FC2ブログ

ANALOG QUEEN

2016.01.08.Fri.20:58

ローリングの床にじかに敷かれたマットレスの上で繋がると、たちまち欲望の交わりはヒートアップし始める。まさしく交わるように身体をくっつけ合って、その接触部分から相手に向けて快感を注ぎ込み、また受け取る。お互いに齢を重ねて自分だけが快楽を得るだけでは満足しなくなっていた。快楽は共有して初めて本物だと謂うことを、実践するかのように手練手管を繰り出すのだ。

そういう見方をすると、Mさんの借りた部屋のレイアウトは実に巧妙に出来ていた。Oに着いていったような格好になったMさんに、取り残されたKがその部屋に訪れた時、多少のやっかみを含めてセックス部屋、と呼んだのも、真意はともかく結構その部屋の特徴を言い表していた。その時にはもう、欲望に染まった部屋が出来上がっていたのだけれど、元々Mさんが入居した時からのその素地は備わっていたのだ。

元々、家具や調度品をごちゃごちゃと並べるのが嫌いなMさんだったが、その部屋はそれが極まったようなシンプルなものだった。食事はダイニングがあるし、寝るのは隣の和室だから、リビングは正しく寛ぐ場所であった。寛ぐと謂っても、結局Mさんが淫欲を貪るための場所になってしまう。その頃の彼女の楽しみは、結局セックスの中に集約されてしまうのだった。

極言すれば、セックスに繋がる物しかそこには置いてなかった。ソファーベッドは正しくベッド代わりだったし、テレビはMさんの痴態を映し出すのにも、撮影するのにも重宝した。それ以外に小さな小棚が隅の方に置かれていて、その一番下の引き出しには、Mさんのお気に入りの性具が詰め込まれていた。様々な形や大きさをもった性玩具は、彼女が一人になってもそこを猥らに染まった場所であることを強く印象づけるかのように、そこに隠されていたのだった。





元祖リベンジポルノ もりすむmorisoon datsuzaru 香川の肉便器 [写真集][IV] 真紀(20070705-202906)のアルバム Winnyつこうて彼女とのハメ撮り画像を流出!「真◯ちゃん」








FLOWER BLACK SUGAR DREAM

2016.01.09.Sat.02:56

ンプルが故に、その中心でセックスが始まると、たちまちリビングは大きな舞台と変貌する。二人に限って謂えば、どこでだってそこをベッド代わりや、交わるためのスペースに変えてしまうのだったが、その部屋を借りてからはほとんどがそのリビングに限られていた。ただなんとなくそこにいるだけで、すぐに交わりを求めて絡み始めてしまう。わざわざ寝室に行かずとも、もうその気になるとすぐに始めてしまうが故の結果だった。

床に敷かれたマットの上ではだいたいがOが仰向けになっていることが多く、シックスナインの格好で互いの性器を舐め合ったり、Mさんが上に乗って腰を揺すり発てることが多かった。特にOは、Mさんに馬乗りになられると、膝を立てさせて、繋がっている部分を指で広がさせ、その指でオナニーをする姿を見るのを好んだ。指の動きをOが腰の動きでコントロールすると、Mさんは猥らにそれに呼応してみせて彼を飽きさせなかった。

もちろんそれだけでは収まらず、もう決まり事のようにマットの上でお互いが立ったまま繋がり、そして気分を変えるように移動するのだ。そのまま背もたれを立てたままのソファベッドの方へ移ると、今度はMさんが望んで、バックからOを受け入れた。背もたれにしがみつくようにして上半身を倒すと、突き出された尻めがけてOが突き立ててくるのだ。相変わらずその体位は、Mさんがもっとも深く勃起を受け入れることになり、一番好きな姿勢だった。

充分にその姿勢を愉しんだ後で、そのままMさんを反転させて、押しつけるような格好で上からピストンすることもあれば、逆にOの方が腰掛けてMさんをその膝の上に抱くこともある。そうなると、Mさんはバックからよりも、お互いの顔を見合わせる格好で抱き合うのを好んだ。Oもまた、目の前で豊満な乳房が揺れる様を見られるのは、なにより刺激的だったのだ。





