FC2ブログ

Voice In The Mood

2015.12.31.Thu.09:13

屋に訪れることが日常になっていた顕著な例として、OMさんの部屋に顔を出すと、迎えるMさんはいらっしゃい、と云わずに、お帰り、と云うようになっていた。程なくOもただいま、と応じるようになったのだが、それが特別なことで無く、何がきっかけかも分からないままにお互いに受け入れてしまっていたのだ。いつしか、部屋に訪れた時のルーティーンもMさんの部屋に合わせて固定化していった。

決まってOより早く帰宅するMさんだったが、それからしばらくの時間はほぼOを迎える準備に費やすのが日常だった。一応二人分の食事を用意するが、Oがほとんど外で食事を済ませてくるので、残った一人分はMさんの翌日の昼のお弁当になった。風呂場も寝室も、いつでも利用できるように手早く整えられて、後はOを待つだけとなる。その間、親元では見られなかったような喘ぎに満ちたビデオを見て、時間をつぶすこともあった。

Oの職場からの距離も市内を走る市電一駅程度の距離で、だいたいは歩いてMさんの部屋に来ることが多かった。彼を迎える準備が整って、一息ついたところでだいたいはOからメールが入った。そのメールからどれくらい立てば部屋の呼び鈴が鳴るか、それもいつしか無意識にMさんは把握できるようになっていった。そのメールもほとんど帰るコールに近かったが、時々は残業で遅くなるとか、今日は行けないという用件が入ることもあった。

たとえその日会えなくても、一日を於かずして顔を合わすことは出来るのだから、たまの不在も息抜きにちょうど良かった。そのことに嫉妬をしたり、いぶかしがったりするような年齢でも間柄でも無かったせいもあるが、お互いが身体の関係であることを必要以上に踏み出そうとしない、不思議な抑制が備わっていたのだった。新たな生活がそうやって徐々に日常になっていき、セックスで繋がった二人の関係はそこでよりいっそう濃密なものへと凝縮していったのだった。





阪口輝世 古谷沙織 西春菜







スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

Dub In The Mood

2015.12.30.Wed.01:57

の目を気にするのは、どこにいても同じはずだったが、なぜか単身赴任してから以降の方がOは細心の注意を払うようになった。というより、セックスの匂いを感じさせるものを、全てMさんの部屋に押し込むことで、逆に殺風景な生活だけの場を作り上げてしまったのだった。その結果、逆に不自然なくらいOの部屋は女っ気のないものになってしまった。その変化に、妻の方も気がつかないわけはない。

もっとも、妻の方でもOの性癖は十分に知っているので、浮気の一つぐらいは寛容な気分にはなっていた。子育てが一番の関心事であり、逆に言えばOの存在は負担になることも無くは無かったのだ。それに、余談だが、妻の方でもOに隠し事が無かったわけではなかったようで、その辺はサイド・バイ・サイドといったところだろうか。Oへ向ける関心が、薄れていたのもその時期の特徴だったのだ。

そういう条件も重なって、Mさんの部屋は性欲の色に染まっていった。Mさん自身、親の目を気にすることも無く、せいぜい時折顔を出す職場の同僚を気にすれば良いだけで、奔放さをそれほど隠す必要もなくなった。同僚との付き合いを外にセッティングするようになれば、もうほとんどMさんの部屋はセックス部屋へと様変わりしていった。彼女自身、親元で抑圧されていた所があって、それが一挙に解放されたという面は否定できない。

もちろんその部屋を一番使ったのはOだが、時々はDさんやその周辺の男達も顔を出すこともあった。その男達が皆、その雰囲気を感じ取って、奔放な性に目覚めたようなMさんの変容に感心した。心なしかMさん自身、地元でいる頃よりもずっと卑猥なオーラを醸し出してきたようにすら感じることもあったのだった。それが実は、偽ることのないMさんの本当の姿だということを、彼女にまつわるものはみな知っていて歓迎したのだった。





阪口輝世 古谷沙織 西春菜








I'M IN THE MOOD

2015.12.29.Tue.22:09

元でいる時でも、Mさんの部屋を存分に使って身体を重ねていたし、そこに泊まることもほぼ常態化していた。それでも環境が変わると見える風景も違ってくるもので、Oなどは独身時代に戻ったように、Mさんの部屋でのセックスを満喫した。セックスだけに限らず、彼女の部屋は至れり尽くせりで彼自身、居心地が良かったのもあった。地元にいる時の妻の代わりはほとんど全てMさんが担ってくれたのだ。

