FC2ブログ

RED MOON

2015.12.01.Tue.23:44

闇は降りてきていたが、まだ完全に陽は沈んではおらず、またその日は快晴だったおかげで周囲の景色はくっきりと見えていた。建築中の壁に囲まれた部屋の中には、陽は届かなかったが、あちこちに開けているスペースからは、明るさは未だ家の中を覗いていた。窓枠の所には、シートがかぶせられていたが、そこから透ける外の灯りも、まだいくらか明るさを留めていた。

懐中電灯消しても、薄ぼんやりとお互いの姿は見えていた。床を伝う梁の間に立ち尽くしてお互いを見合っていた二人だったが、その見つめる間、外の喧噪がずっと聞こえていた。何物かは判然とはしないが、自然の音と人工的な音が混ざり合ったクラウドノイズがやんわりと蟠って聞こえていた。車の通る明確な音も時折響いた。人の息づく感覚が、自然とその中に混じっていた。

郊外といっても、新しく出来た広い道路が近くには走っていて、交通量は飛躍的に伸びていた。その周囲に商業施設も建ち始めていて、人の行き来が自然と喧噪を生み出していた。これから大きくなっていく街は、既にスタートラインを切っていて、日ごとに人々を集めていたのだ。それに重なるように、ひときわ大きく、生活音が不意に盛大な音を発てて二人の耳に飛び込んできた。

両隣はもう完成して住人が入っている。外観から見て家族連れであることは間違いなく、外に三輪車が置かれた逢ったのを見ると、Oと同じくらいの子供の居る家庭らしい。その時間はちょうど夕食時だった。そこから発する様々な音や声を遮るには、二人のいる工事途中の壁は薄すぎた。しかも、その真ん中にいると、まるで臨場感が違って、その音がすぐそばで鳴っているように錯覚するのだった。





オマハ 田村真穂 リベンジポルノオレのオチンチンワールド・ワイド・デビュー








スポンサーサイト
[PR]

[PR]

TABOO

2015.12.03.Thu.00:24

引に奪われるような格好で、唇を重ねられ、もう抵抗できないとMさんはあきらめた。セックス自体に抵抗はないが、その背徳感は、なぜか自分のテリトリーとは格段の差があった。それを踏み越えて得られるのが快感か、後悔かの瀬戸際のかなり危ない橋だった。サッカーの好きなMさんは、ずっとアウェイという言葉が頭の隅から離れず、その言葉の持つ悲壮感のようなものを常に感じていた。

Mさん自身、Oとのセックスを充分に楽しんでいたが、例えばその生活圏を脅かそうとするほどの執着は持っていなかった。例えば、Oが妻とセックスをしているベッドで繋がりたい、というのは妄想としては面白いが、実現しようとは思わない。略奪愛などもってのほかで、自分の領域を踏み越えることは、結果Oが快感を得るためで、そのための奉仕だった。受け身が本領のMさんの、それは抗いがたい本能だった。

Oの家族とは、私との付き合いの中で何度か顔を合わせていて、子供達と遊んだ経験もある。奥さんの顔もはっきりと覚えていて、それを思い出すには、ここは絶好の場所であると言えた。柱の一本一本の影から、彼女が覗いているような気がするほど、何度もその顔を思い浮かべている。そこでセックスをするということは、彼女を排除するような錯覚にとらわれて、それは全くMさんの本意では無かったのだ。

あくまでも、セックスだけの関係で終わらせたかったのが、どこかで踏み越える危うさに、Mさんは珍しくかたくなに抵抗を示した。唇を奪われた後でも、身体を離そうともがき、あきらめきれないことを身体で表現した。せめて、繋がるのではなくそれ以外の方法で、と彼女は望んだが、それもまたOには聞き入れられなかった。Oがそのことを、いつから想定していたのかはわからないが、もう当たり前のようにそこで抱くことに執着しているのが明らかだった。





川上由佳 長山寺加奈子 浅井加奈子







Lovers Rock

2015.12.04.Fri.21:14

男然としたOの身体にどこにそれほどの力があるのか、少なくともOよりは鍛えているMさんの抵抗を彼はことごとく抑え込んでしまった。元々情欲に取り込まれた途端にその本来の力が0に近いほど失われてしまうのがMさんだった。最終的に逃げるように隣の部屋になるであろうスペースまで逃げ込んだが、結果的にそれも後ろから組み敷かれるような格好を招いただけだった。

