FC2ブログ

Genghis Khan

2016.01.31.Sun.04:27

中に身体を覆い被されてその重みでMさんはマットレスに突っ伏しそうになったが、それをOは許さなかった。逆に自分の方にMさんを引き寄せながら、自分も上半身を起こした。乳房を持つ手で下から支えてMさんを直立させると、自分は腰を落として下から突き上げるように体勢を変えた。阿吽の呼吸で、Mさんも身体を直立させて、下腹部へと体重を掛ける。より深くOの勃起を飲み込む快感に、喘ぎの色が変わる。

だが、その姿勢はどこか不安定で、特に快楽にとらわれたMさんは自らの身体を、意思だけでコントロールすることが難しくなっていた。自然と身体が反応して跳ねる姿は、意外に力強くしばしば、Oの勃起が抜けそうになった。その何度目かに、二人は苦笑しながらお互いの顔を見合わせ、ひととき呼吸を整えるように唇を併せた。口を塞がれると、その荒い息は鼻から抜ける。それがまた艶めかしく部屋のなかに響いた。

そうして今度は、マットレスの上で九十度方向転換して、ソファの方を向いた。マットレスがない時は、ソファがそのリビングでの定位置になるが、今はセックスのための道具の一つに化していた。背もたれにMさんを押しつけるような格好で、Oは再び後ろから彼女を貫いた。ソファの背もたれはいくらかリクライニングしていて、そこにうつぶせになるようにMさんは上半身を沿わせた。

無理に身体を起こさなくても、Oの勃起をまっすぐ後ろから捉えることができる格好になったMさんは、とたんに狂乱にも似た表情で快感に翻弄され始めた。それほど広くないソファの座部分に手を付いて、Mさんは何度も身体を撓らせ、ダンスを踊るように腰を振り乱して跳ね回った。まっすぐ突いてくるOに対して、今度はMさんの方から腰を回してそれを受け止めるようになっていた。





青葉かおり おかめソックス 国岡真由美








スポンサーサイト
[PR]

Twilight Zone

2016.01.30.Sat.18:45

の感触を確かめるように、お互いが最初はゆっくりと繋がったそこを擦り合っていた。上下左右に細かく位置を調整して、互いをもっとも良く感じ、且つ深い刺激に満ちているポイントを探る。何度繋がっても、それは日々変化するので仕方がない。バラバラな動きで、自分が最も快感を得るポイントを探るように、Mさんは尻を突き出し、Oは腰を振った。それが何時しかシンクロするようになり、そうするとリズミカルに二人は動き始めた。

Oが前後に揺する腰に併せるようにMさんがやはり下腹部をぶつけるような格好だったが、それが最も長いストロークで勃起を受け入れる体勢だった。斜め下から二人を捉えたカメラに切り替わると、出し入れされる勃起の様子がよく分かった。たっぷりとした肉付きの尻がゆさゆさと揺れ、その中心に肉の棒が傍若無人に見え隠れしている。互いがぶつかる度に、全身が奇妙に震えるのもわかる。

身体をあげたMさんとマットの隙間で垂れ下がった乳房がぶるぶると揺れていた。もうほとんど快楽の中に埋没していたMさんは、その乳房を取って自分で激しく揉み始めた。形が歪むほどに強く掴んだそれは、快感を貪るというより、快楽に翻弄されて我を忘れているようにも見えた。指がやはりゆったりとした肉に食い込み、まるで自分を壊そうとしているように乱暴に揉みしだく。

もう片方の空いた乳房は、やがてOの手に捉えられた。それまで腰を掴んでいた手を、前屈みになって乳房へと宛がう。そしてMさん自身が揉みしだいていた乳房もひったくるように掴むと、回転させながら揉み込むのと同時に、それにもタイミングを合わせて下からずんずんと突き上げていった。乳房を自分の腰に惹きつけるようなタイミングで、揉み込む手と下半身のピストン運動は、やがて相乗効果となってMさんの口から激しい喘ぎを絞り出した。





青葉かおり おかめソックス 国岡真由美








Prodigal Son

2016.01.29.Fri.02:45

体の上にまたがったMさんの足の間をすり抜けるようにして、Oは身体を起こすと中腰になった。結果、Mさんはマットの上に四つん這いの格好のまま、後ろのOの姿を目で追いながら待つことになった。今までOの二本の脚が伸びていた後に、Mさんはやがて突っ伏して尻を高く掲げてみせた。Oは体制を整えると、さっきまでMさんに扱かれて堅さを増していた勃起の根本を自ら支えた。