藤岡友香 大奥エロエロ縛り動画 女優全裸緊縛無修正無料







MOON CHILD

2016.01.10.Sun.03:45

ビングからはベランダに出ることが出来、それもまた二人には好都合だった。Mさんの部屋はマンションの四階にあって、隣のビルの屋上と同じ高さだった。テナントがいくつか入っている商業ビルだったが、滅多に屋上に人影が見えることはなかった。そのすぐしたには昼間、普通に仕事をしている姿が窓越しに見えていた。向こうがこちらを気に掛ける様子はあまりなかったけれど、互いの視線が行き来する距離ではあったのだ。

ベランダは和室の方とも繋がっていて、両隣とは壁で仕切られている。ビルとの隙間は細い路地になっていたが、そこを歩く者も少ない。つまりベランダ自体は空に開けているが、そこだけ区切られた密室と言って良かった。それが、さんざん屋外でのプレイスポットを渡り歩いた二人には、ちょうど良い場所だったのだ。リビングの密室に飽きてくると、その開放的な空の高さが恋しくなってしまう。

特にOはそのベランダへMさんを誘うのに、昼間を好んだ。時々、Oの妻が訪れない休日があって、それにMさんの休日が重なると、決まってOは長くそこに居座り続けた。普段も一晩泊まってから出勤するのだが、それが前倒しになって少なくとも一日長く滞在するのだ。陽の光を浴びて顔を合わせるのは、その時ぐらいで後は夜の闇に紛れてしまう。貴重な時間は互いの胸を昂揚させるのだった。

そんな時、午前中の寝起きを襲うように、Mさんに覆い被さるOは、Mさんの身体が淫靡な色に覚醒すると、寝室の和室からベランダを通ってリビングに向かった。ドア一枚隔てているだけの所を、わざわざベランダを通るのは、まさしく空の下でMさんと繋がることを望んだ結果だった。朝のさわやかな空気と猥らな姿はそのギャップに於いてそれ以上のものはなかった。それだけに、Oの変態的とも言える嗜虐趣味は、存分に満たされるのだった。





藤岡友香 大奥エロエロ縛り動画 女優全裸緊縛無修正無料







WAKE UP EVERYBODY

2016.01.11.Mon.03:45

目には触れないが、皆無ではない。時々階下の路地を歩く人の声がする時があるのと、屋上にサラリーマン風の人が姿を見せる時があるのだ。だが、隣のビル自体に休日は人影がなく、屋上から覗かれる心配は無かった。だが、路地を歩く人は休日の方が多かった。人が通る分にはちょうど良い広さの路地で、ちょうどもうひとつの通りにある商業施設への近道にもなっていたのだ。

ただ、路地を歩く人がわざわざ顔を上げて頭の上を見やることなど滅多になく、声を潜めていれば気づかれることはない。隣の住人にしても、あからさまな声を上げなければ、そこで何をやっているのか知る術はない。物音で存在ぐらいは感じるだろうが、まさか大胆に全裸の男女が身体を重ね合っているとは想像もしないだろう。Mさん自身が、そんな風に隣の住人を気にしたこともほとんどなかった。

そこを狙ってOMさんを連れ出すのだが、まどろみから淫猥な空間に放り込まれたMさんは、自制がまだ覚束なく、時々はその声で我に返ることがあった。Oは決まってベランダの外へMさんの正面を向けて、後ろから繋がることを好んだ。豊満な乳房と身体の線を誇示するかのように外へ向けて晒すのだ。だが、それがよけいに声を外に散らす危険を増していた。

無理をしてこらえていた我慢がふっと途切れる瞬間に、猥らな色に染まった声音がやたらと大きく響くことがある。休日の午前中の何でも無い街中にその声はひどく不釣り合いだが、逆に淫猥さを際立たせもした。声を抑えることにMさんもOも腐心していたが、その突発的なハプニングを全く期待していないわけではないのが、二人の性欲の旺盛さの表れだった。