ただ、そこはいくらか壁が厚く、ずいぶんと日が陰って暗かった。外からの視線も遮られていて、さっきよりはよほど隠れることが出来た。そこまで逃げて、後ろから抱きしめられ、周りの闇に紛れると、やっとMさんは完全にあきらめて、抵抗をやめた。ただ、やはり繋がることは未だ何とかして逃げられるようにと、内心隙をうかがっていた。しかし、地の利は圧倒的にOの方にある。

抵抗がなくなったことに気をよくしたOは、改めて手を回してしっかりと抱きしめ、首筋に唇を宛がった。吸い付くよりも舌先を出して汗のにおいをすくい取っていく。下半身をわざと押しつけて、自分が充分に興奮していることをMさんに無言で伝えてきた。その形がハッキリと、スラックスの上からわかるほど、そこは充血を極めていて、その点だけはMさんを喜ばせた。

Oはそのまま背中をまさぐってワンピースのファスナーを探り当てた。慣れた手つきでそれを腰まで下ろすと、脇から手を差し入れて、両の乳房を鷲掴みにした。完全にOの手中にはまり込んだMさんは、しばしOの触覚に身を任せた。もとよりセックスのみになんの抵抗もない彼女だったから、とたんに快感がわき起こってくるのを止めようがなかった。そうなるとほぼ、MさんはOの望む通りの女になってしまうのだった。





川上由佳 長山寺加奈子 浅井加奈子







mele moe

2015.12.05.Sat.12:48

の中では未だその場所を強く意識して、没頭できないはずなのに、身体はOの手に触れられて素直に反応していた。その乖離は幾度となく経験したことではあるけれど、これほどまでにくっきりとラインが引かれているものは珍しいと、Mさん自身は思っていた。しかし、馴れるとそこは、ただの闇であり、その向こうに誰かの顔を認めたとしても、快感の幕がそれを上手に覆い隠してゆく気がした。

きっとそれは導いているのがOだからだろうと、Mさんはそこは素直に認めていた。大学時代に性の手ほどきをMさんに施した先輩以来の数少ないMさんを解放することが出来るセックス相手だった。流されるまま理性を追いやることに、未だ躊躇は強く残っていたが、身体が感じる快感の渦も、しっかりと享受していた。両方を自らコントロールすることは、なかなか難しかったが、こと欲望に傾くことに重きを置くなら、Oはそのハンドリングに長けていた。

Oは強い力で乳房を揉みながら、Mさんに何かを促すように下半身を押しつけてきた。両手がふさがっていることはMさんには分かっていて、いつもならば協力するはずだったが、Mさんにはその決心がまだ完全にはつかない。仕方なく、Oは手を乳房から離すと、そのまま肩口まで滑らせてワンピースの布地を掴むと、やや強引に一気に下へとズリ下ろした。

ノースリーブのワンピースは抵抗もなくするりとMさんの肌を抜けていき、ほぼ彼女は全裸になってしまった。条件反射のように、その刹那、Mさんは腕を抜きやすくするように身体を動かしていたのに気がついて、もうどうにでもなれ、とやっと踏ん切りがついたのだった。やはり自分だって、とそう思わずにおられない。その途端、Mさんの中心で、情欲の炎が高く舞い上がり、あっという間にMさんの全身を焦がしてしまった。





川上由佳 長山寺加奈子 浅井加奈子








Fast Out

2015.12.06.Sun.16:58

屋の真ん中の全く遮る物の無いそこは、Mさんの全裸をひけらかす舞台のようでもあった。足場は固められた土の感触がしたが埃っぽい。少し動くと、ジャリジャリとした小石の音が鳴り響いた。二人の靴音だけが、そこでは程好いBGMになっていた。暗がりで周囲はよく見えないけれど、うっすらとMさんの白い肌がそこに浮かび上がっているのが、妙に艶めかしくOの目には映った。

いつもはMさんだけを全裸にして、Oは勃起だけを晒すことで、嗜虐の楽しみを満喫する彼だったが、今日はいわば自分のテリトリーみたいな場所であるから、勃起を晒すことだけで無くそのままスラックスも脱いだ。ついでにポロシャツも脱いで、Mさんと同じように全裸となったのだった。そうしてみたい願望は前からあったが、それをやっとここで叶えることが出来たのだ。

お互いに逃げ場の無い姿になったことで、少なくともMさんはOに対しての信頼を取り戻した。いつもはどこかで覗かれてもかまわないところがあったが、今日の場合はそれは最悪の結果を招いてしまう。もしかするとOの家庭を壊してしまう結果になる可能性もあった。痕跡を残すことすら無謀に思える。淫靡な情に取り込まれて我を忘れても、細心の注意だけは欠くことが出来ない。