Mさんの部屋は、単身用のOの部屋よりもずっと広く、幼い子供のいる家族なら充分に生活できるほどのスペースがあった。リビングに、寝室代わりの四畳半の和室が並んでいて、ダイニングキッチンからどちらへでも行けるようになっていた。トイレとバスルームは別になっているし、ベランダも南に面して備わっていた。Mさんの職場が斡旋してくれた部屋だったけれど、大矢は新婚さんにちょうどいい、というような風にその部屋を紹介していた。

寝室には和室に併せて布団を敷くようにしていたが、リビングに置いたソファもベッドを兼用できるもので、場所はかなりそれに占められてしまったが、寛ぐには充分だった。ほとんど寝るための部屋だから、横たわるための家具が中心になるのは致し方ない。その真ん中に引っ越しに併せて買った大画面のテレビがひときわ目立っていて、Oはそこで自らが撮ったMさんとのセックス映像を流すのを好んだ。

OMさんの痴態を納めたDVDをわざわざ専用のケースに入れてMさんの部屋に持ち込み、ほとんどBGV代わりにそれを流していたのだ。最初の頃は慣れなかったMさんも、それが普通になってくると、別の場所で乱れて姿をさらす自分を横目で見ながら、新たな快感にとらわれることに何時しか当たり前に受け入れてしまっていた。それを一人で見ることはなかったけれど、何か小野織にプレイヤーを操作すると、不意に自分の猥らな姿を目にしてしまうことは度々あった。





シェリル・クロウ 桜庭ななみ ケダマ







DRIVE

2015.12.28.Mon.17:01

々世話好きな面があるMさんだったので、Oが通ってくるようになると、ほとんど妻の仕事を請け負うようになり、そのことに別段の抵抗もなかった。元々、古典的な家庭の風景を強いられるような環境で育っていたのが、Mさんをお嬢様と錯覚させる所以でもあったのだ。それに、Oの洗濯物まで引き受けるのは、女性単身で住んでいる部屋をカモフラージュするのにも好都合で、男の影を匂わせることは防犯にも繋がっていた。

それでもOは夕食は外で済ませて、ほとんど風呂に入って寝るためだけにMさんの部屋を訪れていた。つまり、裸の付き合いに徹していたのだ。そのこと自体は、もう地元にいる頃からの習慣のような物で、Mさんもそちらの方がずっと気が楽だった。生活に最低限必要な習慣を済ませれば、後はただひたすら身体を重ね合うという毎日に憧れのようなモノも存在していたのだ。

だから、よっぽどの理由が無い限り、ほとんど毎日セックスをした。これほど毎日よく飽きずにセックスできるものだと、冗談めかしながらも二人は心底感心しながら言い合ったものだった。お互い、いい加減年齢も重ねて、枯れ始めても仕方の無い頃ではあったが、まるでセックスを覚えたてのティーンのようにお互いを求めたのだった。愛欲だけが先行していても、そこが今までとは違う土地というだけで、何か新鮮な感覚に包まれていた。

その頃のMさんのセックスの相手はもうほとんどOだけで、一方のOも妻かMさんのいずれかと謂うほど、二人の仲はセックスによってより親密になっていったのだった。平日の夜は、OがやってくることをMさんは心待ちにして帰宅の足を速めてしまう。彼女自身が夜の秘め事のためにあれこれ準備をするということも、その頃では当たり前の光景になっていた。





シェリル・クロウ 桜庭ななみ ケダマ







NATURAL HIGH

2015.12.27.Sun.17:22

備期間はMさんも日付を越えるまで仕事することもあるぐらいだったが、いざオープンを果たすと後は管理が主な仕事となり、事務机の前で書類を裁くだけで事足りるようになった。最初からMさんを誘ってきた条件の一つに、空いた時間に施設を利用できるというものがあったので、Mさんはそれを上手く活用した。元々そのスポーツクラブでインストラクターの仕事をしていたのだから、そちら方面にも手を伸ばすことは可能だった。

仕事が安定してくると、午後七時ぐらいには帰宅できるようになり、そこにOがやってくる、という生活スタイルが確立していった。お互いに何かから解放されたように、そうやって会えることを満喫することを最大の楽しみにするようになり、それが同棲のような形に落ち着くのは自然なことだった。互いに両親や妻の目を気にすることがないだけ、よけいにお互いの繋がりという者に執着してしまうのだ。

それでも週末は、特にOの方が新築した自宅に帰ったり、あるいは妻が子供を連れてやってきたりすることもあって、二人が会うのは平日だけという制約はあった。Oの方はやはり妻に気取られることに細心の注意を払わなくては成らなかったが、Mさんの方は独身生活を謳歌するだけで良かった。Oが週末に妻と逢うといっても、Mさんの方がずっと平日に長く彼とは顔を合わせていたのだから、嫉妬を感じるまでもなかった。