その先端をMさんの方に向けると、やっと彼女の方へと躙り寄った。期待に満ちあふれたMさんは顔を上げ、前を向き直り、目を閉じてその瞬間を待った。下腹部に意識を集中させて、その瞬間の感触を一切逃さないようにと神経を尖らせる。Oは勃起を近づけると、何度か戯れにMさんの尻肉を勃起で打った。ぴたぴたと叩かれる度に、たっぷりとした肉が震えた。

そうやって勃起で肌に触れながら、もう片方の手で肉の丘を掴んでグイッと広げた。さっきまでさんざん口で弄んでいた辺りのその中心へと勃起は近づけていく。意を決したように胸の内で気合いを入れ直したOは一度低く腰を落とすと、やや前傾姿勢になり、視線は彼女の背中を向いていた。下腹部は見やらず、Mさんの反応を楽しむように、一気に彼女を貫いた。

充分に受け入れ体制が整っていたMさんの妃裂は、難なくOを根本まで受け入れた。ああっ、と悲鳴混じりの声が漏れてMさんの背中が海老反りに撓った。と同時に、Oの口からも低い呻きが漏れる。しばらく肉と肉が子擦れ合い、絡み合う感触に、どちらもが翻弄される。やがて、お互いに繋がり合ったことを喜ぶように、しばしその姿のまま硬直した後、やがてどちらから共なく笑みの混じった吐息を吐いたのだった。





青葉かおり おかめソックス 国岡真由美








Wrathchild

2016.01.28.Thu.12:11

いのアヌスに口づけしながら、Mさんは激しく勃起を扱きあげ、OMさんの妃裂に指を押し込んでいた。彼の指がリズミカルに前後にピストン運動をしているのは、遠景からも見て取れた。それに併せて絶えずMさんの喘ぎが聞こえる。音質の悪いその動画でも聞こえると云うことは、相当なボリュームのはずだが、昼間から大胆なことだと見ているこっちが心配してしまう。

行為に没頭してしまっている二人はひたすらお互いの感覚器官を刺激し合い、またもたらされる快感を享受すること以外、眼中にない様子だった。当然その熱はどんどんと上昇していく。全裸で重なり合っている部屋の様子に、季節感は全くなかったけれど、それ以上に行為に熱中している様子は、自ずと見ているものにも伝わってくるのだ。よく見ると、Mさんの肌がうっすらと紅潮しているのも見て取れていた。

行為が快感を上回るのは、Mさんのいつもの特徴だった。高まってくると早く望むモノをほしがり歯止めがきかなくなるのだ。Oの尻から顔を上げたMさんは、後ろを振り向きながら何事かを訴えている。切なそうな表情でOを見つめるが、O相変わらずMさんの刺激に余念がない。Oの方は、自分の行為に絶対的な自信を持っていて、特にMさんに対してはいつも優位に立っているという自覚が存在していた。

その優越感を助長するように、何かをねだるように腰を振り、半ばOを振り解くようにして、Mさん哀願した。完全に自分が、Oの行為の虜になっていると示すことで、更なる快感を求めているのだ。Oだってそのことは、本当はすでに気づいているのだろうが、仕方がない、という表情をしてやっと口戯を中断した。Mさんはもう一度、はっきりと挿れて、とOに訴えた。欲しい?Oが重ねて尋ねると、オチンチン欲しい、ともう一度明瞭な言葉でMさんは応えた。





青葉かおり おかめソックス 国岡真由美





佐々木絵美


Drifter

2016.01.27.Wed.09:48

激がひときわ強烈に響くと、Mさんは上半身を起こしてやや体重を落とすと、Oの顔の上に妃部を押しつけるような格好になった。身体がそうなってしまうのだから仕方がなかったけれど、彼女の意志と実際の身体の動きとは、いささか齟齬が生まれていた。Mさんは腰を浮かせているつもりだったが、Oの顔はすっぽりとMさんの下腹部に隠れてしまっていたのだ。堪らず、そこから這い出すようにOは顔を上げると、気を取り直して尻肉の谷間へと再び顔を埋めた。

いささか意地悪な思いに囚われたOの舌先がアヌスを捉えた。それから逃れるようにMさんは今度こそ腰を高く掲げ、入れ替わるように上半身を彼の下半身に覆い被さるようにして倒れ込んだ。頭を上げてOは目指す先を追いかけ、しっかりとすぼまった穴口に吸い付いたままでいた。一度は逃げるポーズを見せたとはいえ、Mさんは頑固に拒否しているわけではなかった。

Mさんが身体を許す関係にある時、親密度にランクをもうけてそのハードルをいくつ開放できるかで、相手を評価している部分があった。もちろんそれは、徐々に段階を踏まえて解き放たれていくのだが、時間ばかりがそのハードルを飛び越える原動力というわけでもなかった。実際つきあっていた私よりも、確実にOの方がそのハードルはいくつも解き放たれていて、それはその動画で確実に証明される。