だが、そのリスクをOも引き受ける姿勢が、肌を晒す行為に見て取れたのだ。軽くその勇気に応えたMさんは、自ら勃起を握りしめると、自ら求めるように自分の元へ誘うように扱いて見せた。Oの勃起はそれだけで興奮にビクついていた。彼自身も自分を解放したことで、ひどく昂揚しているのだった。もう遮る物は無く、後は繋がるだけだったが、まだ夜は始まったばかりだった。





川上由佳 長山寺加奈子 浅井加奈子








spirit

2015.12.07.Mon.10:15

いに互いの性器に触れて、そこを弄り回し始めてから、不思議とそれまでに縛られたような緊張から解かれて、興奮を呼び覚ます行為に没頭した。直接的にもっとも敏感な部分に触れないと、もう収まりきれないまでには高まっていたのだった。後ろから腰を撫でながら下腹部に手を回したOMさんの妃部を割り開くように両手で肉ビラに触れたまま、指先で肉芽を捉えてこね回した。

勃起を手にしたMさんは空いた方の手でOの尻を掴んで、自分に密着するように引き寄せていた。Oに弄り回されて、もう卑猥な蜜が溢れ出ているをの自覚していた。いくら理性が抵抗しても、身体は着実に受け入れ体制を整えていた。いつでも受け入れられるような量を超え、内ももを過剰な分が伝っている感触を捉えていた。それがしたまで垂れ落ちて、今世紀を残さないか心配になるほどだった。

やがてOは腰を引くと、Mさんの手から逃れて、彼女の性器からも手を離すと、小休止するように乳房を掴んだ。そのまま彼女の前に回るように歩みを進めると、一度正面からきつく抱きしめた。当然のように唇を重ねた二人は思うまま唾液を啜り合った。やっとそこで、お互いの意思疎通が交わったような気がした。これから本格的に、今ここで、背徳の極みに没頭するのだ。

Oは重ねた唇から滑るように下方に移動して、首筋からやがて乳房の先端を捉えた。下から支えるようにしながらつんととがった乳首を吸う。だがそこに留まらずOは腰をかがめて、仕舞いにはMさんの足下にしゃがみ込んでしまった。そして、目の前にあるあらわになった妃裂を一時眺めると、そこに顔を近づけたのだった。ムンとした匂いが、木の香りに入り交じって鼻腔をくすぐり、更にいっそう勃起を極めた。





川上由佳 長山寺加奈子 浅井加奈子








LOVE IS EVERYTHING

2015.12.08.Tue.23:31

がりの中でも求めるものがそこにあることは充分に知覚できていて、迷うこと無くOは舌先でMさんの妃裂を捉えた。指でさんざんに弄り回されたそこは、半分以上扉を開いて、止めどなく蜜を溢れさせ続けていた。Oの唇がその口を捉えると、Mさんは下腹部を押しつけるように突き出してきた。屋外でセックスを重ねるようになって、無駄な躊躇をそぎ落とすことに馴れてしまっていた。Mさんが積極性を見せるのが、それには一番の近道だった。

クンニが得意でないMさんだったが、興奮を呼び起こされるとその限りでは無かった。緊張や背徳を思う理性が吹き飛ぶと、獣のようにOがもたらす快楽を寸分漏らさず受け止めようとする。自分が全裸でいるべき場所で無いところで、肌を晒している事実も緊張から快感へと変貌していた。一度火が点くと、Mさんの猥らさは多くの場合、男達を喜ばせることになるが、そこまで晒される男はそう多くはなかった。

Oの唇が妃裂に宛がわれて卑猥な蜜を啜り出すと、Mさんは最も触れて欲しい部分を誇示するようにさらに前へと腰を突き出した。そして片足を持ち上げて彼の肩を跨ぐ。そしてOの頭を手で支えて自分の方に引きつける。半分身動きが取れなくなったOは、導かれるようにクリトリスに吸い付いた。不安定な姿勢だったが、足を踏ん張って、Mさんの体重を肩に担ぐようにして支える。

吸引されたとたんに、Mさんの全身が震えた。それまで抑えていた声が思わずこぼれて、やけに静まりかえった建設途中の部屋の中に反響した。一瞬Mさんはハッと我に返ったが、逆にOの方はもっと辱めようとさらにクリトリスを舌で弾いてきた。のけぞるように身を反らしたMさんは、声を必死で押さえながらも快感を余すところなく捉えようとさらに腰を突きつけたのだった。





川上由佳 長山寺加奈子 浅井加奈子