なにがしかの用はあるのだが、夜になってわざわざ出かけるほどのことでもなかった。二人して隠すことなく街を歩くことができる、そのことを昼間以上に謳歌する開放感もあったが、それよりはその道中に核心はあった。二人が夜の闇に紛れるのに理由はほぼ限られている。敢えて車を使わないのもそのためだった。

Mさんの住むマンションは、ちょうど市内中心部からはやや外れ、郊外の住宅地との境目ぐらいにあった。少し下ると閑静な住宅街で、反対側には郊外型のスーパーを中心に、賑やかな通りが夜になっても煌々と灯りを照らしていた。つまり、どちらへでも足を向けられる立地にあった。考えてみれば、それまで彼等がいた地元では夜ですら、二人で歩くのが憚られたのだから、まさにその街を、歩き回りたくなるのは自然なことだったのだ。




藤川みな代 河井美早紀 西村香織







Put a Little Love in Your Heart

2016.02.20.Sat.15:22

車場の隅にフロントガラスを壁に向けて止めていたので、ちょうどシートを倒して仰向けに寝そべるMさんの頭の方にクルマの通る通路はあった。しかし、平日の昼間にはクルマの行き来もほとんどなく、人通りは皆無といって良かった。オマケに薄暗がりに沈んで、車内の様子が外から覗かれる心配はなかった。それでいて明かりが差し込まないことはない。どこにでもある社用車に、スモークの類いが貼られているわけはなかった。

それでもお互いに仕事を抜け出してきているせいで、それほど大胆な振る舞うことはできなかった。最小限に繋がりで済ませるようにお互いに気を遣った。クルマでの交わりは、二人の間でも何度も重ねられていたのだ。気ぜわしい交わりだといっても、二人の結合がおとなしいままで済むはずはなく、OMさんを貫くと、とたんにMさんは艶色の声を解き放って悶え始めた。

さすがにクルマが揺れるほど激しい動きは憚られたが、それでも確実にOMさんを追い上げ、Mさんもいつも以上に勃起を締め付けた。並のオマンコでは浅い繋がりも、Mさんならではの奥へ奥へと誘うような蠢きに絡め取られては、Oの勃起はすぐに射精の間際まで追い詰められた。敢えてOもその急激な高まりを押しとどめようとは思っていなかった。その忙しなさこそが、そのセックスの目的でもあったのだ。

Mさんの乳房に吸い付きながら一心不乱に腰を振るOを、全身で感じながら彼女は云いようのない充実感を感じていた。寸暇を惜しんで自分を求められることに、Mさんは無上の喜びを感じるのだ。彼女の本能として、求められることに渇望している部分が有り、そこを最も満たしてくれるのは、例えば今のような状況なのだ。そしてついに中で勃起が欲望をはじけ飛ばした瞬間、悦びは最高潮に達して絶頂とはまた違う、幸福感に包まれたのだった。




藤川みな代 河井美早紀 西村香織






Sweet Season

2016.02.19.Fri.08:56

外型の大型スーパーの駐車場は立体式で、屋上でない限り隅の方は昼間でも薄暗がりになっていた。昼を過ぎる頃などは、営業途中の社用車の中で昼食兼休憩に充てているサラリーマンも多い。当然MさんもOもその中に車を駐めている。ココから離れるにはどちらかの車に乗り込み、またここに戻って別れるのだ。その日、二人が乗り込んだのはOの社用車で、どこにでもあるリースのライトバンだった。白い車体の横に社名がプリントされていた。

Oは運転席に乗り込むと、エンジンを掛けずに、いきなり助手席のMさんに抱きついた。Mさんがまったく抵抗を示さないうちに、唇を重ね合いながらシートを倒して、そのままOが覆い被さる。手早くMさんのシャツのボタンを外すと、ブラジャーをずらせてこぼれ出てきた乳房にむしゃぶりついた。Oの手慣れた仕草は、瞬く間にMさんの胸から彼女の身体全体へと、艶めかしい感触の波を揺さぶり発て始めていた。

Mさんの手も一直線にスラックスの股間に宛がわれ、すでに勃起しているその熱さと形状を確認するように撫で回していた。乳首に吸い付きながら、Oが自分でジッパーを下ろすと、Mさんは手を差し入れて勃起を引っ張り出した。そのまま指を巻き付けて、激しく扱き挙げた。Mさんの方も力加減から、最もOが疼くポイントを心得ている。的確に無駄を省くようにまっすぐにそこに刺激を加える。

