FC2ブログ

Be quiet

2015.12.09.Wed.01:01

がりがずいぶんと部屋の中に充満してもうほとんど夜の入り口に足を踏み入れていたおかげで、お互いにそこで全裸になることの羞恥も薄れてきていた。結局、どんなに躊躇していてもMさんは淫靡な空気に覆われると、自然と淫蕩な本性に取り込まれてしまうのだ。それと同時に視界も悪くなっていたが、まだかろうじて物の輪郭は判別できていたし、夜目にも慣れてきていた。

そこに浮かび上がるように、Mさんの白い肌だけがくっきりと見えていた。行為に集中し始めて、喘ぎ声もなかなか自制が難しくはなっていたが、とりあえずはまだ周囲の喧噪の方がいくらか上回っていた。時折、静寂を切り裂くようにMさんの喘ぎが爆発することもあるが、彼女は手で口を覆って何とか押しとどめていた。隣は食卓を囲んでいるのか、さっきから子供の声が賑やかに聞こえてきていた。

一方のOMさんのオマンコを舐め回しているのに夢中になっていた。相変わらずセックスパートナーとしての付き合いが長くなっているせいか、OMさんの快感のツボを的確に押さえてくるようになっていた。そんな時、不図、その向こうにうっすらとした影を見つけた。そこには梁が渡しているはずで、二人がいるところ同様に隙間が空いているだけだと思っていたのが、板が渡されているのに気がついたのだ。

畳一枚分ぐらいの板が梁と梁の間に渡されていて、その上に道具らしき物がいくつか置かれてあった。その種類を詳しくはOには判別できなかったが、その隅に懐中電灯があるのを見つけたのだ。そこはよく目をこらすともうMさんのすぐ後ろだと目算して手を伸ばすと、意外に近くでその端に触れたのだった。木くずの浮いた感触が指に伝わる。懐中電灯自体も、随分と汚れて年季が入っているようだが、その薄呆けた趣がいっそう、Oの嗜虐を刺激した。





アダルト柏原こずえ 歳の離れた熟女に浣腸した HEAD PHONES PRESIDENTのAnza








Hello,Young Lovers

2015.12.10.Thu.15:51

を上げてせっかくの快感が中断をしたのを、Mさんは艶めかしさをたっぷりと含んだ声で非難した。やめないで、というより早く、Oは立ち上がり、また彼女を抱きしめると、今度は押し倒すようにしてMさんを後ずさらせた。くるぶしの上の辺りに梁が当たると、Mさんはややバランスを崩して手を地面に突こうとした。後ろに着こうとした手が、一瞬闇の中でアテをなくして彷徨う。

と、指の先に何かが触れた。そこで初めてMさんもそこに板が渡されているのに気がついた。そのまま腰を下ろしたのは梁の上だが、その向こうをOの手が探る。意外に頑丈そうな厚みがあって、押しても簡単にはしならない。コンパネ材の切れ端なのか見た目よりもずっと頑丈そうだったのだ。Oの手にも、Mさんの手にも木くずの埃の感触がしたが、汚れているというような印象はなかった。

腰を下ろしたMさんをそのまま仰向けに押しやると、ざらざらとした埃っぽい感触がMさんの手の平全体に広がった。その上にOが覆い被さりながら、手を伸ばして先ほど見つけた懐中電灯を手に取った。それはランタンのような縦型で、スイッチを入れるとずいぶんと明るい光を放った。眩しくて、OもまたMさんも目を細めた。その光で周囲に存在が知れるのではないか、と一度Oは消したが、すぐにまた灯した。

二人共が夜闇に慣れた目を細めてしばし慣れる時間を於いたが、それが叶うと薄ぼんやりしていた工事途中の様子がくっきりと浮かび上がった。光はその周囲を鮮明に像を結ばせていた。その詳細を眺めると、木造の家屋が出来上がる途中でも意外に密閉されているのに驚いた。だが、未だ天井の方は闇の中に開けていてそこから、外の喧噪が降り注いでいた。





アダルト柏原こずえ 歳の離れた熟女に浣腸した HEAD PHONES PRESIDENTのAnza







sheet blues

2015.12.11.Fri.01:12

体をいったん離して電灯を足下に置いたOはその光線の先をMさんに向けた。放射状に放たれた光は二人がいるスペースをやけに明るく照らし出したが、最も明るく浮かび上がったのは、Mさんの股間だった。スポットライトをそこだけに当てられたように、Mさんの秘部が強調される。押し倒されて後ろ手を突いた姿勢の中心で、開いた足の真ん中に卑猥にめくれたそこがくっきりと陰影を付けていた。