佐藤文香 しこちゅう 宇賀なつみ 十日谷正子 近藤佳穂子 西千春 大浦早代 高橋由佳 塩谷美由紀 星影知子 高丸菜都美 平石和美 富田優衣 浜崎真緒 推川ゆうり 宝田もなみ 八乃つばさ 水川かずは 二ノ宮慶子 真白ここ 細田杏奈 多田羅英花 木村紅美 高橋侑子 佐藤優香 亀沢典子 広瀬文美 梅木佳子 相原しのぶ 山地瞳 長野凛子 香西杏那 山田美羽 川西未央 遠藤杏柚 筒井真彩 白川有紗 荻田朱里 牧野桜子 伊藤君子 山田華 山田麗 三木えりか 黒田杏子 二宮ひかり 河北彩花 桜もこ 橋本ありな 本田綾華 加藤未唯 二宮真琴 高橋久美子 大城楓 明乃夕奈 若月樹里 葵みんと 渋谷りな 武藤さき 中山美里 桃香 相沢まほ 瀬名さくら 高木萌美 神崎麗 山田まり 榎本加奈子 榎本ひな子 咲もも菜 早希なつみ 島谷愛梨 小野谷実穂 鮎川ともみ 三浦美希 青木すずか 佐野瑞穂 山咲あかり 福沢京子 桜井流々 里中みずほ 姫野もも 安達かなこ おさない桃花 高木由香 橘真央 三井美咲 白石ひより 加藤ゆう 朝霞舞 片瀬まひろ 初嶋菜々子 荻原さやか 和見あい 栗田美沙 栗田美佐 浅見里奈 麻川奈々 中島さな 中島佐奈 齋藤つかさ 宏岡みらい 桜井リカ 桜井みのり 桜田佳子 臼井利奈 坂巻リオナ 広末ミニ 木村めぐみ 石原恵 黒川小夏 井川しのぶ 渡瀬ゆり 櫻谷沙希 菊川れみ 沢賀名 真城麗美







MELLOW BLUE

2016.01.12.Tue.03:45

室はまさに寝るためだけに利用され、二つ並べられた布団に潜り込むと、後は睡眠を貪るだけになるのがいつもだった。それも休日には寝起きを襲うようなこともあったが、なぜか興が乗らないのか、すぐにベランダへ行くかリビングに移動してしまうのだった。布団の上でするセックスは、もうその頃の二人にはありきたりすぎて何の必然性もなかったのだ。

何度か和室で、OMさんに緊縛プレイを施したことがあるが、彼女の実家の時よりは部屋が狭苦しくて、あまり見栄えがしなかった。縛り自体も、Oは興味を失っていたのかあまり好んでプレイしようとはしなくなっていたのだ。もちろん、Mさんのことだからそこで何もなかったわけではないが、相手がOではなかったということだ。和室を好む男という者も、当然Mさんの周りにはいたのだった。

和室がそれなりに必要な場所だったのは、Mさんには意味があったが、それは全くOとは関係の無いことだった。Oの好みがリビングに偏っていたと云うことだけでなく、そこだけがプライベートを保てる唯一の場所だったのだ。Mさんにとってセックスを晒すことも、すでにプライベートとして隠すべき理由は失っていた。だからもっと下世話な部分が、和室の手狭な空間に集約されて、またそこが唯一の個人的な場所として与えられていたのだった。

それを間接的に証明するような動画が、例の裏サイトに上がってある。そこは基本的に誰の顔にもモザイクは掛かっておらず、もちろんMさんもなんの修正もなくオマンコも顔も晒されている。だがほとんど唯一と言って良い、顔にモザイクが掛かっている動画があるのだ。その舞台がMさんの部屋で、そこに登場するのがOだったのだ。つまり、その部屋でのOとのセックスは、きちんと動画に納められていたのだ。