アヌスを舐め刺激するのは私も許されていたが、Oはもっと先へと進んでいたのだ。それが分かってその動画を見返すと、それはまさしく前戯にしか過ぎなかった。それを証明するように、MさんもOの勃起のその先へと舌先を進め、お返しとばかりに尻の谷間へと顔を押しつけた。二人して同じところを目指し、やがてそこを捉えた時、共犯関係にも似た不思議な連帯に包まれるのだった。





青葉かおり おかめソックス 国岡真由美








Remember Tomorrow

2016.01.26.Tue.23:57

駄のない動きで瞬く間に頭を互い違いに向け合ったシックスナインの格好になったのだが、まるで組み体操のようにスムーズな体勢の変化は、きっと何度も経験を積み重ねた結果だろう。お互いに意思の疎通が適っていて、手慣れた動きで望む体制に収まることができるのだ。もちろんそこに言葉もなかった。そうなりたいと思うタイミングが、二人の間に重なり合って沸き起こるようになっていたのだ。

それこそがその動画全編にわたって貫かれている親密さの表れだった。お互いが何を求めているかをくみ取って、無言のまま、まるで台本でもあるかのようにスムーズに体を動かし、ひたすら快感の追求に集中するのだ。相手の快感を引き出しながら、自ら望む部分を相手に押しつけていく。二人の快感はより密着していくのだ。勘所を的確に押さえ合っている、二人だからこそなせる技に違いない。

そうやってシックスナインの格好になったシーツの上で、お互いの性器に吸い付いた。だが動画では遠景過ぎて詳細までは捉えきれなかった。ちょうど互いの頭が肝心な部分を追い隠すように遮っていて、カメラには写らなかったのだ。反対側のカメラに切り替わっても、ちょうど二人の腹が重なっている部分が大写しになるだけで、ベストポジションとは言えなかった。かろうじて、勃起を口に含むMさんの表情ぐらいが見て取れた。

時々窓から差し込む明かり越しにOの勃起がMさんの口に収まっている様子は見えるが、Mさんの秘裂はほとんどOの頭の動きしか見えなかった。そんなことはお構いなしに、二人は互いの性器を刺激し合うことに集中していた。もちろん、撮られていることすらOは知らないのだ。しかし、上になったMさんの身体がビクビクと敏感に反応して波打つのが、遠景でも如実に見て取れ、二人が猥らに盛り上がっていくのはイヤでも思い知らされるのだった。





佐藤文香 しこちゅう 宇賀なつみ







Transylvania

2016.01.25.Mon.03:45

Mさんの口から勃起が離れた時には、もう立派にそれはそそり立っていた。それを確認するかのように、Mさんは棹の部分を舌先でなぞり、幾度もそこを往復した。もう一度先端を口に含んで、今度は上半身をやや起こして上から覆い被さるようにして、根本まで飲み込んだ。上から覗き込むように顔を伏せ、小さく拡げた唇の間に勃起を吸い込んでいく。その端から、ジュルリと濡れた音が漏れ出た。

それから暫く、Mさんの頭は長いストロークで上下した。ゆっくりと勃起の感触を味わうように、丁寧に何度も往復した。何度目かの往復の時に、Oの上半身がMさんの方に倒れ、髪を撫でていた手が彼女の頬をかすめるようにして滑り込んだ。垂れ下がった乳房を手に取ると、回すようにそこを揉み始めた。Mさんも背中を曲げて、乳房の辺りの十分な空間を作って受け入れた。

手のひらに支えられるようにして軟らかい肉の塊は歪んだ。そこにMさんの手が宛がわれて、一緒になって乳房を揉み込む。Mさんの口の端から、艶めかしい吐息が何度も漏れ始め、勃起を含む口の動きも随分と騒がしくなってきた。もう何をして淀みそうにないほど、Oの勃起はMさんの口の中で堅くみな斬りを極めていた。やがて、Oの手に重なっていたMさんの手は、自らの股間へと滑っていった。

乳房を掴むために上半身をMさんの背中に覆い被さるような格好になっていたOは、そこから横に身体を倒し、Mさんの脇から下半身を覗き込むようにして、上手に彼女の下腹部に潜り込んだ。Mさんも半身になってそれをアシストし、気がつくとOの身体は仰向けになってMさんを下から抱きかかえるような姿勢になっていた。お互いの頭が互い違いになり、その目の前にはお互いの性器が無防備に晒されていた。





佐藤文香 しこちゅう 宇賀なつみ





熟女エロ動画