LEDの明かりは青白くMさんの裸体をくまなくOの目に焼き付けた。しばらくの間、Oは光に照らされたMさんの姿に見とれてしまっていた。恥ずかしい、と小さく呟いたMさんの声にやっと我に返ったが、その声にずいぶんと艶めかしく昂揚した響きを聞き取って、Oの中心が弾かれるように熱くなった。周囲代わりに密閉されることに、やっとMさんも慣れたのだろう。淫猥な気分が顔を出せば、そこにあった背徳感は快感に代わる。

工事途中の現場は、ホコリが舞っていて人が通るだけでも霧のように煙った。Mさんが腰を下ろす板にもうっすらと積もっていて、そこに背中を突けることは憚られた。そのせいで、上半身を起こしたまま、Oを迎え入れるような体制になった。それは自然と自分の股間も見下ろすことになる。足を開いてる姿勢は、いつもOの前での普段の姿だが、今はどこか誘っているようにも見えた。

明るい光に目が慣れて、やっとOは手を伸ばした。その指先がMさんの妃裂に触れると、Mさんは喉を反らして喘いだ。こっちを向いて、とOが押し殺したような声で言い放つと、Mさんはその威圧に気圧されたようにまた俯いた。その瞬間、OMさんの妃裂をグイッと大きく広げて見せたのだった。スポットライトに照らされたように、その様子がクッキリと目に飛び込んでくると、Mさんは艶めかしい声で一つ鳴いたのだった。





アダルト柏原こずえ 歳の離れた熟女に浣腸した HEAD PHONES PRESIDENTのAnza





素人1000人食えるかな?



Windy Lady

2015.12.12.Sat.02:45

白い光に照らされて陰影のくっきりと付いた自分の妃部を見て、Mさんはどこか金属質な、無機的な感触を感じて違和感を覚えた。そこだけやや色素が沈殿しているのが、光の具合で光沢を帯びているのがそれを助長しているのだ。陰毛を処理したあとの毛穴がぷつぷつと浮いてい見える。そしてそこはもう、じっとりと濡れていて、そのレガ漏れ出して周囲にうっすら浸透していた。

その向こうに身をかがめるようにしてOの顔が覗いた。上目遣いでMさんの視線を射返してくる。その顔が近づくと、艶めかしい感触と共にOの唇が触れるのが見えた。思わず顔を逸らしたが、開いた足を絡め取るようにして手が伸びてきて、持ち上げられるのと同時にその手が首筋に触れた。そして背けた顔を強制的に再び股間へと向けさせられた。腹筋運動のように、上半身が丸まって持ち上がる。

再び視界に収めた時、押さえつけられるように顔を固定されているのでよけいに覗き込むような格好で、そこを見つめる結果になった。あからさまにOは舌を出してMさんの妃部を舐め回し始め、その様子の一部始終をMさんは見つめる結果になった。少し距離を置いて、舌先が妃裂に触れていることを強調するように見せていた。それほどまでにハッキリと、舐め回す様子を誇示するのも珍しい。

相変わらずOの視線は上目遣いのままで、僅かな変化も見逃すまいとMさんの表情を見つめている。その顔が羞恥にゆがむ度に舌の動きが激しくなる。Oの舌は縦横無尽に蜜の溢れる口からクリトリスを行き来する。表情だけで無く全身が快感に喘ぐ様を、Oはニヤけながらずっと見続けていた。その厭な笑いが続くにつれて、Mさんの身体も卑猥な色に火照っていった。





アダルト柏原こずえ 歳の離れた熟女に浣腸した HEAD PHONES PRESIDENTのAnza








I saw the light

2015.12.13.Sun.04:01

るい光が一点に集中すると、たちまち周囲が闇の中に沈む。きっとそれほどに時間は経っていないはずだが、急に夜が深まった気がする。時間の感覚が、二人の愛接に比例するようになると、ひどくゆっくりと進むような錯覚に陥ってしまう。喧噪は相変わらずだが、どこか夜の密かに紛れて痴態を交わらせることに、まるで条件反射のように向かっていく感触が、MさんにもOにも感じられた。