藤岡友香 大奥エロエロ縛り動画 女優全裸緊縛無修正無料








See The Music On The TV

2016.01.13.Wed.03:45

撮風に仕上がっているその動画は、モザイクがそれを強調するようにいかがわしさが溢れていて、また他の動画とも趣が一線を画している。男の顔に修正があって、Mさんには何も施されていないのが多少奇妙にも感じるが、つまりは彼女の痴態の方が見るに値するということだろう。ズームも視覚の変化もほとんどない映像には独特の趣があるけれど、男の顔への修正が余計にいかがわしさも強調していた。

声やおぼろげな輪郭で、見る人が見ればそれがOだと云うことは一目瞭然だ。親密さが他の物とは比べものにならないが、それは密接な距離と云うよりは、お互いがお互いに馴れているといった類いの物だった。見ようによっては、夫婦の関係や、恋人同士にも見える。阿吽の呼吸で体勢を変え、お互いを求め合う動作にも無駄がない。それは何度も何度も繋がった故の結果に相違なかった。

図らずもそのサイトで公開されることになったOだが、動画を見る限り、本人は撮られていることに気づいていない様子だった。盗撮風であるのは、カメラが固定された物だと云うことと、多少画質に鮮明さが欠けるというのが象徴している。敢えてそういう演出でもなさそうで、なぜなら、同じようなアングルの動画は、Oが出演する以外にもそこにはアップされているのだ。

どうやらあらかじめ、Mさんのその部屋にカメラが仕込まれているようだった。Oが出演する以外の動画には、Mさんが一人で自慰に耽っているものもあって、それも覗いているような錯覚にとらわれる出来映えなので、妙に興奮を誘っていた。Mさん自身が取られていることを知っているような仕草も見受けられ、それが後悔されるかどうかは別にして、撮影に関しては彼女の了承済みということは明かだったのだ。





オボカタハルコン スプタニウム オボカタハルニウム





素人 無修正


Monkey Communication

2016.01.14.Thu.03:45

撮が本来の目的ではなかったが、Mさんの部屋にカメラを仕込んだのは他ならぬDさんの指示だった。Oを追いかけるような格好で地元を離れたMさんは、結果的にDさんとも暫くは簡単に逢えるような距離を保てなくなることになった。陸続きの距離は逢おうと思えば逢えないことはないけれど、そこにはやはりMさんが離れていくというような状況がうっすらと覆い被さっていた。Oばかりが理由ではなかったが、Dさんにしてみれば不満の残る決断だったのだ。

そこで、せめていつでもMさんの部屋が覗けるように、という目的でカメラを仕込むことを条件としてDさんは提示したのだ。もちろん、Mさんに拒否されても何か不穏なことに発展するわけではなく、その辺はOよりも深い信頼関係が二人の間には存在していた。Mさんの方にも、二人の間に出来る距離を惜しむ気持ちがないわけではなかったのだ。その間を埋める術をDさんの方が提示したという格好だ。

Dさんにしてみれば、確かにMさんとの間に距離ができるのは不本意だったが、それを逆手に、新たな性欲をかき立てる趣向を考え出して埋め合わせをしようというのが目的だった。そのことをMさんも十分承知した上で、二人の距離を埋めるカメラの存在にMさんは同意した。もう彼女の中に、自分の痴態を撮影し、それが映した男たちの手元で好きなように覗かれることの快感が、身体に染みついてもいたのだ。

部屋が決まると早速、Dさんはカメラを仕込む作業に取りかかった。その時初めて、MさんはOの存在をDさんに告白している。もちろん、DさんがそのOとの逢瀬を覗き見したいと思うのは当然のことだ。そのためにカメラの存在はあからさまではなく、自然と巧妙に隠して設置することになったのだった。結果、そこで撮影されるモノが盗み見したような錯覚に囚われるのは、そうした事情から起こった結果だったのだ。





オボカタハルコン スプタニウム オボカタハルニウム