それが一番スムーズに事が成るのはMさんの部屋、ということになる。Oの部屋は単身赴任の殺風景な姿のままで収まったが、Mさんの部屋は二人が会うためのツールが増えていくことになった。そのほとんどが、いわば二人の絆である、セックスのために用意された物であったのは当然の結果だった。愛の巣という陳腐な言葉が、猥らな彩りを滲ませてやがてMさんの部屋を彩ることになるのだった。





シェリル・クロウ 桜庭ななみ ケダマ







BABY MAYBE

2015.12.26.Sat.04:42

Oは単身赴任の地には以前長く住んでおり、妻ともそこで知り合い結婚した後地元に帰ってきた。そういう意味では、勤務地という点でMさんと共通するものがある。全くの偶然ではあるが、何か巡り合わせのような物も感じてしまう。思い出せば、私とつきあっている時に、その地の話でOと盛り上がっていた記憶がある。私にはわからない地名を言い合ってその共通項に聞きとしていた光景を、思い出すことが出来る。

スポーツクラブは郊外に大きな駐車場を併設してかなり大規模な物が出来上がっていた。会社の福利厚生の提携も果たしていて、実はOの勤める企業もその中に名を連ねていた。それはMさんの力ではなかったけれど、やはりどこかで繋がっている因縁めいた者を彼女に思い起こさせた。そのOの勤務地は、地方都市の中心に位置する、オフィス街の一角にあった。

その反面、Oが会社の斡旋で借りたマンションは郊外にあって彼は電車通勤をすることになった。一方のMさんは、どちらかというと中心地に近いマンションを借りていた。スポーツクラブはいくつか別の教室を持っていて、そちらにも顔を出すことがあるためにそういう立地を選んだのだった。職場と住居の関係でいえば、OMさんはまったく正反対の立地に落ち着いたことになる。

電車通勤の不便さは、地方都市ならではの終電の早さも相まって、なかなかOの思うようにはいかなかった。仕事が長引くと、近くのカプセルホテルで睡眠だけ取るような、そんな結果になってしまう。そこで、自然と歩いて寄ることの出来るMさんのマンションを便利に使ってしまう結果となった。それが何時しか入り浸るようになり、まるでMさんと同棲しているような錯覚まで覚えるほど、二人は親密になったのだった。





シェリル・クロウ 桜庭ななみ ケダマ





若奥さんおもいっきり生おっぱい


GET DOWN, GET DOWN, GET DOWN

2015.12.25.Fri.00:24

身赴任が決まってから、実際にOが転居するまでは早かった。新居に腰を据える間もなく、非常な転勤のジレはOを追い立てるように赴任地へと向かわせたのだ。後を追うようにMさんが向かったのだったが、それは暫く後になった。両親の転居が大幅にずれ込んだのもあって、結局はMさん単身が先に出ていくことになった。それでもその年の夏の終わりにはお互いの腰が落ち着く結果になった。

スポーツ・クラブのリニューアルオープンの準備段階からMさんは仕事に追われ、どちらかというと事務方の処理に忙殺されることになった。一度閉鎖した施設を改装して、新たに最新の設備を導入する。その選定段階からMさんの仕事は宛がわれていた。秋にオープンの告示を打ってしまっていたし、会員の募集も行われていたので、それこそ目の回るような忙しさだったのだ。

だから、MさんとOが新天地で再会を果たしたのはお互いの腰が落ち着いた秋の終わり頃だった。単身同士、いつでも会えるような立場になったはずなのに、メールでのやりとはあっても、顔を合わせるのにそれだけ時間がかかったことに、再会した時には苦笑を交わしあった。最初は、言い訳をするようにお互いの忙しさを披露し合うことに終始してしまった。

Mさんの部屋をOが訪れるという格好で移転地で初めて顔を合わしたのだが、それからは堰を切ったように、その羽を伸ばせる環境にどっぷりと浸かることになった。二人が肌を重ねるどころか、顔もあわさない時間は、半年にも満たない普通の時間だったのだが、それが謂いようのない飢餓感を煽ったのか、今まで以上に親密な関係が瞬く間に出来上がってしまったのだった。





元祖リベンジポルノ もりすむmorisoon datsuzaru 香川の肉便器 [写真集][IV] 真紀(20070705-202906)のアルバム Winnyつこうて彼女とのハメ撮り画像を流出!「真◯ちゃん」