そこが半ば屋外で、覗き込もうとすればいくらでも外から覗くことが出来る場所であることを忘れかけた二人は、自ずと繋がろうとする意思を交換し合っていた。Mさんは舐められる快感に慣れ、Oの顔へと股間を押しつけるようになり、Mさんの頭を固定していた手が解けてもそこから目を離そうとはしなかった。Oが自分を舐めている、という視界の確認が、次第にMさんを昂ぶらせていった。

Oの口の周りは自らの唾液がミックスされたMさんの愛液でべっとりと濡れていた。独特の臭気が辺りに充満して、Oは頭の芯がぼんやりとピンク色に陶酔してしまっているのを自覚していた。自らの股間の勃起が痛くなり、収まりを付けるべき時間がやってきたことを悟った。自分も全裸になっているはずなのに、股間だけが何かに縛られている錯覚に陥る。早く思いを遂げたいと悲鳴を上げているようだ。

やっとOの顔がMさんの股間から離れると、Oが立ち上がるのと同時にMさんの足が天井に向けてVの字に広げて持ち上げられた。彼女自らがOを誘う合図であった。来てと口には出さなくても、どれほどMさんが欲情しているかは、Oには簡単に伝わっていた。すでに挿入する準備は整っていたOは勃起を握りしめると、中腰になってMさんの中心へと躙り寄っていった。





シェリル・クロウ 桜庭ななみ ケダマ 七沢みあ 水卜さくら 秋山祥子 椎名そら 黒田若奈 井上華菜 木田未来乃 木村八重美 徳永尚子 鮫島彩 岩渕真奈 広瀬彩名 上枝夕凪 真鍋璃々 中光真澄 笹木千亜紀 河北彩花 三上悠亜 坂道みる 柳みゆう 佐藤采香 山本佳奈 一藁讃咲良 新垣比菜 七実りな 七沢みあ 益坂美亜 麻里梨夏 希島あいり 架乃ゆら 明里つむぎ 平沢すず 鈴木聡美  佐々木れい 松本菜奈実 水卜さくら 河北彩花 三上悠亜 美国沙耶 小島みなみ 天使もえ 水戸かな 牧山純子 折重由美子 前田由莉奈 前田知香 山本むつみ 滝口直子 谷崎由依 名倉七海 澁谷果歩 佳苗るか 波多野結衣 希美まゆ JULIA 大木麻里 古海行子 堀美柚 岡田直美 羽藤裕子 宮川紗江 芦田多恵 岡田佳織








FIRECRACKER

2015.12.14.Mon.22:36

れるよ、とOの低く押し殺したような声がMさんの耳に届くと、彼女はもう一歩近づくように腰を押し出した。もうMさんの尻は板からはみ出ている。ちゃんと見るんだぞ、と付け加えられて、Mさんは頷いた。Oが勃起の根本に力を込めて先端をMさんに向けると、淫艶な期待のこもった吐息が彼女の口から漏れた。Mさんのその部分も待ちわびているように、ヒクヒクと蠢いていた。

まさしくそこに宛がわれた瞬間、一度Oは動きを止めてMさんを見やった。来て、とMさんは声には出さず口の動きだけで強請る。だが、Oはニヤリと笑うと、すぐに腰を引いた。とたんにMさんは子供のように泣きそうな顔をして首を振った。もう一度、今度は声に出して挿れて、と請うた。云ってすぐに、自分の猥らさにMさんは頬を染める。いつになっても、男を強請る時には羞恥が支配する。あらゆることが切ない表情に象徴されていた。

ちゃんと入れるところを見て、と涙顔のMさんにOは云った。視線を促す言葉に、欲している期待が沸騰しているMさんは頷いて、俯いた。肉の棒が今まさに這入ろうとするのに身構えている自分の卑猥な淫裂の様が、クッキリと目に焼き付いた。自分の身体の一部ながら、これほどまでに淫靡な光景は、他にはないとMさんは興奮を抑えられなかった。見える?Oが尋ねると、見えてる、とMさんはハッキリと応えた。もう一度、Oが先端を開かれた妃裂に宛がう。

触っているわ、とMさんは実況を始めた。それはちゃんと視線を挿入部分に向けているかどうかを、Mさんの表情で伺うのでは無く、一緒に繋がる瞬間を目撃して欲しいという、彼女の機転だった。素早くそれを察してOも視線を二人が最も近づいている部分へと注いだ。二人して一つになる瞬間を目撃しようと、もっとも卑猥な形状をした感触器に目を釘付けにしたのだった。