二人はついさっき、今朝方まで一緒に居てお互いの身体を貪り合っていたはずなのに、もう勃起を極め、Mさんもそれを求めていたのだ。Oは手早くスカートを捲り上げると、ショーツに手を伸ばした。まさぐる暇もなく、それを引きずり下ろそうとするのに、Mさんは腰を浮かせてサポートしたのだった。ここですることは、もうお互いの中では確認済みで、それを認め合った時すでに、お互いの興奮は最高潮に達していたのだった。




藤川みな代 河井美早紀 西村香織







Love Put Me on the Corner

2016.02.18.Thu.08:24

目を気にせずに居られることは、セックスの新たな刺激に格段の自由度を与えた。そもそも二人の関係は、セックスが真ん中にあって、それは自然と二人共が意識をしていた。どんなルートをとっても、結局アハセックスに繋がる。その待ち合わせに、明るい場所を選んでも不安は少なかったし、それは時間にも状況にも豊富なバリエーションを与えたのだった。特に、平日に昼間、仕事を抜け出して逢う、というようなことも時々はできたのだった。

Oは営業で外回りの合間を縫って、Mさんの仕事場であるスポーツクラブの近くのスーパーで待ち合わせをすることが時々あった。Mさんも、水着を着てする仕事より、スーツ姿で外回りする仕事も増えていた。自然と二人共が同じ様な職種に落ち着き、それが結果として、時間がフレキシブルに使えるというメリットもあって、時間が合えば、喜んで逢いに出かけていったのだ。

社用車で立体駐車場のある大型スーパーへ出かけると、一階のコーヒースタンドを待ち合わせ場所に選んだ。けっこう目立つ場所だけれど、二人それぞれの職場からは離れていて、知り合いに会う可能性はかなり低かった。だいたいOの仕事の都合で、いきなり呼び出すことが多かった為、クドクド場所を説明するよりはずっと簡単に伝えることが出来た。Mさんも多少の無理をしてそれに応じて、時間になると待ち合わせ場所に急いだ。

堂々と昼間のコーヒースタンドで待ち合わせても、周囲はほとんど見知らぬ顔ばかりだし、お互いスーツ姿の二人に何かを疑う人は少ない。だがしかし、仕事の合間にそれほどの時間を取ることはできなかった。一応社会人としての常識は弁えている。当然、待ち合わせ場所から移動することになるのだが、だからといって距離のある場所で羽を伸ばすというわけにもいかなかったのだ。




藤川みな代 河井美早紀 西村香織




AV女優イベント(上原亜衣)


Lay-Away

2016.02.17.Wed.02:47

天地、という感覚は、実際に知り合いが少ないという状況にも表れていて、OMさんも、職場の人間以外に遊び相手はほとんどいなかった。Oは家族が、Mさんは友人達が遊びに来ない限り、職場と家の行き来でほぼ一日が終始してしまったのだ。逆に言えば、お互いの存在がほとんど見知らぬ土地にあること自体が希有な状況なのだ。肌を合わせ続けられることが、奇跡に近いことは充分に認識していたのだ。

そんな状況で、さらに親密な関係をお互いに求めるのは仕方のないことだが、その仲をより深めるために、その知己が少ない状況を利用したのだ。つまり、道を歩いていても、二人の顔を気に留める人物は皆無で、それを好いことに堂々と、まるで恋人同士のような振りをして街を歩くようになったのだ。明るい内に逢うこともセックス以外では珍しかった二人だが、それが気兼ねなく出来るようになっていた。

地元でいる時は大胆に屋外でセックスをすることもあったが、それも人目に付かない、という前提条件が崩れる子はなかった。どうしても隠密行動を強いられているのは仕方のないことで、逆にそれを楽しみもしていた。だが、新天地では隠れることを特に気にすることもなく、平気な顔をして二人でいられるのだった。二人の顔を見て、何かをたずねてくるものも居るはずもなく、明るい日差しの下でも二人は二人だけの世界でいられたのだ。

多少の羽目を外しても、それを知り合いに目撃されるということがほとんどない状況では、二人はしばしば並んで近くの街中を堂々と歩いた。それでもお互いに仕事を持っている身で、逢えるのは平日夜が多く、意図しなくても夜の灯りの元が多かったが、そこまでくると時には手をつなぐことさえあったのだった。その振る舞いは、まさに恋人同士と言ってよかった。もちろんOに妻がいて、などと言うことを詮索するものもまったく居なかったのだ。




藤川みな代 河井美早紀 西村香織