シェリル・クロウ 桜庭ななみ ケダマ 七沢みあ 水卜さくら 秋山祥子 椎名そら 黒田若奈 井上華菜 木田未来乃 木村八重美 徳永尚子 鮫島彩 岩渕真奈 広瀬彩名 上枝夕凪 真鍋璃々 中光真澄 笹木千亜紀 河北彩花 三上悠亜 坂道みる 柳みゆう 佐藤采香 山本佳奈 一藁讃咲良 新垣比菜 七実りな 七沢みあ 益坂美亜 麻里梨夏 希島あいり 架乃ゆら 明里つむぎ 平沢すず 鈴木聡美  佐々木れい 松本菜奈実 水卜さくら 河北彩花 三上悠亜 美国沙耶 小島みなみ 天使もえ 水戸かな 牧山純子 折重由美子 前田由莉奈 前田知香 山本むつみ 滝口直子 谷崎由依 名倉七海 澁谷果歩 佳苗るか 波多野結衣 希美まゆ JULIA 大木麻里 古海行子 堀美柚 岡田直美 羽藤裕子 宮川紗江 芦田多恵 岡田佳織








SHERRY MY DEAR

2015.12.15.Tue.23:57

端を少し押し出すだけで、まるで肉が盛り上がって絡め取ろうとするかのように、熱い感触が鈴口当たりを撫でた。ああっ、と艶めかしい声がして、先が・・・といったままMさんは絶句する。すでにOの勃起は飲み込まれそうな、偉容な肉の感触の片鱗を感じている。このまま一気に行けばもう後はめくるめく時間の始まりだが、そこでOが立ち止まる。すると、いくらか呼吸を整えて、もっと・・・とMさんがねだる。

一気にグイッと腰を突き出すと、一瞬Mさんの声が詰まり、すぐに我に返ると、入ったわ、と声のトーンが上がった。Oさんのオチンチンが・・・と言ったまま、Mさんは再び絶句した。肉のざわめきが声を留めたに違いない、とOは自ら感じる感触に思い至った。何度繋がっても、Mさんの肉の蠢きには翻弄される。他では代替できない、この感触から逃れたくないとOが強く思う瞬間だ。

お互いの最初の触れ合いに一区切りを着けると、まずMさんがもっと奥まで、と請うた。イイよ、と応えたOは、ゆっくりとさらに奥へと進み始めた。入っている、入っている、と子供がはしゃぐように繰り返したMさんは、やや自分のボキャブラリーの乏しさに苦笑しかけたが、それ以外に目の前の光景を語れなかった。見ていなくとも、Oの形状からどれほどの興奮した状態かわかるけれど、視覚は其れを倍加するのだ。

相変わらず狭いね、とOが助け船を出すと、よく分からないけど、入ってくるのが気持ちいい、と艶めかしくMさんは応えた。半分ほど挿入を果たしたところで、Oは僅かに腰を引いた。すると、Mさんは小さな悲鳴を上げて、そして一度挿入を果たした勃起を見つめた。私のせいで濡れている、と滑光る勃起の棹をそう表現すると、その言葉の持つ羞恥の響きに、Mさんは全身を悶えさせた。





元祖リベンジポルノ もりすむmorisoon datsuzaru 香川の肉便器 [写真集][IV] 真紀(20070705-202906)のアルバム Winnyつこうて彼女とのハメ撮り画像を流出!「真◯ちゃん」 一高の真紀ちゃん 高知大学水泳部リベンジポルノ 元祖リベポ 青木玲 大里桃子 野中生萌 吉田菜々美 杉山彩花 石川香代 大山桜花 川井梨紗子 藤井愛依里 森五月 鈴木由美子 高原凰姫 柳澤あゆみ 与那原恵 中西麻耶 柴野京子 永井友子 深町貴子 林さとみ 大西よしみ 明日花キララ 小倉由菜 森ほたる 永井みひな 上田章代 平野加奈 長谷川逸子 長野恵子 前田楓 中山和美 佐々木真菜 合田みどり 伊藤菜美 吉田萌 乾友紀子 伊達佳内子 音あずさ 木村真奈 仲里絵里子 七沢みあ 高橋しょう子  リベンジポルノ